結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年05月11日(火曜日)

「普天間問題」と大岡政談「三方一両損」と「国民の増税覚悟」

鳩山由紀夫内閣の支持率。
どんどん下がってきた。

読売新聞、日経新聞だけでなく、
民主党支持の朝日新聞や、
国営放送のNHKまで、
それを報じる。

普天間の問題の解決法は、
いかにあるべきか。
本来、それが論じられねばならない。


大岡政談の「三方一両損」

この問題は、それぞれに、
損をするしかないと思う。

江戸の大岡越前のもとに、
事件が持ち込まれる。

三両の金を拾った者。
その金を落とした者。
どちらもいらないと言い張る。
江戸っ子気質だ。

そこで大岡越前は、
懐から自分の一両を出して、
四両の金にする。

四両を二両ずつ、
落とした者、
拾った者に、
分け与える。

「落とした者は三両損するところ、
二両で済んだから一両の損」
「拾った者は三両もらえるところ、
二両に減ったから一両の損」
「奉行も一両の損」

これで両者、納得。

これが、「三方一両損」の話。

普天間の問題など、
まさに三方がそれぞれ損をしなければ、
解決はない。

もっといえば、
損得を超えて、論議する。
ここに至らねば解決はない。

「損得より善悪を」
商売の極意だが、
それはまず、自ら率先して、
「損を覚悟すること」から始まる。

日経新聞のコラム「大機小機」
コラムニスト文鳥氏が語っている。
「日本国民も大増税を覚悟すべき時期を迎えている」

資本主義社会に内在する矛盾。
1世紀半も前に、それを指摘したのは、
カール・マルクス。

しかし世界恐慌を救ったのは、
ジョン・メイナード・ケインズの裁量的マクロ経済政策。

一方、社会主義はベルリンの壁の崩壊とともに、
実質的な消滅を見た。

その「冷戦後の世界秩序をリード」したのは、
新自由主義だった。
これは「市場原理的な経済システムを体現」していた。

私は、どちらかといえば、
この市場原理的な経済理論の中で育った。

しかしそれも、「サブプライム恐慌」によって、
「経済システムのメインストリームから転落」した。

そこで復活したのが、ケインズの理論。


「公的部門が民間部門の債務やリスクを引き受けた」。

文鳥氏の説明は簡潔だ。

ギリシャ問題も同様。

しかし公的部門が民間部門を助けても、
根本の問題は解決されていない。

「経済全体として大きいな債務を抱えている」ことには、
何ら変わりないからだ。

「未曾有の公的債務」を「市場が信頼する方法」で、
しかもそれを「処理する見通し」がたたねばならない。

「国民の大増税覚悟」
国民に「損得」の「損」を覚悟してもらう。

これが、現下の政権の問題解決の方法だ。

「むずかしいからおもしろい」
商人舎今月の標語。

商売の極意は、
政治の極意に通ずる。

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.