結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年05月03日(月曜日)

テーマ資源がつづく今週の初めの「憲法記念日」と『小売業界大研究』

Everybody! Good Monday!

2010年の第18週、5月の第2週。
ゴールデンウィークの後半戦。

今日は、憲法記念日。

今週金曜日、このブログ連続1000日更新を記念して、
商人舎公式ホームページのリニューアルを試みます。

それをきっかけに、
「結城義晴のblog」のyuukiyoshiharu.comは、
そのまま公式ホームページに飛ぶようになります。

長らくのご愛顧に感謝いたします。

yuukiyoshiharu.comは、
2007年に㈱商業界を辞した時につくったアドレス。

最初は、周辺からも、
新しい会社名などにせず、
結城義晴オフィスだとか結城事務所にした方が、
わかりやすいと言われました。

アメリカの小売業でも、
シアーズ、JCペニー、ウェグマンズなど、
オーナーの名前をそのまま会社名にする場合があります。
ウォルマートも同じ考え方です。

それに対して、コストコやターゲット、ホールフーズなどは、
ビジネス・コンセプトを会社名にします。

私の場合も、最初はyuukiyoshiharu.comにし、
会社名を「商人舎」に決めてから、
shoninsha.co.jpに変更しました。

そしてブログは、そのまま、
二つを並立させてきました。

その両者の統一を図ろうというのが、
1000回記念の趣旨です。

そして商人舎公式ホームページは、サイト全体として、
さらなる充実を図っていきたいと考えています。

よろしくお願いいたします。

さて今日は、憲法記念日。

国民の祝日に関しては、
例によって「祝日法」から引いてくる。
今日の趣旨は、こうなっている。
「日本国憲法の施行を記念し、
国の成長を期する」こと。

「国の成長」という言葉が使われているが、
「良い国としての存続」と、
考え方を改めた方がいいと、私は思う。

ここで重要なことだが、憲法記念日は、
11月3日の文化の日と対になっている。

1946年11月3日に日本国憲法が公布され、
その日が文化の日となり、
半年後の1947年5月3日に日本国憲法が施行され、
これが憲法記念日となった。

さらに1948年に公布・施行された祝日法によって、
両日が祝日に制定された。

日本国憲法がらみで、
二つの祝日が制定された。
これは覚えておきたいことだ。

1945年、すなわち昭和20年に終戦を迎え、
それから2~3年の間に「国のかたち」が決まった。

ゴールデンウィークも、このころ決められ、
いま、私たちがその恩恵に浴しているわけだ。

私の近著『小売業界大研究』(産学社刊)。
その「はじめに」の冒頭の文章を私は、
日本国憲法から書き始めている。

以下は、日の目を見なかった「はじめに」の文章。
なんとなれば、編集部から文体の変更を求められて、
書き直したから。
「ですます調」を「である調」に変更した。
そうしたら文章そのものが、ちょっと変わった。
ここでは、埋もれてしまった原文を引用する。

「私たちの日本国憲法は、
『主権が国民に存することを宣言』しています。
国の基本原理・基本原則を定める日本国憲法は、
まず、国民主権を掲げます。
そのうえで、基本的人権の尊重、
平和主義の三つの考え方を謳っています」

「一方、すべての小売業もまた、
この三つの考え方を基盤としています。
小売業は、商品やサービスの最終購買者である消費者に、
その商品やサービスを最後に販売する機能を担います」

「国の主権者である国民に、
一人ひとりの人権を尊重して、
商品とサービスを提供する。
そして、平和の中で、小売業は繁栄する――」

「あらゆる産業は、
国民生活に貢献するために営まれています。
しかし、とりわけ小売業は、
国民の毎日の暮らしを維持・向上させるために、
最も国民に近いところで日々、活動しています。
小売業はそのことに、最大の存在意義をもつのです」

若い人たちに向けた本の冒頭に日本国憲法を使ったのは、
それが「この国のかたち」の骨格を決めているからだ。

その骨格となる考え方に、
小売業やサービス業の成り立ちが大きくかかわっていることを、
知ってもらいたかったからだ。

今日は、そんなことを実感しながら仕事する日。

今週は、明日の「みどりの日」
明後日の「子供の日」と続く。
そして週末の日曜日は「母の日」。

不思議なことに、「子供の日」と「母の日」は、
深く連動している。
子供の日は、端午の節句から始まった。
母の日は「マザーズ・デイ」、すなわち欧米から取られた。
それなのに、日本では連動してしまった。

私は、小野貴邦さんの言葉を信じている。
「テーマは資源である」

憲法記念、みどり、子供と母。
私たちの「テーマ資源」が、
次々にやってくる。

資源をビジネス実務に変えるのは、難しい。
しかし「むずかしいからおもしろい」  

そんな今週も、
この自分の仕事に感謝したい。

私たちの仕事が、
国のかたち、国の骨格に、
深くかかわっていることを感じながら。

Everybody! Good Monday!

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.