結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年09月16日(火曜日)

オギノFSP研究会の「ポストモダン戦略」講義と「セレンディピティ」

連休明けの今日は、
山梨県甲府。
20140916221702.jpg
勝沼のあたりから甲府盆地を臨む。

到着して、
昼食をとっているときに、
突然の揺れ。

午後0時28分、
震源地は茨城県南部。
震源の深さは約50キロ、
地震の規模はマグニチュード5.6の推定。

震源は茨城南部なのに、
震度5弱は栃木県南部、
群馬県南部、埼玉県北部。

栃木県佐野市、前橋市、
群馬県伊勢崎市、埼玉県熊谷市など。

栃木県日光市、宇都宮市、
群馬県高崎市、さいたま市、水戸市、
東京都千代田区、新宿区、
そして横浜市でも震度4。

事故はなかっただろうか。
お見舞い申し上げたい。

1962年、ジョンFケネディが提唱。
コンシューマー・ドクトリン。
消費者の4つの権利。

その第一条が、
安全である権利。

今回の地震でも、
それが守られたかどうか。

私には気になる。

日本の小売りサービス業の、
すべての店舗で、
顧客の安全である権利が、
担保されたか。

そのことに店長や店員のすべてが、
即座に対応してくれたか。

私は、信じている。
かならず、万全の応対をしてくれたと。

一緒に食事していた㈱オギノの荻野寛二社長、
すぐに全店の状況を調べさせた。

無事であることを確認。

良かった。

甲府では「オギノFSP研究会」での講演。
今日の会場はベルクラシックホテル。
20140916230801.jpg

その3階にあるグレース会場。
20140916221744.jpg
オギノは甲府を本拠地とする、
ローカル・スーパーマーケット・チェーン。

山梨県33店を中核に、
長野県4店、静岡県2店の39店舗を展開する。

17年前から、業界に先駆けて、
フリークエント・ショッパーズ・プログラム(FSP)を導入。
メーカー・卸の取引先とともに、
FSP研究会を実施している。

その勉強会での講演。
今回で、2度目のお招き。
20140916221825.jpg

㈱オギノ社長の荻野寛二さんが、
はじめにご挨拶。
20140916221921.jpg

FSP研究会の成果を確認し、
これからの取り組みを期待するメッセージ。
20140916222115.jpg

そして私の90分の講演。

テーマは、
「欧米スーパーマーケット動向と
ポストモダン戦略」

20140916222215.jpg

甲府はこの日も晴天。
そして会場はクールビズ。
私も珍しくノーネクタイだった。
20140916222354.jpg

今日は欧米小売業の視点から、
FSP戦略とポストモダン戦略を明らかにする内容。
まず「グローバル500」の世界企業の動向、
米国チェーンストア・ランキングの潮流と、
アメリカ小売業の業態別複占の解析。

複占状況だからこそ、
一方の企業はFSPを武器にして、
ノンコモディティを商売の対象にしようとする。
20140916222837.jpg

FSPによって43期既存店増収の米国クローガー、
そのクローガーの師匠格の英テスコ、
そしてスペインのメルカドーナ、
それらのイノベーションを分析。
20140916223459.jpg

そのうえで最後に、
スーパーマーケットの
ポストモダン戦略を明らかにした。
20140916223518.jpg

あっという間に90分が過ぎ、
一気にまとめに入るも、
10分ほど超過。
ご清聴に感謝。

休憩時間には、
荻野社長、原正浩さんと一番前の席で懇談。
原さんは三菱食品㈱マーケティング本部長。
20140916224909.jpg

第2部は、研究会のFSP取り組み報告。
参加メーカー2社からの、
とっておきの取り組みとその成果報告。

これがすばらしかった。

FSPの定量データと定性調査を、
上手に組み合わせた分析など、
私の最新FSP戦略と同期していて、驚いた。

プレゼンテーションも合格。
オギノの担当バイヤーの指摘も、
実に的確で、
この研究会が人財を育てていることが、
よくわかった。

まさに彼らこそ「知識商人」である。

私は本当にうれしくなった。

終了したのは17時過ぎ。
事務局に私なりの感想を述べて、
お二人をねぎらった。
20140916230331.jpg
そのアドバイスの内容は、
一言でいえば「セレンディピティ」(serendipity)。

セレンディピティとは、
何かを探求しようとするとき、
当初、目論んでいたものとは「別の価値」に、
ぶち当たることがある。

それらを見つけだす能力を、
セレンディピティという。

アインシュタインの相対性原理は、
このセレンディピティによって生まれた。

FSPによる新しい発見など、
はじめの意図とは異なった現象や結果を
招くことがある。

しかしそれこそが真実であり、
それこそがマーケットである。

これを受け止めることこそ、
科学的態度である。

オギノFSP研究会には、
このセレンディピティの考え方を貫いてほしい。

それが研究会に参加する者全員の成果であるし、
メーカー・卸と小売業の協業の本質である。

荻野さんとは今日半日、いろいろな話をした。
私も荻野さんも昭和27年生まれの同い年。
今度は一泊で、ゆっくり語りましょう。
20140916230200.jpg

最後は原さんと事務局の4人で。
20140916230407.jpg
左から原さん、
オギノ営業企画部長の手塚帰一さん、
同じく渡邊拓馬さん。

甲府は今年、NHKの朝の連ドラの舞台。
至るところに「花子とアン」のポスター。
中でも合同庁舎の一角にあるポスターは、
ひときわ目を引いて、吸い寄せられた。
20140916231215.jpg

すかさず記念撮影。
20140916231316.jpg

でもやっぱり、
甲府といえば、
武田信玄公。
20140916231412.jpg
ハワイ式の「シャカ」でポーズ。

駅に行くと、手塚さんが
色紙を差し出した。

そこで、駅構内のベンチで
サイン。
20140916231631.jpg

手塚さんとは先週2回、そして今日と、
1週間で3回もお会いした。

その手塚さんへのサイン。
ありがたいことだ。

ID-POSを活用したFSP。
まだまだ未知の世界。

セレンディピティの考え方も忘れず、
科学的態度を貫徹してほしい。

それがマーケットリーダーの役割であり、
協業する製配販協働の顧客志向である。

〈結城義晴〉

<追伸>

今日の商人舎magazineのdailyニュースは
イオンの全国最大規模の堆肥化リサイクルループ。
「イオンアグリ創造、店舗で発生する食品残さを
堆肥化し、直営農場で使用」

ぜひ、ご購読を。

【お知らせ】
月刊『商人舎』2014年9月号、絶賛発売中!
価格:1冊1500円(税別)
※別途送料実費を頂戴いたします。予めご了承ください。

FAXでのご注文:
申込用紙を印刷し、FAXをお送りください。
月刊『商人舎』2014年9月号ご注文用紙ダウンロード

メールでのご注文:
お名前、送付先、ご連絡先、購入部数をご入力の上、
info@shoninsha.co.jp宛てにメールをお送りください。

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.