結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年09月26日(金曜日)

巨人軍セリーグ3連覇・原辰徳の悲劇的臭いと「ダイエーが消える日」

プロ野球セントラルリーグ。
読売ジャイアンツが優勝を決めた。

3年連続で36回目。
圧倒的に優勝回数が多い。

二番目に多いチームはどこか。

意外にも、中日ドラゴンズが9回。

そして広島東洋カープと、
ヤクルトスワローズが、
それぞれ6回。

阪神タイガースはと見ると、
5回しか優勝していない。

横浜ベイスターズ・大洋ホエールズは、
合わせて2回。

ずいぶんと偏りがある。

セ・リーグで3連覇以上のチームは、
これもジャイアンツしかない。

パシフィックリーグでは、
3連覇以上のチームが過去に4つ。
南海ホークス、
西鉄ライオンズ、
阪急ブレーブス、
西武ライオンズ。

メジャーリーグでは、
5連覇をしたことがあるのが、
名門ヤンキース。
1949年から53年までと、
1960年から64年まで。

日本では、
ジャイアンツの川上哲治9連覇があるし、
西武ライオンズの森祇晶5連覇がある。

原辰徳監督自身、
2007年から2009年まで3連覇し、
ふたたび2012年から今年まで3連覇。
原は通算11年間の監督で、
7回目のリーグ優勝。

名将の部類に入ってきた。

あの東海大相模高校の原辰徳。
原は3番バッターで、
津末英明が4番だった。
ピッチャーは左腕の村中秀人。

監督は辰徳の父親・貢。
故人。

懐かしいなあ。

神奈川県のチームなので、
当時はずいぶんと応援した。

原や津末、村中とは6つ違い。

その彼らがもう56歳。

この後、クライマックスシリーズがあって、
日本シリーズでセパの優勝チームが決着をつけ、
今年のプロ野球は打ち止め。

私はクライマックスシリーズが、
日本のプロ野球のダイナミズムを、
削ぎ落としてしまっていると考えている。

国内での最終段階を盛り上げるのではなく、
アジアへと広げる方向性こそ、
このビジネスの将来展望だと思う。

だから今年の日本プロ野球は、
サッカー・ワールドカップに人気をとられ、
今、アジア大会のメダル・ラッシュで、
目立たない。

だんだんプロ野球も、
国民的スポーツではなくなってきた。

原辰徳がこの後、
4連覇、5連覇しても、
川上哲治や森祇晶ような脚光を、
浴びることはないかもしれない。

川上と森はもとより、
かつての西鉄の三原脩、
南海の鶴岡一人、
阪急の西本幸雄と比べても、
同時の熱狂には近づけない。

私は福岡生まれなので、
よくわかる。

西鉄の三原監督は、
神格化された存在だった。

その時には、
神様・仏様・稲生様も、
怪童・中西太も、
燦然と輝いていた。

選手としては長嶋茂雄や王貞治に、
はるかに及ばず、
監督としても時代の流れの中で、
注目が高くはない。

原辰徳には、
そんな悲劇的な臭いがついて回る。

人間としては、実にいいのだが。

そしてこれは、
小売流通業の経営者にも、
当てはまる。

かつての中内功、
伊藤雅俊、岡田卓也。
北野祐次、堀内寛二。

さらに現役の鈴木敏文、柳井正、
似鳥昭雄、矢野博丈。

いわば創業者の栄誉と脚光は、
特別のものだった。

今週、マスコミが騒ぎ、
ジャーナリストがこだわったのが、
「ダイエーが消える」。

私も取り上げたが、
一般マスコミは騒ぎ過ぎ。

ダイエーのピーク時の売上高は、
1995年2月期の3兆2000億円。
今や、イオンは7兆2000億円。

2.25倍。

それでも中内ダイエーに、
ノスタルジーを感じる。

それは川上哲治の9連覇と、
原辰徳の3連覇の、
時代の違いとシンクロしている。

さて、私は、昨夕から、
千葉県長生郡長南町。

11回目のドクターズ杯の前夜祭。
20140927075439.jpg
マスターは修士、ドクターは博士。

ゴルフのマスターズの、
上を行く上品さを有するコンペを目指す。
だからドクターズ。

及ばずながら、私の命名。

サミット㈱社長の田尻一さんは、
前夜懇親会だけ参加。
20140927080233.jpg
左は伊藤園副社長の本庄周介さん。

そしてカラリ晴れて、
楽しいラウンド。
20140927075505.jpg
伊藤園レディスが開催される名門、
グレートアイランド倶楽部。

栄えある第11回優勝者は、
㈱エレナ会長の中村國昭さん。
20140927082823.jpg
今年5月から、
社長を実弟の浩さんに任せ、
現在は代表取締役会長。

エレナは長崎県・佐賀県に、
スーパーマーケット40店舗、
ダイソー11店、ツタヤ5店を展開する。

このエリアでは断然、強い企業。

今年は55周年でもあり、
中村さんは心も晴れていて、
いい日になった。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.