結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年01月12日(木曜日)

セブン&アイのトップ人事とオバマ大統領の”Yes, we did”

セブン&アイ・ホールディングス、
トップ人事を発表。

亀井淳さんと大久保恒夫さんが退任。
亀井さんはイトーヨーカ堂、
大久保さんはセブン&アイ・フードシステムズ、
それぞれの社長。

ほんとうにご苦労様でした。

亀井さんは前任の戸井和久さんの、
突然の辞任での、急遽の返り咲き。
後任は三枝富博常務執行役員。
亀井さんが72歳、三枝さんが67歳。

竹田利明さんが取締役副社長で、
営業本部長に昇格した。

大久保さんの後任は、
小松雅美取締役執行役員。
小松さんはデニーズ生え抜きの57歳。
大久保さんはまだ60歳で、働き盛り。

私もよく知る大久保さんだけに、
セブン&アイにとっては、
残念なことになったと思う。

もったいない。
惜しい。

大久保さんは、
セブン&アイを世界企業にし、
流通革命に貢献したいと、
本気で考えていた。

そんな志を持つ人間はいま、
セブン&アイにはあまり見当たらない。

私も残念だと思う。

周知のことだが、同社は、
昨年5月に鈴木敏文さんが退任。
井阪隆一さんが急遽、社長に就任。

井阪さんは昨年10月7日に、
いわゆる「100日プラン」を策定して、
改革に勤しんでいるが、
いまのところ人事以外はやっていない。

その10月には、
そごう・西武の松本隆社長を、
林拓二さんに交代させた。
松本さんは西武百貨店生え抜きの64歳、
林さんも西武出身で63歳。
セブンカルチャーネットワーク社長をしていた。

このそごう・西武に続くトップ人事が、
今回の三枝・小松人事。

まあ、お手並み拝見といったところだが、
セブン&アイから、
「商売人魂」や「商売経験」が、
どんどん薄れていくような印象だ。

大高善興さんの存在が、
このグループにとって、
ますます重要になってきた。
もちろんヨークベニマル会長。

大久保さんも引く手数多だし、
外食産業よりも小売業の専門家だから、
もっと力を発揮できる舞台が、
待っているに違いない。

退任といえば、
バラク・オバマ米国大統領。

イリノイ州シカゴで最後の演説。
実にうまい演説だと感心した。
聴衆もその言葉に酔いしれた。

デモクラシーとダイバーシティ。
それがオバマの精神だ。

アフガンとイラクの戦争を終結させ、
キューバとの国交回復を果たし、
イラン核合意を実現した。

「核なき世界」への働きかけは、
2009年ノーベル平和賞受賞として、
評価された。

しかしその半面、
理想主義だけでは解決できない、
現代の国際社会の実態も、
浮き彫りになってしまった。

それでも私たちは、
そのデモクラシーとダイバーシティを、
忘れてはならない。

8年前に“Yes,we can”で始まって、
8年後に“Yes,we did”。
最後に未来に向かって、
“Yes,we can”。

しかし政治家の真価は、
“we did”にこそある。
経営者も同じだが。

オバマさんにも、
亀井さん、大久保さんにも、
「ご苦労様」と言っておこう。

さて、昨日は東京・昭島。DSCN1814.JPG-6

エコスグループ会の賀詞交歓会。DSCN18137

取引先を中心に800人が参集した。
DSCN1827.JPG-7

平富郎会長がまず、挨拶。DSCN1818.JPG-7

77歳になった平さん、
ますます元気。
DSCN1824.JPG-7

48歳の平邦雄社長。
増収増益を果たして満足げだ。DSCN1830.JPG-7

その後、卸売業トップの挨拶が続いた。
いずれもエコスグループ会副会長。

まず三菱食品も森山透さん。DSCN1833.JPG-7

日本アクセスの佐々木淳一さん。DSCN1839.JPG-7

その後、㈱エコスの役員と監査役紹介。DSCN1842.JPG-7

乾杯の音頭は、
伊藤忠食品社長の濱口泰三さん。DSCN1848.JPG-7

そして懇親。
佐伯行彦さんと酒井紘一さん。
さえきセルバホールディングス社長と、
エコス常勤監査役。
DSCN1858.JPG-7

そして桑原孝正さん、
さえきセルバホールディングス副社長。
DSCN1850.JPG-7

中締めは藤吉泰晴さん、
三井食品社長。
DSCN1853.JPG-7

三本締め。
DSCN1856.JPG-7

最後の最後に、4人で。
一番右は、平典子さん、
㈱たいらや社長。
DSCN1865.JPG-7
今年も頑張ってほしい。

最後に朝日新聞『折々のことば』
その633、鷲田清一さん編著。

覚悟ってのは、
どこかでぽきりと
折れちまったりする。
納得ってのは、
どんなに曲げられても、
折れやしねえんだよ。
(北方謙三長編小説「楊令伝」より)

つづいて、
「折れたら、折れたところで納得する」

鷲田さんの述懐。
「腹をくくるより、
肚がすわっているほうが
強靱ということか」

「たしかに判断や決断と
納得や得心とは水準が違う」

だから人は言う。
「話はわかるけど納得できない」
逆に「わからないけど納得はできる」

納得、得心して経営し、
経営させなければ、
長続きはしないし、
ほんとうの革新はできない。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 第17回
    2020年7月7日(火)~7月9日(木)
  • 第18回
    2020年9月8日(火)~9月10日(木)

詳細は決まり次第、ご案内いたします

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.