結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年01月25日(水曜日)

ロピア調理コンテストとニューヨーク研修最終日

私がニューヨークにいる間に、
大関稀勢の里が、
第72代横綱に昇進。

おめでたい。

日本出身横綱は、
あの若貴のお兄ちゃん、
三代目若乃花以来。

お兄ちゃんの若乃花は、
1998年夏場所後の昇進だから、
それは19年ぶり。

日本人横綱が在位するのは、
弟の貴乃花以来で、14年ぶり。

貴乃花の引退は、
2003年初場所後だった。

日経新聞巻頭コラム『春秋』
日本大相撲はよく皮肉られる。
「ウィンブルドン現象」

テニスのウィンブルドン大会が、
外国選手によって席巻されている現象。

イギリスの金融界も実は、
ウィンブルドン方式と呼ばれる。

外国資本が躍動するけれど、
その舞台が、
ロンドンのシティであればいい。

コラムは大相撲を評する。
「いまや角界の屋台骨を支えているのは
言葉や文化の壁を越えて、
遠く草原の国から来た元少年たちだ」
そう、モンゴル出身力士たち。

相撲通の作家、宮本徳蔵。
その著書『力士漂泊』

「力士=チカラビトはアジアの北辺、
いまのモンゴルのあたりで生まれた」

「そうであれば現在の相撲界の状況にも
不思議はないのかもしれない」

ここからがいい。
「チカラビトの系譜に連なる男たちが
東から西から集い来て、
同じまわしを締め土俵でぶつかり合う」

「ここに至る悠久の時を思えば、
大相撲の取り組みが
壮大な絵巻のように思えてくる」

その通りだ。

宮本の表現。
「相撲が国技だなんて、
小さい、小さい」

一方、ここアメリカでは、
ドナルド・トランプ大統領が、
大統領令の署名を連発。

バラク・オバマ前大統領の成果を、
消しにかかる。

環太平洋経済連携協定(TPP)離脱、
医療保険制度改革法(オバマケア)見直し。

中東からの移民の拒否。
メキシコとの国境の巨大ウォール。

選挙前の公約を果たすために、
大統領令を発するパフォーマンスか。

毎日新聞夕刊で安井明彦さんが、
楽観してはならないと語る。
みずほ総研欧米調査部長。

あくまでも日本の立場に立つと、
「悔しいかもしれないけれど、
トランプ氏に失敗されると日本は困る。
譲れない部分はもちろんあるが、
ウィンウィンの方向に持ち込むこと」

「真の目的が何なのかを見極めた上で、
ダメージを最小限にとどめる
冷静な対応が必要」

大統領令は発することができるが、
予算案や法律案を提出する権限がない。

連邦議会で採決されねば、
トランプ政策は実行できない。

その上下両院では共和党が多数を占める。
つまり自分の属する共和党との、
連携が必要。

安井さんは語る。
「共和党はこれまで
『今後10年で財政赤字ゼロ』と
言ってきたが、
トランプ氏の政策はどう考えても
財政赤字が増える。
どのあたりで折り合うのか、
落としどころが見えない」

議会の調整能力も求められる。

大統領になった以上、
挑発的な言動は控え、
対話できるようなモードに転換するか。

否。

宮家邦彦さんが面白い発言。
キヤノングローバル戦略研究所研究主幹。

「今のモードが4年間続くと
思ったほうがいいですね」

「選挙期間中のムチャクチャなツイッターと
ポピュリズム政治が成功体験だから」

「『統治モード』の
スイッチが入ったとたん、
支持者への神通力を失うでしょう」

「ビートたけしさんが
毒舌でなくなったら、

誰も見ないのと同じですよ」

ほんとうにそうなるかどうかも、
ちょっとわからない。

さて、ロピアのニューヨーク研修。
2017第2班2日目の夜、
調理コンテスト。

視察店舗で買った食材を、
ホテルの部屋で調理し、
料理を持ち寄って
全員で試食する。
そして3位までのチームには、
豪華景品が贈られる。

第1班の様子を
このブログで見ていた第2班。

買い出しも料理も、
実に手際がよい。
DSCN8179-1

電子コンロとレンジを組み合わせて、
時短料理。
DSCN8182-1

こちらのチームは、
火を通さないメニューらしい。
DSCN8186-1

ホールフーズの高額オリーブオイル。
何に使うのだろうか。
DSCN8195-1

魚をさばく、男の料理。
DSCN8181-1

こちらはハンバーグ?
DSCN8198-1

なぜか、女性2人の部屋に、
男性が加わって、3人で料理。
DSCN8184-1

でき上がった料理を、
ホテル近郊に確保した
レンタルルームの会場に持ち寄って、
美しく並べる。
DSCN8202-1

次々に料理が並ぶ。
彩り、盛り付けなど、見た目も大事だ。
DSCN8201-1

エイジングビーフを使った、
ローストビーフを切り分ける。
これは福島道夫さん作。
取締役営業本部長。
DSCN8271-1

骨に沿って切ったこの断面。
おいしそう。
DSCN8269-1

すべての料理が並んだところで
カンパ~イ!
DSCN8274-1

各自、つくった料理の説明。
テーマや食材、購買店舗などを、
解説していく。

はじめに福島さん。
IMG_2739-1
福島さんはロピア一の食通&食いしん坊、
食材や料理に詳しい。

だから、福島営業本部長のメニューは、
コンテストの対象外。

このシチュー2品は、隠れ1位だった。
DSCN8253.-1JPG

チームごとの料理説明はつづく。
IMG_2745-1

そして、試食会がスタート。

自チーム以外の料理に
1人1票で投票する。
IMG_2742-1

酒好きの藤森正博さんが
カウンターに入ってバーテンダー役。
ニューヨーク在住のコーディネーター。
IMG_2737-1

宴もたけなわ。

投票が終わり、
いよいよドラムロールの音で、
優勝者を発表。

第2班の賞品はほとんどが100ドル以上。
IMG_2750-1

皆、期待のまなざし。
IMG_2741-1

優勝はこの二人。
岡本渉&新堀友弘 チーム。
IMG_275-14
岡本さんは港北東急SC店惣菜部門長。
新堀さんは本部の惣菜部門長。

3票をもつ私もこの2品に投票した。
見た目以上に、おいしい作品。
DSCN8251-1

第2位は助川秀一郎さん。
ロピア傘下の利恵産業社長。
IMG_2757-1

惣菜製造のプロの技を駆使した、
ハムを使ったメニュー2品。
DSCN8240-1
プロらしい上品な仕上がりだった。

3位は坂内孝&渡邊寛之チーム。
坂内さんは、流山店 鮮魚部門長、
渡邊さんは、鮮魚バイヤー。
IMG_2767-1

3品をつくったが、
パスタは冷めてもおいしかった。
DSCN8224-1

第2班は調理時間が1班より長かった。
その分、手の込んだ料理ができた。
そして、投票を迷うほどに、
どれもおいしかった。

全員で片付けを済ませて、
最後に福島さんの締めの挨拶。
IMG_2774-1

福島さんは団員を、
見事にリードし、サポートした。
ロピアにとって大事な幹部だ。

体調にだけは留意してほしいと
このお腹を見て、思う。

夜が明けて、
視察3日目、最終日。
この日もあいにくの雨。

朝一番でコロンバスサークルへ。
コロンブスの銅像も寒そう。
DSCN8273-1

ホールフーズ。
地下1階に入る変形店舗。
DSCN8274-1

朝の陳列作業と
クレンリネスの真っ最中。
素晴らしいオペレーション。
DSCN8301-1
この店は部門チームごとに
ユニフォームが違うが、
それがチームワークにつながる。

青果は緑のポロシャツ。

ミートは白衣。
DSCN8256-1

鮮魚はチェックのシャツ。
DSCN8263-1

これはTea’s Tea。伊藤園?
DSCN8257-1

ホールフーズは売場の各所に、
野菜や果物のジュース売り場がある。
DSCN8291-1

コールドプレスジュースは、
ニューヨークで大人気。
DSCN8247-1

福島さんと藤森さんが
カート一杯にジュースの買い物。
DSCN8285-1

コールドプレスジュースを20本購入。
団員に試飲させるため。
DSCN8284-1

5番街を南下するが、
月曜の朝は渋滞。
DSCN8318-1

そしてソーホー地区へ。
ディーン&デルーカ本店。
DSCN8340-1

ニューヨークデリの店。
DSCN8320-1

入り口には、
オーガニック青果の平台陳列の妙。
デリショップでも生鮮食品をはじめ、
グロサリー、飲料を揃える。
結果としてスーパーマーケットになる。
DSCN8325-1

ニューヨーカーが、行列をつくって、
朝食のパンとコーヒーを買っている。
DSCN8280 (2)-1

そして外を眺めながら、
カウンターで食べる。
DSCN8338-1

さらにイータリー2号店へ。
イタリアの食を、
内食・中食・外食で提供する。
DSCN8287 (2)-1

朝はベーカリーが人気。
DSCN8319 (2)-1

コーヒーショップにも行列。
DSCN8385 (2)-1

こちらはフランス食のイータリー版、
ル・ディストリクト。
DSCN8440 (2)-1

私は隣のSCへ。
ワインショップを視察。
DSCN843-11

白で統一された店内に、
湾曲した陳列棚。
DSCN8425 (21

美しいアートのような店内。
DSCN8426 (21

そして最後は、
チェルシー・マーケット。
観光スポットの商業施設。
ナビスコの工場跡を、
リノベーションした商業施設。
レストランや物販の人気店舗が入る。

そのなかの超人気店、
ロブスタープレイス。

ロブスターバーやオイスターバー、
立ちの寿司屋などがある。
もちろん、小売りもする。
DSCN8449 (2)-1

最大級のロブスター20尾を、
貪欲に食べつくす団員たち。
DSCN8523-1

満足そうな笑顔。
DSCN8522-1

高くて旨いものを食べる。
それもロピアの研修の特徴。
DSCN852-14

ロピアの社員は、
本当によく食べる。
DSCN8526-1

私の昼食は、
ネパール人が運営する、
おまかせ寿司。
DSCN8517-1

久しぶりの味噌汁。
DSCN8520-1

大満足。
DSCN8528-1

3泊5日のロピア弾丸ツアー。
そのダブルヘッダー。
そろそろ大団円。

しかし、この研修期間に、
アメリカは大きく変わった。
日本では横綱が登場した。

「ビートたけしが
毒舌でなくなったら、
誰も見ないのとおなじ」

最近のたけしは、
あんまりおもしろくないが、
それを視聴者は惰性で見ている。

ドナルド・トランプも、
そうなるかもしれない。
(まだ、つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • アメリカ視察研修ツアー USA視察Specialコース2019年10月2日(水)~10月8日(火)<5泊7日>開催場所:ワシントンDC、リッチモンド、NY
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.