結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年04月04日(火曜日)

アンドロイド・ウィンドウズ逆転と日販・トーハン共同配送

時代は大きく変わりつつある。
「えっ?」と思ったりすることが起こる。

昨日今日、そんなことがあった。

アンドロイドがウィンドウズを抜く。
日経新聞のニューヨークからの記事。

パソコンやスマートフォンの基本ソフト。
「OS」と呼ばれるが、
Operating Systemの略。

そのOSの世界シェア。
トップはこれまで、
マイクロソフトの「ウィンドウズ」だった。
それをグーグル「アンドロイド」が逆転。

調査会社スタットカウンターの発表。
2017年3月のシェアは、
アンドロイドが37.93%、
ウィンドウズは37.91%。
僅差だがグーグルが勝った。

3位アップル「iOS」は13.09%。

スマホの多くはアンドロイドを搭載する。
そのスマホの伸びが著しくて、
結果、アンドロイドがトップに立った。

「1980年代以降、マイクロソフトが
OS市場を主導してきた時代は終わった」
スタットカウンターのコメント。

5年前、アンドロイドは約2%だった。
その時点でウィンドウズは約80%。

すごい格差がついていた。
このころはまだパソコンの時代だった。

そこでグーグルはスマホに集中した。
マイクロソフトはそれをしなかった。

そしてこの5年間。
スマホが急速に普及し、
パソコンが縮小した。

そこで逆転してしまった。

ただし現在もパソコンに限ると、
ウィンドウズは約84%のシェア。

恐ろしいことが起こる。

ピーター・ドラッカーの名言。
「ノンカスタマーの領域で変化が起こる」
マイクロソフトに聞かせたい言葉だ。

もうひとつのニュース。
これも日経新聞。
「日販・トーハン、共同配送」

私はもともと出版人でもある。
だから本や雑誌の流通には、
一定の見方を持っている。

出版界の大手卸売業を「取次」という。
1位は日販、
日本出版販売。
2位はトーハン、
かつて東京書籍販売といった。

ほとんど複占状態だが、
この両者が首都圏など大都市で、
書籍や雑誌の共同配送をする。

信じられない。

その理由。
第1に、配送量が大幅に減少。
第2に、小口化が進捗。
それは最大販売先コンビニの増加。
第3に、取次を介さない直接取引の拡大。
こちらはアマゾンジャパンなど、
新興勢力の台頭。
第4に、物流業界の人手不足の深刻化。

これまでは取次ごとに、
それぞれ別の運送業者に依頼し、
帳合先の書店やコンビニへ本を届けた。

しかし配送会社と合意できた地域から、
同じトラックで本を運ぶ。
配送経路を見直し、
移動距離を短縮する。

それでももうすでに地方では、
共同配送が進んでいるが、
大都市圏では取次ごとに、
個別に配送していた。

個別配送の地域は、
出版配送全体の約4割を占める。

トーハンの川上浩明専務、
「待ったなしの状態に追い込まれている。
1~2年で物流問題を解決しなければ、
出版物を読者に届けられなくなる」

出版科学研究所の調査。

2016年出版物販売額は
1兆4709億円。
12年連続で前年実績割れ。

稼ぎ頭だった雑誌の販売額が、
41年ぶりに書籍を下回った。

運ぶ荷物は減る一方で、
配送先の店舗数は増えている。

16年の書店の店舗数は1万3041店。
2007年比で2割以上の減少。

しかしコンビニの店舗数は5万5636店。
合計では増え続けている。

だから配送業者は少ない荷物を、
多くの店舗に運ばなければならない。

アマゾンジャパンは、
直接取引拡大とともに、
電子書籍も普及させる。

本と雑誌の流通構造が、
大きく変わってきている。

商人舎の雑誌、書籍は、
直接、読者に届ける。

初めからこの問題の外にある。

しかし、産業構造は、
常に変わるものだ。

そのことへの準備は、
しておかねばならない。

今日は朝から、来客。

菓子問屋(株)髙山の髙山時光さん。
2014年5月に社長に就任した三代目。
DSCN1797.JPG-7
社長に就任して、ミッションを定めた。
「ニーズに応える、ニーズを創る」
åe,gžŠ
そして髙山の「強み」を全社で共有する。

経営の考え方、
菓子卸のイノベーション。
コモディティとノンコモディティ。
そして業態からフォーマットへ。

自分で考えて、自分で正解を見つけた。

私は報告を聞きながら、意見を言った。

しかし、素晴らしい。
そして本当にうれしいことだ。

宮道(みやじ)洋二郎さんが加わって、
三人で写真。
宮地さんは経営企画室課長。DSCN1799.JPG-7
「事業の定義は三つの要素からなる」
ピーター・ドラッカー。
第一は、組織を取り巻く環境である。
第二は、組織の使命すなわち目的である。
第三は、使命を達成するために、
必要な強みについての前提である。

髙山さんは、ドラッカーの定義通りに、
経営を進めている。

それがいい。

それから今日は、
當仲寛哲さん来社。
USP研究所代表取締役所長。DSCN1802.JPG-7
當仲さんは現在、1年の半分くらい、
海外を飛び回っている。
ユニケージ開発手法の普及の仕事で、
国際的に評価を受けている。

多分、7月になるだろうと思うが、
共同でセミナーを開催することになった。

ご期待ください。

さて最後に、Daily商人舎。

昨日と今日のニュースを列挙しておこう。

Worldニュースは、
ウォルマートニュース|
万引き防止対策新プログラム導入の「北風と太陽」

これは面白い。
読んでおいてください。

Japanニュース。

平和堂ニュース|
60周年を機に夏原平和会長、平松正嗣社長体制へ

社長交代です。
夏原平和さんは会長兼CEO、
平松正嗣さんが社長兼COOへ。

頑張ってください。

ライフニュース|
新北島店(大阪)2層3000㎡中型総合スーパー改装開店

ユニクロニュース|
名古屋駅にユニクロ750坪+GU450坪旗艦店オープン

ニトリニュース|
鎌倉市に約2000坪のニトリ大船店がオープン

イオンニュース|
トップバリュワールドダイニング第3弾11品目発売

イオンニュース|
アジアでの積極展開を視野に人事異動を発表

イオンニュース|
中食+外食「Origin」近畿圏初の茨木店オープン

昨日の4月3日のJapanニュース。

ドンキニュース|
住宅設備卸売専門店「シティドイト西川口店」オープン

セブン&アイニュース|
4月にnanacoギフトプレゼントキャンペーン実施

イオンニュース|
イオンモールが機能優先の機構改革と役員人事発表

ライフニュース|
ライフ鎌倉大船モール店(809坪)が4月8日改装オープン

ユナイテッドニュース|
茨城県に494坪「カスミフードスクエア美浦店」開店

改装店舗が実に多い。
それから組織改革も。

「変わる、変える」
それが、今でしょ。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト商人舎magazine

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催予定
  • USA視察研修会 Basicコース
    2018年5月15日(火)~5月21日(月)<5泊7日>
    開催場所:ラスベガス
  • USA視察研修会 Beginnersコース
    2018年9月上旬
    開催場所:ハワイ・オアフ
  • USA視察研修会 Specialコース
    2018年10月中旬
    開催場所:シカゴ・ニューヨーク
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2018年の開催予定
  • 第13回ミドルマネジメント研修会
    2018年6月19日(火)~6月21日(木)<2泊3日>
    開催場所:湯河原
  • 第14回ミドルマネジメント研修会
    2018年9月18日(火)~9月20日(木)<2泊3日>
    開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.