結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年05月08日(水曜日)

ラスベガス初日の米国業態別トップ企業群のポジショニング競争

連休明けにも関わらず、
45名の参加者が集まってくれて、
2019年商人舎Basicコースが始まった。

東京成田国際空港を飛び立って、
7時間余りで北米大陸に到着。

そしてサンフランシスコのベイエリア。DSCN81609

サンマテオ・ブリッジが見えてきた。DSCN81669

サンフランシスコ国際空港到着。
ラスベガス直行便はない。

ここで乗り換えて、ネバダ州へ。IMG_61409

山肌が露出している。IMG_61449

山地を抜けると、
1時間半でラスベガス渓谷。IMG_61539

ネバダ州の中心がこのラスベガス市。IMG_61459

そのラスベガスの中枢部が、
「ストリップ」と呼ばれる大繁華街。IMG_61509

ストリップに隣接する、
マッカラン国際空港に到着。
IMG_6161-1

出迎えてくれたのは、
キューティ上松。
JTB現地スタッフ。
IMG_6159-1

ラスベガスは、
ギャンブリングの街であり、
エンターテインメントの街だが、
人口増に伴って、
小売業の革新が進んでいる。

コンパクトな街だが、
主だったフォーマットが網羅されている。IMG_6162-1

早速、専用バスに乗り込んで、
視察研修へ。
DSCN9893-1

バスの中でも
テキストを開いて、
講義とガイダンス。DSCN9896-1

アメリカに来て最初に訪問するのは
必ずウォルマート。

世界最大の小売業で、
世界最大の企業。

2019年1月期の決算で、
年商は5144億0500万ドル。
100円換算で51兆4405億円。

その売上げをけん引しているのが、
最強フォーマットのスーパーセンター。DSCN9897-1

店舗面積は最大7000坪で、
フード&ドラッグとディスカウントストアを
コンバインしたフルラインの店だ。

入口はプロモーションコーナー。
ロープライスリーダーを謳う。IMG_6210-1

店舗左側がマーケット。
青果は品質もプレゼンテーションも、
格段に良くなった。IMG_6200-1

5月は二つのプロモーションがある。
一つは第2日曜日のマザーズデー。
もう一つは最終月曜日のメモリアルデー。
この二つのプロモーションを
売場の各所で展開している。IMG_6201-1

団員を引き連れて、
売場を解説。
DSCN9905-1

ウォルマートは、
そのオペレーションやマネジメントが、
売場にくっきりと表れてくる。

それを現場で丁寧にレクチャーする。DSCN9909-1

団員たちも熱心にメモを取りながら、
売場を回る。
DSCN9919-1

主通路を歩きながら、
ウォルマートの店づくりを学ぶ。IMG_6180-1

売場の一番奥に設けられた
ピックアップヒアーのコーナー。
ネット注文品をここでお客に手渡す。
IMG_6179-1

レジ前のプロモーションコーナー。
母の日のギフト商材が並ぶ。
IMG_6197-1

アパレルは夏物商材を全面展開。
一番売り込んでいるのが水着だ。

メンズもレディスもキッズも、
一番目立つ場所で、
水着を展開する。
IMG_6203-1

ウォルマートのカート。
突然、このエリアで、
カートの車輪が動かなくなった。

何かと思ったら、
店の圏内からカートを持ち出せないよう、
仕掛けがされている。

年配の男性客が教えてくれた。IMG_6214-1

ウォルマートのホールセールクラブが、
サムズクラブ。IMG_6271-1

コストコそっくりの売場づくりに変えて、
お客の支持が上がっている。IMG_6221-1

フレッシュミートとシーフードは、
新たに突き出しの対面コーナーを設けた。
コストコとの差別化作戦だ。IMG_6224-1

天井に届くほどのラック陳列。
アイテムを絞り込んでパレットで販売する。
IMG_6229-1

レジはセルフレジが増えた。
キャッシュレス化も進んでいる。
これもライバル・コストコとの違いを出すためだ。IMG_6269-1

ウォルマートの反対側にある
ベストバイ
家電チェーン米国ナンバー1。

年商428億7900万ドル。
4兆2879億円。
IMG_6275-1

売場が改装されて、
見通しも良くなった。IMG_6274-1

デジタル家電が強化されて、
売場の中央で展開されている。IMG_6273-1

広大なパワーセンターの敷地のなかで、
もう一つの核店舗がホームデポ。
全米ナンバー1、世界ナンバー1の
ホームセンター。

1082億0300万ドル、10兆8203億円。DSCN8197-1

入ってすぐに、
マザーズデーの花のギフト。DSCN8198-1

9700坪ほどのメガホームセンターは、
DIYの一般客だけでなく、
プロユースにも対応する。
入口の横には、
プロ向けのサービスコーナー。IMG_6285-1

さらに専門店チェーンも揃う。
ベッド・バス&ビヨンド
全米唯一となってしまった、
ホームファッション・チェーン。DSCN8203-1

壁面にびっしりと天井まで商品を並べ、
キッチン、寝具、バスなど、
生活シーン別に商品を揃える。
IMG_6295-1

カラフルなカバリング商品も、
天井近くまでプレゼンテーション。IMG_6302-1

オフプライスストアのマーシャルズ
T.J.マックスが展開するバナー。
年商は389億7300万ドル、3兆8973億円。
伸び率は8.7%で4兆円規模も視野に入ってきた。DSCN8207-1

百貨店やステータスブランド専門店で、
シーズンが終わって売れ残った商品を、
集荷してきてディスカウント販売する。IMG_6303-1

商品はフック陳列が主体。
ブランドやサイズは関係なく、
メンズ、レディス、キッズを、
トップスやボトムスに分けて展開する。
時間に余裕のあるお客が、
宝探しのような感覚で商品を探して選ぶ。IMG_6309-1

同じ業態のロス・ドレス・フォーレス
DSCN8209-1

さらに専門店チェーンが配置される。
ティリーズはアパレル専門店。DSCN8211-1
広大な敷地、広大な駐車場。
ウォルマート・スーパーセンターをはじめ、
強力なディスカウント業態を揃えた
アローヨ地区のパワーセンター。
しかも名だたる4桁チェーンが、
ずらりと顔を揃える。

次に向かったのが
クローガー傘下のスミス

ラスベガス地区で、
26.4%のトップシェアを誇る。IMG_6349-1

入口で出迎えてくれるのが、
カラフルな花売場。
日本のスーパーマーケットでも、
カジュアルフラワーを
もっと強化してもいい。IMG_6342-1

そして青果売場。
腰高の什器で、
旬のフルーツと野菜を並べる。IMG_6343-1

ニューヨークのチーズ専門店「マレーズ」。
クローガーが買収して、
専属のショップとなった。
IMG_6318-1

デリの対面販売売場。
デリカテッセンの「ボアーズヘッド」が、
その中核コーナー。IMG_6315-1

セルフ売場のビーフや鶏肉などのカテゴリーでも、
PB「シンプルトゥルース」が中核。
オーガニック&ナチュラルのブランドだ。IMG_6322-1

奥主通路は精肉、加工肉から、
デアリー売場へと続く。IMG_6324-1

デアリー(dairy)は、
乳製品関連の売場。IMG_6330-1

ここでもシンプルトゥルースが、
ずらりと揃う。
IMG_6329-1

夏需の商材を集めた、
プロモーションコーナー。
IMG_6334-1

レジは通常レジとエクスプレスレジ、
そして完全セルフレジの3種類。
団員もセルフレジを体験。IMG_6338-1

初日は全米ナンバー1のウォルマートと、
ナンバー2のクローガーを視察。
クローガーはスーパーマーケット首位。
ホームデポもベストバイも、
マーシャルズのTJXも、
ベッド・バス&ビヨンドも、
それぞれの業態でのトップ企業だ。

午後7時を回って、
夕食懇親会の会場へ。

恒例のロウリーズ
最上級のプライムリブを提供するレストラン。IMG_6353-1

シックなウェイティングバー。IMG_6354-1

われわれは個室で円卓を囲む。IMG_6358-1

乾杯の発声は、
㈱ロピアの相川博史さん。
取締役営業本部長。IMG_6361-1

日本からラスベガスまでの、
長い初日を終えて、
ビールで乾杯。
IMG_6363-1

ロウリーズ名物は、
サラダのデモンストレーション。

皆、スマホをかざして撮影。
IMG_6368-1

メインのプライムリブのローストビーフ。IMG_6369-1

このおいしそうな仕上がり。
それをカッティングして提供してくれる。IMG_6371-1

ローストビーフと、
パイ、マッシュポテト。
IMG_6373-1
大満足のディナーで、
長い長い1日を終了した。

二つのショッピングセンターを回れば、
全米の小売業の業態別トップ企業を学べる。

しかもそれぞれが確実に、
自分の立ち位置を構築している。

すみ分けつつ競合する。
まさにポジショニング競争である。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2019年5月7日(火)~5月13日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベガス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年6月4日(火)~6月6日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2019年5月
« 4月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.