結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年05月10日(金曜日)

ラスベガス3日目の講義と視察店舗のポジショニング格差

月刊商人舎5月号、本日発刊!!201905_coverpage
特集は、
「ラストワンマイル」の優勝劣敗
「ネットスーパー」と「宅配ビジネス」の勝者総取り!?

[CoverMessage]
令和元年に突入した。「店は客のためにある」。この商売のテーゼは「永久に不滅です」。それどころか、顧客に商品やサービスを届ける最後のプロセスこそが、令和時代にはますます決定的な差異になる。

それが早いこと。
それが安いこと。
それが心地よいこと。

英語で言えば「ラストワンマイル」の攻防がさらに激しくなり、「ラストワンマイル」の優劣こそが問われることになる。スーパーマーケットやチェーンストアのリアル店舗の世界では、スマートフォンによって注文を受けて顧客に届ける「ネットスーパー」機能や宅配サービスが当たり前のこととなる。
日本にとって「すでに起こった未来」であるアメリカ流通産業はいま、「ラストワンマイル」競争に明け暮れる。
しかし平成が終わった今、日本のネットスーパーのほとんどが相変わらず利益を出していない。ニーズはある。けれど利益は出ない。これまで何度も、私たちの前に立ちはだかった現象。それはイノベーションの苗床である。「ラストワンマイル」の先進事例を取り上げ、その優勝劣敗を見極め、ネットスーパーと宅配ビジネスの近未来を透視しよう――。
恐ろしいことにこの世界は、勝者総取りとなるのである。201905_contents
ご愛読願いたい。

さてラスベガスに来て3日目。

今日も朝から会議室でセミナー。
司会は亀谷しづえ。
商人舎ゼネラルマネジャー。
DSCN84349

初めに事務局から、
今夜の調理大会・大試食会の説明。
DSCN8438-1

4つのチームに分かれて、
メニューづくりを競い合う。

アメリカの一消費者になった気持ちで、
買物体験をしつつ、
購入した食材を調理する。

調理のために購買しつつ、
店を見ると全く違って見える。
それが何よりも大事だ。

研修の合間の楽しいイベント。
団員たちも意欲満々だ。

その後、成田空港での講義から数えると、
3回目となる結城義晴のセミナー。
DSCN8454-1

昨日訪問した企業と店舗を、
それぞれの資料を見ながら解説する。DSCN8441-1

それから384ページのテキストをもとに、
店舗戦略、商品戦略を一気に語る。DSCN8468-1

フォーマット戦略やコモディティ戦略。
ベーシック編なのでできるだけ丁寧に。

難しいことを易しく、
易しいことを面白く、
面白いことをより深く。

それが結城義晴の講義だ。DSCN84809
明日の朝、理解度テストを行う。
その範囲を網羅しなければならないので、
今日の講義は広範囲にわたる。

しかしそれがまた、
アメリカの小売業の全体像を、
描き出すことになる。

講義のあとはすぐに視察。

3日目の最初の訪問店は、
ターゲット。

全米第2位のディスカウントストア企業で、
ウォルマートと同じ商売を展開する。

年商744億3300万ドル。
いつものように100換算ならば、
7兆4433億円。
日本のランキングに入れたら第2位に入る。
アメリカでは第8位のチェーンストア。IMG_6593-1

天井を張って、全体に明るい照明の売場。
入口はマザーズ・デーのプロモーション。IMG_6588-1

ターゲットは、アパレルが強い。
マネキン使いもうまい。

ウォルマートはフードラインと、
ハードラインが強い。
対極にある。

この店舗入口のマネキンは、
ふっくらした体形で、
妙にリアル感がある。IMG_6585-1

非食品ディスカウントストアなので、
「マーケット」と呼ぶ食品売場は、
限定的な品揃えだ。DSCN8487-1

今日も早速、商品調査に入る団員たち。IMG_6579-1

ターゲットもネット販売を強化する。
入口を入ったところに
ピックアップサービスのカウンター。
IMG_6587-1

ウォルマートは、
ブルーを基調としている。
対してターゲットは赤。
誰が見ても、その違いがわかる。

一方、ウォルマートの、
ネイバーフッド・マーケット。
ブランドカラーは薄い緑。IMG_6618-1

ウォルマートの総合スーパー、
「スーパーセンター」は、
米国内で飽和を迎えている。
したがって、
この食品スーパーマーケットが、
戦略業態になっている。

2019年1月段階でサムズの店数を超えて、
698店舗まで拡がった。IMG_6606-1

生鮮食品の鮮度はより高くなり、
プレゼンテーションもよくなっている。
店内も格段に明るくなった。IMG_6607-1

奥主通路ではデアリー商品を、
リーチインで展開する。
IMG_6608-1

広いリーチインの冷凍食品売場。
ここでも商品調査。IMG_6595-1

ノンフード担当チームも、
売場で討論しながら調査する。DSCN8504-1

ネット注文品のピックアップコーナー。
ブルーのコンテナがずらりと並ぶ。
IMG_6616-1

次いで、
トレーダー・ジョー。
昨日、商品調査が済んでいるので、
ここでは主に調理大会用食材を購入。IMG_6642-1

生鮮食品もアウトパックされて、
店頭では陳列するだけ。IMG_6649-1

よく管理された売場。
「フィアレスフライヤー」は、
月一回発行のチラシ的小冊子。
その掲載商品をエンドで訴求する。IMG_6644-1

ワインは創業当時から、
中核カテゴリーとして強化されている。IMG_6645-1

トレーダー・ジョーと、
同じショッピングセンターにあるのが、
シーフード・シティ。IMG_6623-1

オーナーは中国人で、
フィリピン人向けのスーパーマーケット。
アジアンフードを中心に展開する。IMG_6624-1

対面形式のミート売場。IMG_6630-1

同じく対面販売のシーフード。
従業員はほとんどがフィリピン人。IMG_6636-1

イートインスペースも広めだ。IMG_6638-1

さらに食材購入のために
ホールフーズを訪問。DSCN8558-1

「ザ・ディストリクト」SCのこの店は、
何度も改装が施されている。IMG_6652-1

ホールボディの非食品売場は
什器が低く抑えられ、
回遊性も増した。
IMG_6653-1

調理大会のためのシーフードは、
ほとんどのチームがここで購買した。
IMG_6655-1
初めてアメリカに来た団員たちにも、
ホールフーズの商品への関心が高い。

コンパクトになったデリ売場。IMG_6668-1

買物中は皆、実にうれしそうだ。
DSCN8542-1

一消費者の立場になって商品を見ると、
視察だけではわからないことが、
はっきりと見えてくる。
それが調理大会の目的でもある。DSCN8524.-1JPG

どんな料理をつくるのか。
食材を見ながらメニューを考える。DSCN8528-1

「サラダは基本でしょ」と、
オーガニックのサラダ野菜を選ぶ。DSCN8538-1

そして会計。
DSCN8545-1

1人30ドルで5人で150ドル。
結構なディナーメニューができそうだ。DSCN8553-1

今日の最後は、
スーパーマーケットの2強対決。
道路を挟んで、
アルバートソン傘下のボンズと、
クローガー系のスミス。

そのボンズ。
もともとは、
南カリフォルニアのローカルチェーン。
それがセーフウェイに買収され、
現在はアルバートソンに合併されて、
アルバートソン傘下。
IMG_6682-1

セーフウェイは花売場が強い。
この店もバルーンを使って、
華やかに展開する。
IMG_6680-1

シックな床面とスポット照明の青果部門。
PBの「Oオーガニック」を主力で展開する。IMG_6671-1

ミート売場のマザーズ・デーの仕掛け。
ヨガをする母親の風船が浮かんでいる。IMG_6669-1

対面のシーフード売場。
残念ながらコンベンショナル型の店舗で、
お客は少ない。
IMG_6672-1

アルバートソン&セーフウェイは、
合併で規模を拡大したが、
そのメリットはほとんどない。

最後に、スミス。

「グレイザーズ」という単独店が廃業し、
その後に居抜き出店した店舗だ。
DSCN8589-1
グレイザーズは、
ラスベガスの1店舗だけの企業だった。
オーナーのグレイザーさんは、
東海岸でチェーン経営をしていた。
引退してラスベガスにやってきて、
趣味的に経営し始めたのがこの店だ。

しかし高齢となって引退し、
その店にスミスが入った。

入口にスキャン・バッグ・ゴーの端末。
お客自身がこの端末で、
バーコードをスキャンしながら買物して、
最後に、レジで一括カード決済する。IMG_6712-1

入口を入ると花売場。
この見事なプレゼンテーション。
迫力がある。
IMG_6714-1

「ホーム・シェフ」とネーミングされた、
独自のキットメニュー。
ホールフーズも最近強化しているが、
スミスも一丁目一番地で展開している。IMG_67309

青果部門も広くて豊富だ。
ウェグマンズの市場スタイルに似てきた。IMG_6710-1

青果部門の向かいに、
ショップ形式でバルク売場が作られた。
IMG_67279

壁で隔てられた左翼のデリゾーン。
広さを有効に活用した、
気持ちのいい売場だ。
基本構造はグレイザーズそのもの。IMG_6729-1

「ボアーズ・ヘッド」の大きな看板。
この大きさのものは初めて見た。IMG_6688-1

チーズショップのマレーズ。
クローガーが買収した、
ニューヨークのブランド。IMG_6689-1

店舗奥壁面の長大な売場。
クローガーの定番だが、
精肉、乳製品などが多段ケースで連なる。IMG_66919

ゴンドラアイルには、
グロサリーが圧倒的な商品構成で並ぶ。

ビューティー用品も、
グレイザーズ時代より魅力的だ。IMG_67009

この広大な売場に、
これでもかと商品展開される。
クローガーの実力が発揮されている。IMG_67029

牛乳は1ガロン2.69ドル。
ウォルマートに対抗する価格だ。IMG_67019

エンドでは代表的なPBが紹介されている。
エコノミーブランドのクローガー。
ライフスタイルブランドは、
シンプル・トゥルース、
クォリティブランドは、
Private Selection。IMG_67089

そして最後はファーマシー。
クローガー系の会社は、
必ずフード&ドラッグである。DSCN8587-1

ここまで差がつくかと思わせるような、
食品小売業2強の戦いだ。
ボンズはガラガラ、スミスは大繁盛。

かつての「業態」のまま進化のない店。
新しいフォーマットへと展開した店。

圧倒的な格差を、
米国食品小売業の2強が演じてくれた。

これもマーケットリーダーと、
マーケットフォロワーの、
格差によるものだ。

そしてこれは同時に、
ポジショニング戦略の有無による、
決定的な格差をも示している。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2019年5月7日(火)~5月13日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベガス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年6月4日(火)~6月6日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2019年5月
« 4月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.