結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年05月02日(木曜日)

「前日と翌日が祝日の祝日」のプラグマティズム考

曜日の感覚がなくなった。
木曜日だ。

今日の5月2日は4月29日と並んで、
この10連休で最も根拠の薄い祝日だ。

国民の祝日に関する法律第3条第3項。
「前日及び翌日が”国民の祝日”である日は
休日とする」

昨日の5月1日が1年限りの、
天皇即位による祝日となって、
今日は「前日と翌日が祝日の祝日」。

私は飛び石連休というのは、
いい制度だったと思っているが、
「前日と翌日が祝日の祝日」など増えると、
飛び石連休は撲滅されてしまう。

商売としてみれば、
飛び石のほうが、
顧客を楽しませる工夫の余地が、
はるかに多いのではないかと思う。

それでも今日は10連休のなかで、
商売にとって一息つく日だ。

アメリカの祝日には、
安易な変更が多い。

1968年に「月曜休日統一法」制定。
英語では「Uniform Monday Holiday Act」
これによって多くの祝日が、
月曜日にスライドした。

1月1日のNew Year’s Day。
これは変えようがない。
1月第1週月曜日、にはできない。

1月第3月曜日が、
Martin Luther King Day。
キング牧師誕生日は1929年1月15日だが、
今年のこの祝日は1月21日となった。

2月第3月曜日が、
Presidents’ Day。
初代大統領ジョージ・ワシントンと、
第16代大統領エイブラハム・リンカーン。
二人の2月生まれの偉大な大統領の、
誕生日を祝う祝日。

ワシントンは1732年2月22日生まれ、
リンカーンは1809年2月12日の誕生。

だから2月第3月曜日はまあ妥当か。

5月最終月曜日が、
Memorial Day。
“戦没者追悼記念日”。

南北戦争で亡くなった兵士を称える日、
それがすべての戦没者を追悼する日となり
今年は27日。

7月4日は、
Independence Day。
アメリカ合衆国の独立記念日。
1776年7月4日に独立宣言が採択された。
それを祝う日。

9月第1月曜日は、
Labor Day。
「労働者の日」だが、今年は9月2日。

10月第2月曜日が、
Columbus Day。
クリストファー・コロンブスが、
1492年10月12日に北アメリカ大陸を、
発見し到着した日を記念する祝日。

これも第2月曜となって、
今年は10月14日。

11月11日が、
Veterans Day。
“退役軍人の日”。
第一次世界大戦の休戦条約締結日が、
1918年11月11日で、
それを記念した祝日。

このベテランズデイは一度、
10月第4月曜日に設定されたが、
米国軍退役軍人会や多数の州、自治体が、
この安易さに反対して、
1978年から11月11日に戻された。
軍人の力は強い。

そして11月第4木曜日は、
Thanksgiving Day。
感謝祭の祝日。
メイフラワー号で宣教師たちが、
イギリスからアメリカへで移住した。
その最初の収穫のときに、
移住の際に助力した原住民に、
感謝の祝宴を開いた。

それに由来する祝日。

月曜日への移行ではなく、
もともとの木曜日が感謝祭の日で、
この週はサンクスギビング週間である。

そして12月25日が、
Christmas Day。
キリストの誕生日の祝日。
これも動かせない。

こうしてみると5日の祝日には、
根拠がある。
New Year’s Day
Independence Day
Veterans Day
Thanksgiving Day
Christmas Day

それ以外の5日は、
Uniform Monday Holidayである。

このアメリカ人の安易さというか、
プラグマティズムというか、
私はあまり好まない。

日本はこの点ではアメリカとは、
一線を画すのがいいと思うのだが。

しかし、プラグマティズム。
アメリカを代表する哲学で、
実用主義、実際主義などと訳される。
41DEcEpYrtL._SX347_BO1,204,203,200_

日本のチェーンストア理論などにも、
この考え方が転用された。

その代表者ウィリアム・ジェイムズの表現。
「最初のものから顔をそむけて、
最後のものに向かおうとする態度」

最初のものとは、
原理、範疇、仮想的必然性など。
最後のものとは、
結実、帰結、事実など。

ピーター・ドラッカーの
「基本や原則を補助線として使え」は、
プラグマティズムの影響を受けている。

中国の指導者・鄧小平に、
「白猫黒猫論」がある。
「白猫であれ黒猫であれ、
鼠を捕るのが良い猫である」
51KG8Ajin+L._SX358_BO1,204,203,200_

しかしこれは本来、
四川省の古いことわざで、
鄧小平が好んで使ったのは、
「黄色い猫でも、黒い猫でも、
鼠を捕るのが良い猫だ」

英語では、
“Yellow cat, black cat,
as long as it catches mice,
it is a good cat.”

鄧のいう「黄色い猫」とは、
従来の中国共産党のイデオロギーだった。

鄧小平は1904年生まれ、1997年没。
毛沢東は1893年から1976年。

西郷隆盛が毛で、
大久保利通が鄧だとたとえると、
当たらずとも遠からずか。

この鄧小平のプラグマティズムが、
現在の中国の根拠になっている。

「強いものが勝つのではない、
勝った者が強いのである」

これもプラグマティズムの考えだが、
この思想や精神に関しては、
商売にも仕事にも有用である。

さて今日はその根拠の薄い祝日に、
湘南シーサイドカントリー倶楽部。
プライベートゴルフ。

メンバーは玉生弘昌さんを中心に、
中村武郎さんと牧野豊さん。
玉生さんは㈱プラネット会長で、
一般社団法人流通問題研究協会会長。

全員74歳の、玉生さんのご友人で、
そこに私が、加えていただいた。IMG_60689

開場は1967年。
相模湾に流れ込む、
相模川の河口に造られた河川敷コース。
海も近いし、大河沿いでもある。

面白いのは、アウトもインも、
ともにパー5とパー3が3ホールずつある。
したがってパー4も3ホール。

普通のコースはパー4が5ホールで、
パー5、パー3が2ホールずつ。

ヤシの木などたくさん配置されて、
南洋のイメージもある。IMG_60769

1番ホールと8番ホールは、
大きな池を巡るコース設定で、
私は好きだ。
IMG_60779

玉生さんのアプローチショット。IMG_60719

これはアイアンショットのアドレス姿。IMG_60759

距離はないけれど、
さまざまな仕掛けがあって、
楽しめる。
IMG_60729

52年の歴史があるので、
古木もある。
IMG_60739

曇り空から始まり、
小雨がぱらついて、
最後は快晴の初夏のような天気。IMG_60749
存分に楽しんだ。

さて朝日新聞一面の「折々のことば」
今日は第1450回。

類は友を呼ぶ
(ことわざ)

編著者の鷲田清一さん。

「気の合う者は、
自然と集まり、仲間となる」

「思いや好みの通じる人たちが
寄り集まるのは、
異質なところがあまりなくて、
心をほどいていられるから」

玉生さん、中村さん、牧野さんが、
まさにこれだ。

「でも、友人であるというのは本来、
“もう一人の自分”をもつことではなく、
自分のことを自分とは違う眼で
見てくれる人がいることであるはずだ」

ラウンドが終わって、
お茶を飲みながら、
小一時間、皆さんと歓談したが、
この鷲田清一さんの「友人論」は、
すごく当たっていると感じた。

「じっさい、
つきあいも長くなると、
逆に相手との違いが
より微細に見えてくる」

その通りだ。

しかし現代中国を創った鄧小平と毛沢東。
本当の友人だったのか。

鄧小平のプラグマティズムが、
今の習近平に引き継がれて、
中国を世界第2の経済大国に変貌させた。
これは確かだ。

今日のラウンドがあるのも、
安易な休日制度のお陰ではあるから、
それにはちょっとだけ感謝した。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • アメリカ視察研修ツアー USA視察Specialコース2019年10月2日(水)~10月8日(火)<5泊7日>開催場所:ワシントンDC、リッチモンド、NY
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.