結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年05月01日(水曜日)

令和元年初日に思う「二つ目の大事な日」

令和の新天皇の即位は、
2019年5月1日午前零時。
もちろん令和元年である。

今上天皇となった浩宮さまは、
実はもう59歳。
tennnousokui 19

1960年の昭和35年生まれ。

一つ年上に、山口百恵さん。
一つ年下に、バラク・オバマ前米国大統領。

いずれも引退している。

今上天皇は、いわば高齢でのご就任。

奈良時代の光仁天皇が60歳で即位して、
それに次いで2番目の高齢。

皇后に即位した雅子さまは、
1963年生まれの55歳。
2天皇即位9
お二人とも健康に留意して、
平成天皇ご夫妻と同様に30年間は、
新しい象徴天皇をつくり上げることに、
力を合わせて精進してほしい。

つまり89歳、あるいは、
切りのいいところで90歳まで現役。
僭越ながら、「頑張れ!」

「ほぼ日刊イトイ新聞」の糸井重里。
img_message-448x484

「平成は一気に遠くなりにけり」

同感だ。

4月1日に新元号発表の山場があった。

平成の出来事を振り返ったり、
天皇皇后両陛下の歩みをたどったり、
「いよいよその時が来るという
準備にそわそわしていた」

「ぼくらもだんだんと、
大晦日からの年越しみたいな
心持ちになりはじめた」

除夜の鐘が鳴るわけでもないし、
紅白歌合戦があるわけでもないのに。
そしてあちこちで、
“カウントダウン”があった。

「で、12時を過ぎたら、
なんだか普通の時間になっていた」

「お祝いの夜中を
たのしみにしていたのだけれど、
あらま、
そういうものではなかったのね」

そう、一気に普通の生活に戻った。

それでも糸井重里。
「ぼくは”王様”を好きでいられることを
幸せに思う」

これにも同感。

スーパーマーケットの店頭でも、
「おめでとう 令和」IMG_60629

コンビニの棚には「令和」商品が並んだ。IMG_72799

酒売場にも「慶祝 令和」
IMG_60659
大吟醸の「令和」ブランド。
IMG_60669
小売業や消費産業は大いにやるべし。

しかしこれも普通の生活に戻る。
マーケットはクールだ。

拝察するに、その一方で、
新天皇皇后両陛下の重い日々は続く。

安倍晋三首相は今年2月23日に、
通算在職日数が2617日となって、
吉田茂元首相を抜いた。
吉田は麻生太郎副総理の祖父だ。

そして戦後単独2位の長さとなった。
歴代では現在4番めの長期政権。

さらに今年6月7日には、
伊藤博文を超えて歴代3位、
8月24日には佐藤栄作を抜いて歴代2位。
佐藤元首相は安倍晋三の大叔父にあたる。

そのうえ今年11月20日には、
桂太郎を上回って、
史上最長の内閣総理大臣の任期となる。

順調ならば2021年9月まで、
記録を更新し続ける。

それでも10年に満たない。
平成天皇はその3倍、
今上天皇もそれを目指す。

吉田茂は、
戦後日本の実質的な独立を勝ち取った。
index

日本初代首相の伊藤博文は、
大日本帝国をつくり上げた。
51Qhi0V4QPL._SX348_BO1,204,203,200_

佐藤栄作は沖縄返還に力を注ぎ、
ノーベル平和賞を受賞した。
51sczJgWpVL._SX320_BO1,204,203,200_

そして桂太郎は、
日露戦争を勝利に導いた。
41CckBcEaAL._SX346_BO1,204,203,200_

安倍晋三は何をやれるのか。
何を残すのか。

それこそが問われる。
長いだけではいけない。

昭和天皇は64年、
平成天皇は30年、
それを目指す今上天皇。

天皇礼賛をするつもりはないが、
「頑張れ!」と応援したくなる。

ヨーロッパをリードするのが、
イギリスとフランス。

しかしイギリス人とフランス人。
ひどく仲が悪い。

1337年から1453年にわたって、
隣国同士で「百年戦争」を戦ったほどだ。

イギリスの「ユーモア」、
フランスの「エスプリ」。

対照的だ。

そのフランス人が、
ひとつだけイギリス人に対して、
うらやましいと思うことがある。

それは「王」の存在だ。

イギリスは1688年の名誉革命で、
王室を残した。

だからいまでもエリザベス女王が健在だ。
81opRF-TcZL._SY445_

現エリザベス2世は、
なんと1952年に即位して、
67年間も在位する。

一方、フランスはフランス革命で、
1793年にルイ16世をギロチン台に送り、
王室制度を廃止した。

そのことをフランス人は悔やむ。

いま私も、
イギリス人や糸井重里と同じ心境。
フランス人やアメリカ人は、
そして中国人や韓国人も、
心の底でイギリス人や日本人を、
うらやましがっている。

「王様を好きでいられることを
幸せに思う」

最後にマーク・トウェインの言葉。
「人生で一番大事な日が
二日ある。
生まれた日と、
なぜ生まれたかが
わかった日である」
51L+n8Xi3AL._SX333_BO1,204,203,200_

今上天皇は今日、
二つ目の大事な日を、
深く自覚された違いない。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • アメリカ視察研修ツアー USA視察Specialコース2019年10月2日(水)~10月8日(火)<5泊7日>開催場所:ワシントンDC、リッチモンド、NY
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.