結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年05月16日(木曜日)

「2019年版惣菜白書」から中食市場の新しい奔流を読み取る

新緑の気持ち良さ。
IMG_69849

「滔々たる荒川のほとり、
万緑の河畔あくまで緑。
その緑の中に一点
紅を点ずる者あり。
その名をお袖といふ」

この季節になるといつも、
口を突いて出てくる。
『人生劇場』二番の前口上。

今日は午前中に、
白幡文化スポーツ事業団の会計監査。
地域への私のほんの少しのご奉仕。

午後は東京駅へ。
IMG_69919

丸の内北口の天井。
IMG_69929

日本の首都の表玄関として誇らしい。
IMG_69939

それから徒歩で10分、
大手町プレイスウェストタワー。IMG_69859

フルクルタクシーが走っている。
km自動車が始めた迎車料金無料タクシー。
もう都内に1000台走行している。
IMG_69869
車体はロンドンのタクシーと同じで、
乗りやすいし車内空間が広い。

さて、商人舎流通Supernews。

日本惣菜協会news|
’18年惣菜市場10兆2518億円で9年連続伸長

「2019年版惣菜白書」が発表された。
一般社団法人日本惣菜協会の調査。
hakusho2019

協会による「惣菜の定義」――。
「市販の弁当や惣菜など、
家庭外で調理・加工された食品を
家庭や職場・学校・屋外などに
持ち帰ってすぐに
(調理加熱することなく)食べられる、
日持ちのしない調理済食品」

事業所向け給食、および、
調理冷凍食品やレトルト食品など
比較的保存性の高い食品は除外される。

惣菜をさらに分類すると、
5つに分けられる。
⑴米飯類
⑵調理麺
⑶調理パン
⑷一般惣菜
⑸袋物惣菜

このうち世間で「惣菜」と呼ばれているのは
⑷の一般惣菜で、和・洋・中華の惣菜、
そして煮物、焼物、炒め物、揚物、
蒸し物、和え物、酢の物、サラダなど。

⑴から⑸まであるということは、
「白書」が範囲とする「惣菜」は、
「中食」のこととなる。

「惣菜白書」に3つの市場が示されている。
2017年の内閣府「国民経済計算」より。
①内食市場35兆3281億円
②中食市場10兆0555億円
③外食市場25兆6561億円

これらを合算した食品市場は、
71兆0397億円。

私は1995年、
㈱商業界食品商業編集長時代に、
「中食市場動態調査研究会」に、
「専門委員」として参加した。

毎月1回ずつ議論を重ねて、
1年経過すると報告書を出した。

農林水産省が主催して、
座長は故田内幸一先生だった。
当時、日本大学商学部教授、
そして一橋大学名誉教授。
bookoffonline_0015825430

㈱ロック・フィールドの岩田弘三さん、
㈱柿安本店の赤塚保さんが、
忙しいのに毎回、出席して、
持論を展開してくださった。

コンビニのバイヤーも参加していたし、
総合スーパーのバイヤーも顔を連ねた。
食品スーパーマーケットからは、
誰も選ばれていなかったと記憶している。

この研究会は3年ほど続けられて、
日本で初めて「中食」が正式に認知された。

日本は惣菜のメニューが豊富だ。
それは「中食市場」ととらえたからだ。

アメリカではドイツ語を借用して、
「デリカテッセン」と呼ばれるし、
「デリ」と略される。

「デリカ」は日本語。

米国のデリカテッセンは、
加工肉とチーズを中核として、
そこにサラダをはじめとする、
調理済食品が加わってくる。
IMG_6688-1-448x336

プリペアードフードの開発は、
ウェグマンズの貢献が大きい。
DSCN8286-1-448x336

日本惣菜協会の⑸袋物惣菜は、
「容器包装後低温殺菌され、
冷蔵にて1カ月程度の日持ちする
調理済包装食品」

ポテトサラダ等のサラダ、
肉じゃが、鯖の味噌煮など。

この分類の定義を見ていると、
多分にコンビニ業態の影響を受けている。

コンビニはまず、
⑴米飯と⑷一般惣菜を開発した。

その次に⑵調理麺、⑶調理パン、
そして今、⑸の袋物惣菜が伸びる。

さらに新たに、
レトルト惣菜や冷凍食品惣菜が、
伸びている。
7-11_20181127

つまりこれまでの定義では、
除外されていた領域だ。

2018年度の市場規模は10兆2518億円。
前年対比102.0%。

しかも2009年から9年連続の伸長である 。

souzai_20190516_09

業態別のスケール。
⑴コンビニ3兆3074億1600万円
⑵食料品スーパー2兆6824億1400万円
⑶総合スーパー9481億3700万円
⑷百貨店3596億3100万円
⑸専門店・他2兆9542億4600万円

⑴コンビニと⑵食料品スーパーは、
どちらも前年比102.4%。
⑶総合スーパーの伸びは102.9%。
⑸専門店・他は101.2%。

⑷百貨店だけが98.7%とマイナスである。

マーケットシェアは、
⑴コンビニが32.3%/0.2ポイント増
⑵食料品スーパーは26.2%/0.1ポイント増
⑶総合スーパーは9.2%/変わらず
⑷百貨店は3.6%/0.1ポイント減
⑸専門店・他29.0%/0.2ポイント減

惣菜の業態として、
市場をけん引するのは、
コンビニとスーパーマーケットである。

2016年に9兆8399億円だったが、
2017年に10兆円大台を超えて、
10兆0555億円。

そして2018年が10兆2518億円。
前年比2%強ずつ拡大している。

ここにレトルト惣菜と冷凍食品惣菜が、
確実に加わってくる。

そしてそれは、
家庭内にどんどん入り込んで、
内食を侵食していく。

宅配ビジネスやオンライン商売にも、
フレッシュ惣菜よりも乗りやすい。

同時にテイクアウト惣菜は、
外食をも飲み込んで、
「グロサラント」化していく。
「イータリー化」していく。
IMG_6556-1-448x336

もちろんいまだ、
「グロサラント」は、
収益性に大きな問題を抱える。

そしてこの面では、
10月の軽減税率導入の壁も立ちはだかる。

しかしそれらの課題は、
必ず解決されて、
惣菜と中食市場は、
食生活最大の成長領域になるに違いない。

それはこれらの概念の真ん中にある、
「家庭」や「ホーム」が変質し、
溶解し、拡散していくからだ。

したがって、
内食・中食・外食の枠を超えた、
新しいビジネスモデルが、
惣菜領域を席巻していくのである。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.