結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年09月27日(金曜日)

「手習ヒ習練」とAEON Organic Allianceの「虫瞰図の眼」

㈱カメガヤの亀ヶ谷純子さんから、
毛筆の丁寧なお便りをいただく。IMG_08769

ほぼ毎月のことで、
心から感謝したい。IMG_08779
月刊商人舎へのお礼のお便り。

ありがとうございます。
頑張ります。

今日は1日、横浜商人舎オフィス。
夕方になって、
理解度テストやレポートに目を通す。IMG_08799
商人舎ミドルマネジメント研修会では、
2日目と3日目の朝、
理解度テストをする。
修了後にはレポート提出を課している。

9月10日・11日・12日、
第16回研修会が開催され、
そのレポートが少しずつ提出されてきた。
DSCN92589-448x332
いずれも真摯な内容で、
時には、読んでいて、
グッとくるものもある。

今月の商人舎標語。
そして[Message of September]

地べたを這いつつ、
宇宙を見よう。

地べたを這いつつ、
宇宙を見る――。
「虫瞰図の眼」。
虫の視線ではるか宇宙まで見通す。
作家で運動家だった小田実のスタンス。

虫の眼、鳥の眼、魚の眼。
そして心の眼。
商人の眼。消費者の眼。
つくり手の眼、卸し手の眼、売り手の眼。
三方良しの眼。

米国小売業には、
アメリカン・ドリームがある。
ウォルマートのサム・ウォルトンは、
その新世界の壮大な夢を実現させつつ、
米国自由勲章を受賞した直後に逝った。

米国IT産業にも今、
同じくアメリカン・ドリームがある。
彼らはコンピュータ実務の地べたを這いつつ、
シンギュラリティ*の宇宙を見ている。
21世紀の夢に日付をつけて。

そしてこの新世界の新世紀の夢には、
地べたの眼で宇宙を見ることが必須だ。
私たちもアメリカを歩くことで、
そんな夢に共鳴することができる。
そんな夢を共創することができる。

米国50州とワシントン特別区。
そのすべての都市圏に21世紀の夢がある。
すべての都市圏に独自の競争構造がある。
すべての都市圏にそれぞれの変容がある。
すべての都市圏に地べたと宇宙とが同居する。

地べたを這いつつ、
宇宙を見よう。
虫の視線ではるか宇宙まで見通そう。
虫瞰図の眼をもってアメリカを歩こう。
虫瞰図の眼を活かして「今」を変えよう。
〈結城義晴〉
P

ミドルマネジメント研修会の諸君も、
地べたを這いつつ、
宇宙を見てほしい。

虫瞰図の眼をもって、
仕事に励んでほしいし、
読書も勉強も続けてほしい。

中日新聞の巻頭コラム「中日春秋」

「ドイツの哲学者ショーペンハウアーは、
文筆を仕事にする人に向けて述べている」

知者のごとく思索し、
しかしだれもが使う言葉で語れ…
ふつうの言葉を用いて、
非凡なことを語りなさい。
(『読書について』より)
71Adzkc+mRL._AC_UY436_SEARCH213888_QL65_ML3_

熟練のコラムニストも述懐する。
「普通の言葉で非凡なことを――
その難しさに悩み続けてきた身には、
耳に痛い」

同感だ。

今日も「折々のことば」で恐縮。
朝日新聞一面のカコミ。
第1593回。

鷲田清一さんの編著。

手習ヒ始メハ
音ノ大ナルモノナリ。
習練ヲ遂ゲテ
音ノ小サクナルモノナリ。
(明治期の雅楽奏者)

雅楽演奏家・作曲家の芝祐靖(すけやす)
随想「また始めた[手習い]」の中で、
明治時代の笛奏者の講演原稿を引用。

その一節。

たゆまず練習に励めば、
「山ヲ昇リ 峯ヲ越ヘテ
坂ノ下リニナリテ
平地ニ出ルガ如ク」なる。

「技ノ手訓(てなるる)」とは、
そういうことだ。

鷲田さん。
「人の語りにも同じことがいえよう」

何かを習う時はもちろん、
ものを書く時にも、
仕事を習得するときにも。

山を登り、峰を越えて、
坂の下りになって、
平地に出るようになる。

ラグビーワールドカップ日本代表も、
ゴルフの渋野日向子も畑岡奈沙も、
テニスの錦織圭や大坂なおみも、
野球の大谷翔平も、
将棋の藤井聡太も、
その期間はものすごく短かっただろうが、
同じような経緯をたどったに違いない。

さて最後に、
商人舎流通スーパーニュース。
イオンnews|
国内小売業初「イオンオーガニックアライアンス」を始動

イオン㈱が10月から、
AEON Organic Allianceを始動する。
農産物の生産・調達・加工・物流・販売機能を、
一元管理するプラットフォームだ。
aeon-2

これはいい。

日本における有機JAS認定を促進させる。

現在、オーガニック生産者は、
総農家数のわずか0.2%に過ぎない。

イオンアグリ創造㈱は、
全国20カ所で直営農場を運営する。

この農場を拠点にして、
全国にオーガニック農場を増やし、
それをサポートする。

これはいい。

しかしこのプラットフォームづくりも、
「山ヲ昇リ 峯ヲ越ヘテ
坂ノ下リニナリテ
平地ニ出ルガ如ク」であるし、
地べたを這いつつ、
宇宙を見なければならない。

虫瞰図の眼が必須である。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.