結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年09月07日(土曜日)

ビギナーズコースHawaii2日目のトンガリ店舗群の「ALOHA」

ALOHA。

「アロハ」には多様な意味がある。

ようこそ、
さようなら、
ありがとう、
And, I love you。

Akahai=思いやり
Lokahi=調和
Olu’olu=喜び
Ha’a Ha’a=謙虚
Ahonui=忍耐

5つのハワイ語の頭文字を綴って、
ALOHA。

さらに、意味は重なる。
HAは「神様からの贈り物、そして命」の名詞、
ALOは「~の前に」の前置詞。

したがってALOHAは、
「神様の贈り物の前にひざまずく」
そんな意味を持つ。

ハワイの人々はずっと、
愛や尊敬を忘れず、
親切に、寛容に、謙虚に、
生きてきた。

ALOHAの心で。

そんな心をもって、
ハワイの店を巡る。

まず、ホールフーズ。
ハワイのALOHAに、
ぴったりの精神を持った企業。IMG_04379

到着するとすぐに、
ローレンさんからレクチャーを受ける。DSCN88849

ミッシェルさんが、
ハワイ産のパイナップルを、
ダイスカットして配ってくれる。IMG_03689

そしてこの店の説明。
IMG_03699

通訳はいつものニッキーさん。DSCN88869

各部門の売上高データを用意してくれて、
全部門の説明と質疑応答。
シーフード部門はミート部門から
独立していて、しかもこの店では、
ミートよりも売上高が高い。DSCN88879

ミート部門でもチームリーダーが、
誇らしげに説明してくれた。DSCN88939

乳製品はホールフーズにとって、
とても大事な部門だ。
牛乳だけでなく、
山羊のミルクや豆乳の品揃えを、
充実させている。
DSCN88989

ぐるりと回ってホールボディまで,
部門別に説明を受けた。
ホールボディのチームリーダーは、
メリッサさん。IMG_03829
ホールフーズは、
部門長だとか部門Managerと呼ばない。
チームリーダーである。

最後に細かい点まで、
質疑応答。
IMG_03839

そして全員で写真。
IMG_03939

私はローレンさん、ミッシェルさんと、
シャカのポーズ。
DSCN89099
ありがとうございました。

ホールフーズの青果部門は、
店と会社の看板である。
IMG_04339

オーガニックとナチュラル、
そしてバルク売場。
IMG_04329

ローカルの「地産地消」を謳う、
「アイランド・プロデュース」のボード。IMG_04029

そしてバナナの売場の美しさ。IMG_04049

その後ろにパイナップルの売場。IMG_04079

やはり青果部門はホールフーズの顔だ。IMG_04099

シーフードはミートを凌ぐ。IMG_04089

そのミート部門の対面売場は、
セーフウェイなどを圧倒する。IMG_04119

ハワイ産のローカルの牛肉。IMG_04139

鮮度とクォリティは、
ハワイ随一だ。
IMG_04149

ミート部門とシーフード部門は、
日本と同じように分かれている。
しかしこれはアメリカでは、
ホールフーズだけだ。
IMG_04159

そして重要な乳製品部門。
ベジタリアンのなかに、
ラクトオボベジタリアンがいる。
青果と乳製品だけを食べる人たち。
だからホールフーズにとって、
この部門は極めて重要だ。IMG_04169

店舗右翼はベーカリーからデリまで。IMG_04179

ワインとチーズとチョコレートは、
スペシャルティ部門。
ホールフーズだけの、
独特な部門である。
IMG_04189

寿司コーナーだけは、
コンセッショナリーを入れている。IMG_04209

そして圧巻のセルフデリ売場。
右手は対面のサービスデリコーナー。IMG_04279

自分で好きなアイテムを、
好きな量だけ取って食べる。
憧れの食事だ。
IMG_04229

対面のサービスデリには、
ローカルフレーバーと謳っている。IMG_04239

バリスタコーヒーサービスから、
チェックスタンドまでを俯瞰する。IMG_04269

店舗中央左翼側には、
非食品の「ホールボディ」。
IMG_04319

チェックスタンドは、
ホールフーズらしいフランクさで、
対応してくれる。
IMG_04349

店の入り口には、
エコバッグがずらりと並ぶ。
観光客が爆買いしていく。IMG_04359
ハワイのホールフーズ。
ALOHAの精神そのものだ。

隣にロングスドラッグ。DSCN89419

カリフォルニアのローカルチェーンが、
ハワイに進出した。
それがCVSヘルスの傘下に入った。IMG_04399

普通のドラッグストア。
DSCN89429

その隣に、
ダウン・トゥ・アースの新店。DSCN89449

ハワイの健康食品スーパーマーケット。IMG_04499

青果部門はオーガニック中心。IMG_04519

しかしホールフーズのような、
華やかさや網羅性はない。IMG_04509

バルク売場は充実している。IMG_04469

ヘルス&ビューティーケアは、
これもホールフーズのホールボディと、
別の意味で充実させて対抗している。IMG_04449

グロサリーや冷凍食品は、
絞り込まれている。
IMG_04459

そしてセルフデリ売場。
ホールフーズと比べると、
質素な感じだ。
IMG_04429

サービスデリは、
蓑をかけた屋根をつくって、
ショップ形式で展開する。
しかし午前中は商品を出していない。IMG_04439

一番奥にイートインコーナー。IMG_04419
ダウン・トゥ・アースの最新店は、
1万5000平方フィート(420坪)。
意欲的な試みはわかるが、
ホールフーズに近接すると、
質素な感じは否めない。

そしてターゲット。IMG_04769
ウォルマートのライバル。
同じ業態を展開する。

入口トップには、
早くもハロウィンの告知。IMG_04549

マスコットの犬。
IMG_04559

華やかなレディースアパレルから入る。
もちろんマネキンはビキニの水着。IMG_04569

広大な5000坪の売場。
IMG_04589

ミセス用のマネキンはちょっと太め。IMG_04599

そして気合が入っているのは、
ハロウィンのプロモーション。IMG_04609

ウォルマートを凌ぐ。
今年のターゲットは、
大きく変わりそうだ。
IMG_04619

食品売場はコンパクトで、
コンビニエンスニーズに応える。IMG_04629

ドラッグストアはロングスが入る。
ターゲットとCVSヘルスが同盟しているからだ。IMG_04639

天井を張って、床はピカピカ。
そしてコーポレートカラーの赤が、
ウォルマートとの違いをくっきりさせる。
価格帯はウォルマートより高く、
センスやグレードもちょっと高い。IMG_04749

郊外に出て、
コストコホールセール。

4店舗で18.8%と
ホノルルエリアで最も高い占拠率を誇る。
IMG_0519-1

フレッシュプロデュース。
部屋自体が冷蔵庫になっていて、
新鮮な青果が山積みされている。IMG_0504-1

30ロールのトイレットペーパーは、
19.99ドル。
コストコのPBカークランド。
このアイテムだけで年間、
1000億円を売り上げる。
IMG_0506-1

売場のいたるところで
試食を展開する。
プロモーションはこれだけ。IMG_0508-1

ハワイらしいアイテム。
紳士用アロハは、
1枚19.99ドルで安くていい。IMG_0509.-1JPG

サーフボードも目玉商品。
DSCN8993-1

アプリ会員を募集中。
これは極めて便利だ。
IMG_0512-1

団員はお土産をコストコで調達。
どこよりも量があってお買い得だから、
店の仲間へのお土産に最適。IMG_0516-1

ホノルルのダウンタウンに戻ってきて、
ホールフーズ・クイーンズ店。
ハワイ最大の3号店。
メインランドを含めても、
五本の指に入る店だ。
IMG_0556-1

青果部門のこの美しさ。
IMG_0520-1

青果から対面のシーフード売場へ。
ハワイのローカルフード、
ポケも品揃えする。
IMG_0524-1

対面のミート売場。
枝肉から卸すが、
シースルーでその作業場が見える。
IMG_0526-1

ホールフーズでは、
家畜のストレスのない飼育状況に応じて、
5段階評価基準を設けている。
それを売場ガラス面で案内する。IMG_0529-1

乳製品からデザートのコーナー。
湾曲した壁面デザインのこの美しさ。
IMG_0530-1

ワイン売場からデリへと続く、IMG_0531-1

デリ壁面はショップ構成。
IMG_0537-1

セルフセレクションのデリは、
どの店でもホールフーズの看板だ。IMG_0536-1

店舗左翼側の入口に設けられたバー。
イートインスペースも兼ねる。
IMG_0542-1

2階のイートインコーナー。
斬新な都会的デザインは、
都心部のホールフーズの真骨頂だ。IMG_0546-1

さらに続くイートインスペースも、
きらめくような空間をつくっている。
IMG_0550-1

2階から全体を俯瞰する。
芸術的な店舗である。
ハワイを訪れたら必見。
IMG_0545-1

地元スーパーマーケットの最新フォーマット。
フードランド・ファームズ。
アラモアナセンターに出店した旗艦店。
IMG_0559-1

グロサラントの要素を強めた意欲作だが、
入口の青果は素晴らしい出来栄え。IMG_0561-1

店舗壁面のデリゾーン。
対面のショップ形式を採用する。IMG_0562-1

店舗の中央に、
対面販売方式のポケ売場。
これはホールフーズにもない。IMG_0564-1

インストアベーカリーが一番奥にある。IMG_0565-1

セルフデリも充実させて、
これもホールフーズを意識している。IMG_0566-1

そして店舗中央にはバーがある。
これがこの店の集客装置で、
明るいうちから顧客が集まっている。IMG_0568-1

デリの反対側の壁面には、
生鮮の売場が並ぶ。
そのなかの対面の鮮魚売場。IMG_0571-1

そして対面のミート売場。
こちらはちょっと閑散としている。IMG_0577-1

最後のコーナーは、
美しいHBCの売場。
土産物も揃う。
IMG_0579-1

店舗の入り口に設けた
イートインスペースを兼ねる、
フードコート。
DSCN9028-1
地元スーパーマーケットとして
フードランドも大いに健闘している。

最後の視察は、
ウォルグリーン。DSCN9047-1

2層の店舗で、
2階がHBC売場と調剤薬局。
IMG_0594-1

ガラス窓から光が入り、
実に開放的な売場だ。
IMG_0590-1

1階はコンビニ機能のマーケット。
即食商品が並ぶ。
IMG_0596-1

コンビニ機能と土産物屋の機能を、
このハワイの旗艦店は併せ持つ。
一角にはハローキティコーナー。IMG_0599-1
この店もウォルグリーンのなかで、
五指に入る出来栄えだ。

ハワイのトンガリ店舗は、
店を訪れるだけで、
ALOHAな気分になる。

初日はウォルマートとセーフウェイ、
そしてドンキ傘下となったタイムズ。

今日の二日目は、
尖がったフォーマットばかりを巡った。

ビギナーズコースといえども、
最高の店を訪れるし、
しっかり学ぶ。

それが商人舎のモットーです。
それが商人舎のALOHAです。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2019年9月
« 8月  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.