結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2012年02月14日(火曜日)

ネイバーフッド・グロサリーストア「トレーダー・ジョー」熊さんインタビュー

ロサンゼルス・ステイプルズ・センターで、
第54回グラミー賞授賞式開催。

アカデミー賞が映画であるのに対して、
グラミー賞は音楽。
アデルが、6部門で受賞
イギリス人女性シンガー・ソングライター、23歳。

対照的だったのが、
48歳で急逝したホイットニー・ヒューストン。

グラミー賞授賞式では、追悼の映像が流れ、
映画「ボディガード」の主題歌「オールウェイズ・ラブ・ユー」が、
ジェニファー・ハドソンによって熱唱された。

“and I will always love you.
I will always love you”

よかったですね。
ケビン・コスナーと共演した「ボディガード」は、
私も好きな映画で、
ホイットニー・ヒューストンの歌も素晴らしかった。

月並みな言い方だが、
ほんとうに、もったいない。

自分よりも年下の才能が消えていく。
そんなことが起こり始めた。
不思議な気分だ。

合掌。

今日、日本は、
バレンタインデー。

しかしサンフランシスコは、
月曜日の2月13日。
もう、最後の視察日。

今回の参加メンバーは、4社。
関西の㈱阪食、
中国地方の㈱エブリー、
四国の㈱サンシャインチェーン本部、
そして九州の㈱ハローデイ。

ともに切磋琢磨して、それぞれの、
クォリティ&サービス型スーパーマーケットをつくる。
それも日本最先端のモデル開発。

これが目的。

アメリカのスーパーマーケットの歴史は、
1859年に遡る。
ザ・グレイト・アメリカン・ティ・カンパニーの創業。
この会社がスーパーマーケットの前身グロサリーストアとなる。
同社はやがてA&Pと社名を変え、
1930年には1万5000店の大チェーンストアとなる。

1916年には、セルフサービス・システム
が開発される。
クラレンス・サンダースの「ピグリー・ウィグリー」。

1930年、マイケル・カレンの革命によって、
グロサリーストアはスーパーマーケットへとアップスケールし、
最強の業態となる。

それから第二次世界大戦を経て、50年。
1980年代に入って第二の革命が起こる。
それが業態の多様化であり、
フォーマットの分化である。

この時に誕生したのが、
第1にスーパーストア、
第2にコンビネーションストア(フード&ドラッグ)、
第3にクォリティ&サービス・タイプ、
そして第4にリミテッド・アソートメント・ストア

それから30年、
スーパーストアやフード&ドラッグはもう、当たり前となって、
コンベンショナル型(伝統型)と位置付けられるようになってしまった。

現在、好調なのは、後ろのふたつ。
ひとつはクォリティ&サービス進化型である。
ホールフーズマーケットやウェグマンズ、ナゲット・マーケットがこれで、
いまや7万平方フィート(2000坪)にまで店舗拡大している。

そしてもうひとつがリミテッド・アソートメント進化型。
その典型が、トレーダー・ジョーとアルディ、
さらにフレッシュ&イージーがどうやら間に合いそう。
こちらは1万平方フィート(約280坪)の小型店。

私たちは今回、このクォリティ&サービス型の進化型を追求しつつ、
研究と勉強に励んでいる。

さて、サンフランシスコ視察も最終日。
ダウンタウンのトレーダー・ジョー、
セーフウェイとトレーダージョーが核店舗のライフスタイルセンター。
そして最後の最後は商売の原点を確認するために、
バークレーボールへ。

その中から、朝一番で訪れたトレーダー・ジョーを紹介しよう。
マンハッタン店に次いで全米で2番目の売り上げを誇る。

20120214182918.jpg

あいにくの雨。
今シーズンは雨不足で、
久々のお湿りらしいが、
風も強く、体が冷え込むほど。

月曜の9時という時刻にもかかわらず駐車場は満杯。
道路には10台ほどの車が列をなして入店を待っている。
トレーダー・ジョー強し。

20120214182929.jpg

クルー・スタッフのベアさんが、
われわれを迎えてくれた。
名前の通り、優しい熊さんのよう。
20120214182955.jpg

「トレーダー・ジョーは、
ネイバーフッド・グロサリーストア。
日常生活に必要なベスト・フードをベスト・プライスで提供する」

これはエブリデーグッズ、エブリバディ・グッズを、
ポピュラープライスで販売しているということ。

そして、A&Pのグロサリーストアと、
クラレンス・サンダースのセルフサービスと、
マイケル・カレンのスーパーマーケットと、
1980年代のリミテッド・アソートメントを、
正当に受け継ぐフォーマット。
「367店の2番目の売上げを稼ぐ」
一番はニューヨーク・マンハッタンのユニオンスクェア店。

トレーダー・ジョーの年商は、
推定85億ドル(100円換算で8500億円)。

「40フィートのトラックが1日に4~6回、
商品を満載して運んでくる」
20120214183020.jpg

「われわれは生産者、メーカーからキャッシュで直接買い付ける。
だから20~30%安く仕入れて、販売することができる」

トレーダー・ジョーでは通常、
280坪の店を70~80人体制で運営するが、
この店は、300坪強の店舗にもかかわらず、
175名のクルーが働いている。

10人のマネジャー、スーパーバイザーがフルタイマー。
他はパートタイマーだが、週40時間働く人もいる。
20120214183036.jpg

日曜と月曜は多くのお客が押し寄せる。
だからナイトクルーたちは、
夜9時から翌1時まで、開店準備作業を行う。
翌日は、8時開店にもかかわらず
早朝4時には、フルメンバーが準備態勢のためにやってくる。

カリフォルニアの最低時給は8ドルだが、
トレーダージョーは10ドルから始まって、
最高20ドルの時給を支払っている。

しかもこの店は、発注作業も上手に割り振って、
全員のモティベーションを高めている。
パートタイマーがその信頼にこたえて一生懸命働いてくれる。

ベアさんが自ら店内ツアーをしてくれた。
20120214183101.jpg

トレーダー・ジョーでは、すべての店の壁面デコレーションから、
トップ・パネル、サイン、POPが異なる。
20120214205933.jpg
店ごとにアーティストが雇用されていて、
地域の特徴や風景、歴史が描かれる。
顧客に「私の店」と思ってもらうためだ。

バレンタインの花のディスプレー。
20120214205918.jpg

バックヤードも見せてくれた。
20120214183127.jpg
すごい在庫量だが、それが1日1回転する。

屋外で再び、ベアさんのインタビュー。
20120214183157.jpg
トレーダー・ジョーはリミテッドアソートメント・ストア。
1万平方フィートの店舗に3500SKUの商品をそろえる。
その80%ほどがプライベートブランド。

年間150~200アイテムが廃番になり、
250~300ほどのニューアイテムが投入される。
1週間に8アイテム。

1週間置いて売れないものは、
すぐに絞られていく。

この店では毎週、スタッフ全員のための試食日を設け、
25種類ほどの新商品を食べる。
新しい商品の味を確認し、売り方を考えるためだ。
新商品はエンドに積まれ、徹底的に売り込まれる。

3500SKUの限定された枠の中で、
商品は水の流れのように常に入れ替わっている。
それがトレーダー・ジョーの魅力を作っている。

質問にも丁寧に答えてくれた。
20120214183229.jpg

ベアさんのインタビューを似顔絵付きで記録。
サンシャインチェーン本部の遠藤美紀さん作。
実によく似ている。
20120214183256.jpg

最後に握手して、写真。
20120214183310.jpg

クォリティ&サービス・タイプのスーパーマーケットも、
トレーダー・ジョーの要素を採用しなければいけない。
学ばなければならない。
予断だが、日本のスーパーマーケットで、
トレーダー・ジョーに最も近い企業は、
成城石井だと思う。

価格政策を変えたならば、
日本型トレーダー・ジョーが誕生する。
私はずっと、そう考えている。

熊さんのようなベアさんに、
心から感謝。
(つづきます)

<結城義晴>


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2012年2月
« 1月 3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.