結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2017年12月24日(日曜日)

日曜版【猫の目博物誌 その55】トナカイ

猫の目で見る博物誌――。
IMG_6903-4-10
今日はクリスマスイブ。
サンタクロースのソリを引っ張るのが、
トナカイです。

トナカイはシカ科(Cervidae)、
トナカイ属(Rangifer)。
学名: Rangifer tarandus。

(CNNニュースより)
reindeer-snow-getty

日本名でトナカイ。
アイヌ語の「トゥナカイ」(tunakay)が由来。

「馴鹿」(じゅんろく)は中国語で、
「人に馴れた鹿」。
つまり「家畜的な鹿」の意味。

英語はReindeer。
同じく英語のCaribouは、
アラスカエスキモーの言葉。

トナカイの自然分布は北極圏周辺。
アメリカのアラスカ州、カナダ、
デンマークのグリーンランド、
ノルウェー、フィンランド、ロシア。

体長は1.2~2.2m。
肩高は90~150cm。
体重は60kgから、
大きなものは300kgになる。

シカ科で唯一、雌雄ともに角がある。
これが鹿とトナカイの大きな違い。

鹿は雄にしか角が生えない。

トナカイは雌雄に角があるが、
雄の角の方が雌よりも大きい。

雄は春に角が生えて、
秋から冬にかけて抜け落ちる。
雌は冬に角が生えて、
春から夏にかけて角が抜け落ちる。

だからクリスマスのトナカイは、
雄だと考えられる。

足は速い。
時速80キロで走る。

体毛は厚い。
毛の内部に空洞がある。
保温性に優れている。

寒冷気候から身を守るためだ。

蹄は大きくて、接地面が広い。
これによって体重が分散され、
雪の上でも沈むことなく歩ける。

鼻の色は黒を基調に、
白い毛が混じる場合もある。

だから歌のような、
「真っ赤なお鼻のトナカイさん」はいない。

ツンドラ地帯に生息するが、
群れをつくって、大規模な移動を行う。

基本は草食性だが、
草食性の強い雑食性である。

夏は草や葉を食べるが、
ときに虫などの小動物を食す。
冬は角や蹄で雪を掻き分けて、
雪の下の苔などを食べる。

4月から6月にかけて、
雌は1回に1匹の子どもを産む。
人間と同じ。

人間が最も古く家畜化した動物のひとつ。
だから中国語で「馴鹿」という。

乳用・食肉用・毛皮用として活用されるし、
ソリを引く使役や荷役にも利用される。

何よりも雪の上でも走れるので、
そりを引くのに適している。

だからサンタクロースのソリを引く役目ができて、
それがトナカイの代名詞のようになった。

そのサンタクロースのトナカイ。
1823年にアメリカの新聞に詩が発表された。
タイトルは『サンタクロースがきた』
この詩の中で8頭のトナカイとなって、
それぞれに名前が付けられた。

ダッシャー(Dasher)
ダンサー(Dancer)
プランサー(Prancer)
ヴィクセン(Vixen)
コメット(Comet)
キューピッド(Cupid)
ドナー(Donner)
ブリッツェン(Blitzen)

レイモンド・ブリッグズの絵本、
「さむがりやのサンタ」。DSCN8161.JPG7

「やれやれまたクリスマスか! 」
サンタクロースのおじいさんが、
面倒くさそうに目を覚ます。

そしてトナカイに餌をやる。DSCN8163.JPG7

支度して出かけるのは、
街の子どもたちのところ。DSCN8164.JPG7

雪をついて、
雨を縫って。
DSCN8165.JPG7

煙突に文句をいいながら、
プレゼントを届ける。
DSCN8166.JPG7

そして夜明けとともに、
うちに帰っていく。DSCN8168.JPG7
南の島に憧れながら、
クリスマスイブの1日の仕事を終えると、
風呂にはいり、ビールを一杯飲んで、
ごちそうを楽しむ。

人間味あふれるサンタクロースの1日。

その続編は、
「サンタのなつやすみ」
DSCN8169.JPG7
いずれもトナカイ抜きには語れない。

サンタさんとトナカイ。
いい関係ですね。

DSCN8963-2016-4-10-66666
ボクとおとうさんは、
もう一緒にいることはできないけれど。

(『猫の目博物誌』〈未刊〉より by yuuki)


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年5月12日(火)~18日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.