結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年03月24日(土曜日)

トイザらス創業者チャールズ・ラザラス氏の訃報に思う

糸井重里さんの愛犬ブイヨンが、
3月21日に死んで、
ほぼ日の巻頭言「今日のダーリン」。

「一日経って、二日経って、
変わったことと
変わらないことが
あるのでしょうね。
じぶんには、まだよくわかりません」

いい写真です。〈「ほぼ日」より〉
152182265626570
「こころのダメージのはずなのに、
からだのほうがつらいね」

すごく、よくわかる。

チャールズ・ラザラスさんも逝去。
「トイザらス」創業者。
一昨日の3月22日、
地元ニューヨーク州で永眠。
94歳だった。〈写真はCNNJapanより〉
toys-r-us-founder-charles-lazarus-getty

第二次世界大戦後の1948年、
今から70年前になるが、
まず子供用家具店を開業。
このころは業種店だった。

その後、1957年に、
玩具に特化した専門店業態を開発。

スーパーマーケットをはじめ、
多くのチェーンストアから学んで、
子どものライフスタイルストアに転換。

「スーパーストア化」と呼ばれるが、
同業のおもちゃ屋の3倍以上の売場面積に、
3倍以上の幅広い品ぞろえをして、
商品をラックに高々と積み上げる。

圧倒的に迫力のあるフォーマットである。

バナーは「トイザらス」
Toys “R”(= are) Us。
直訳すると「おもちゃ屋は私たちだ」

語尾はLazarus氏の名前と共通している。
英語表記のロゴ「Я」は、
「R」をロシア文字のように裏返しにした。

これは幼児特有の鏡文字を模倣したもの。
toys-1

大チェーンストアにするためには、
バナーやロゴにも特徴やセンスが必要だ。
それが強烈なポジショニングとなる。

創業から30年後、
トイザらス開発から22年後の1978年、
株式を公開して絶頂期。

以来、その調達資金をもとに、
店舗網を全米に広げて、
カテゴリーキラーの代表となった。

しかしそのカテゴリーキラーの典型として、
ウォルマート、ターゲット、
そしてコストコの逆襲にあって、
少しずつ業績を落とした。

専門店はその領域において、
どこよりも深く広い品揃えを持たねばならない。
さらに感動的なインパクトが必要だ。

実際に、
マンハッタンのブロードウェイの店は、
店内に巨大な観覧車が回る。
DSCN3259-1

恐竜が鎮座して、
強いインパクトを持っていた。
DSCN3251-1

チェーン展開を進めるうちに、
そういった子どもたちが熱狂するものが、
喪失されていった。

金太郎飴型のチェーンストアとなり、
少しずつ普通の店になってくると飽きられる。

チェーンストアの宿命である。

ラザラス氏も1998年にCEOを退任。

2005年には、投資会社に買収された。
コールスバーグ・クラビス・ロバーツ。

さらに2006年には、87店舗を閉鎖。
12店舗以上を二番手のフォーマットに転換。
このベビーに絞り込んだ「Babies”R”Us」は、
比較的好調だ。
DSCN3508-1

2009年のホリデーシーズンには、
“Holiday Express”という小型店舗を開発。
ショッピングセンターの空き店舗などに、
一挙に90店オープン。

これは「Toys“R”Us Express」と、
フォーマット名をつけて、
新展開を構想したが、
画期的な業績回復には至らなかった。

商人舎流通スーパーニュース。
昨2017年9月19日版。
トイザらスnews|
米国・カナダ事業が連邦破産法11章適用して倒産

2017年9月18日に、
「チャプター11(米国連邦破産法11章)適用を、
バージニア州裁判所に申請」

「2017年1月期決算で、
年商115億4000万ドルの大型倒産である。
1ドル100円換算で1兆1540億円。
売上高は前年比マイナス2.2%、
純利益は2900万ドル(29億円)の赤字」

「店舗数は1691店だが、
米国内店舗数879店、
海外店舗数は812店で、
世界18カ国に展開する」

「ただし今回は、
アメリカとカナダの北米事業が倒産の対象で、
日本など北米以外の国は含まれない」

倒産の理由は、
アマゾンなどのオンラインリテーラーと、
ウォルマートやターゲット、コストコなど、
総合リアル店舗業態との板挟みで、
売上げ低迷が続いたこと。

これが米国カテゴリーキラーの末路である。

アマゾンはもともと在庫を持たない商売で、
低経費運営を価格に反映させる。
ウォルマートは売場のアコーディオン化で、
ホリデーシーズンに玩具の売場を広げ、
その他のシーズンは縮小するという作戦。
これがトイザらスの年がら年中在庫過多商売の、
弱点を突いた。

ラザラス氏の逝去に関して、
トイザらスは声明を発した。
「この数週間、トイザらスにとって、
悲しい出来事が続いていたが、
当社の愛すべき創業者が亡くなったという
今日のニュースほどつらいものはない」

マイケル・ゴールドスタインCEO。
「ラザラスはおもちゃ業界の父だった」

「おもちゃを愛し、
おもちゃを買いに来る
子どもたちを愛していた。
おもちゃで遊んでいる子どもを見ると、
パッと顔を輝かせていた」

この創業者のDNAを受け継ぎ、
引継ぎ、発展させられなかった。

それがトイザらス倒産の真因である。

ラザラス氏の逝去とトイザらスの倒産。
ひとつの時代が終わったことを示している。

合掌。

〈結城義晴〉


2 件のコメント

  • 私の認識ではメーカーからの商品価格決定権を独占させないためにRetailerという産業が誕生し、消費者はその恩恵を以後数十年間うけてきた。アメリカでは1990年代のP&Gとウォルマートの戦略的同盟や日本では松下幸之助翁に対して中内功翁の流通チャネルをめぐる戦線布告など、アメリカを発信とし世界中の小売業が、世界中の消費者の生活の質の向上を促すために奮闘してきたのは事実。しかし現在の状況をみると、いままでひたすら消費者と小売業の間に育まれていた信頼関係が確実に崩れてきている。日本の大規模小売業はみなこぞってその外観やサービスを注視し、例えば大手小売業などは、レジで客がレジにいくら並んでいてもアナウンスで ご迷惑をおかけしています。しばらくお待ちくださいと言ったアナウンスのみで 従業員が少ないのか もしくはそんな事に関心ないのか?という具合にキャッシャーヘルプも来ない所が多い。これではアマゾンなどのインターネット販売に勝てるわけない。私は学生を卒業して以来、ダイエー トイザらス レゴランドをへて現在、その経験を生かし激安おもちゃ販売のSVとしてお客様が喜ぶ価格とWAO!と思っていただける売り場を模索しているが、お店は最先端のサービス、施設を作るだけでなく、利用してくださるお客様ファーストの視点で商売をしていかないと、いずれくるアマゾンgoやインターネットに必ず、敗北していくであろう。トイザらスの創業者 チャールズラザルス翁のご冥福をお祈りいたします。

  • 山本寿行さん、ご投稿感謝します。
    消費者と小売業者との間の信頼関係。
    大切ですね。
    それを信用だとか、暖簾などと言います。
    ラザラスさんの信用や暖簾が、
    チェーンストアになると薄れてくる。
    それが残念です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2018年の開催予定
  •  
  • 予告 第14回ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.