結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年05月17日(木曜日)

「AmazonGoへGO!」とラスベガス2日目の御三家の店長たち

amazonngopng
amazon go
が、
サンフランシスコとシカゴにオープンする。

商人舎流通SuperNews。
Amazon news|
サンフランシスコとシカゴにamazon goオープン!!

ただし、アマゾンは正式に発表していない。
だから多分、秋になるか、年末になるか。

しかもこのamazon goは高価な店舗だ。
システムに関しても、
今年1月にオープンした、
シアトル店の結果をもとに、
新しい店で修正してくるに違いない。
だから時間がかかるだろう。

まだ、シアトルのamazon goを、
訪れることに意味はある。

商人舎USA研修Specialコース。
Amazon goへGo!
開催します。

7月13日~17日。

トップ、幹部のみなさん、
ぜひご一緒しましょう。

自分でいうのも気恥ずかしいのですが、
今、この店とその背景の解説をさせたら
結城義晴がナンバー1だと思う。

厚かましくてすみません。

それでもAmazon goを、
体験してみなければいけない。

未来の小売業を、
自分で体験することです。
さらに月刊商人舎5月号を読んで、
じっくりと考えてみてください。

「すでに起こった未来」が、
見えてくるでしょう。

私と一緒に、
その未来を見に行きましょう。

さて、ラスベガスに滞在中。
私は5日になる。

商人舎USA視察Basicコース。

2日目の朝は、
フラミンゴホテルの会議室で、
8時から講義。
DSCN2869-1

ベーシックコースは毎朝、
結城義晴が2時間から3時間、講義する。DSCN2867-1

第1回目の今日は、
小売り経営に大事な、
経営理念の講義。
DSCN2881-1

そのうえで、
アメリカ消費産業の潮流と、
小売業の最新の動向を解説。
DSCN2889-1

アメリカで学んだことを、
そのまま真似るのではなく、
ドラッカーの言うように、
「補助線」にする。
DSCN2895-1

2時間15分ほどの講義は
あっという間に終わった。

その後、
今日、明日の2日間で行う、
商品調査のガイダンス。
DSCN2900-1

52名が10チームに分かれて
視察と調査を行う。

まずはホールフーズ。
IMG_5196-1

2班に分かれて店内ツアー。DSCN2909-1

ツアー解説は、昨年に引き続き、
マーケティング担当のトミーさん。
長髪・髭は相変わらず。DSCN2914-1

ホールフーズの商品政策を、
トミーさんが丁寧に説明してくれる。DSCN2920-1

第1班の記念撮影。
DSCN2926-1

アメリカで大流行のコンブチャ。
いわゆる紅茶キノコ飲料。
コーナー化され、一番売れている商品だ。
DSCN2933-1

すぐに、2班の店内ツアーがスタート。DSCN2943-1

広い店内を、
主力のコーナーごとに、
説明してくれた。
DSCN2950-1

トミーさんの解説を聞いて、
メモを取って記録する。
DSCN295-11

2班の皆とも記念撮影。
DSCN2983-1

アマゾンの傘下に入って、
ホールフーズは変わりつつある。
トミーさんは期待する。
「アマゾンの資本力によって、
ホールフーズはさらに成長できる」
DSCN2985-1

女性メンバーだけでトミーさんを囲んで写真。
DSCN2988-1

ホールフーズで商品調査するメンバー。
IMG_5201-1

そして昼食はオーガニックのデリ。DSCN2989-1

好きなものを選んで購買し、
会計する。
DSCN2990-1

屋外のイートインスペースで食事。
IMG_5200-1

ホールフーズの店頭のジュースバー。
フレッシュな果物を使って、実にうまい。DSCN2994-1

デリやジュースバーは人気だが、
以前に比べて、
商品在庫量は減った。
アマゾン傘下になって、
主力商品をディスカウントした。

これが既存顧客の店離れを起こしつつある。
ホールフーズの抱える現在の課題だ。DSCN2997-1

トレーダー・ジョー。 DSCN3103-1

キャプテンのディビットさんが、
入口で出迎えてくれた。

トレーダー・ジョーでは
店長をキャプテンと呼ぶ。
DSCN3006-1

店長自らが店内を案内してくれる。DSCN3009-1

通訳はキューティ上松。
52名の大所帯。

後ろの方にも聞こえるように、
大声をあげて説明する。DSCN3017-1

完全な菜食主義者・ビーガンのためのコーナー。
DSCN3080-1

わかりやすいように、
VeganのVの文字を大きく表示。
DSCN3081-1

ミートボールの試食と、
アップルジュースの試飲。DSCN3029-1

ワイン売場では、
面白いものを見せてくれた。

スマホアプリを起動する。DSCN3048-1

ラベルにかざすと、
商品説明の声が流れる。DSCN3051-1

さらにバックルームにも、
案内してくれた。
DSCN3060-1

質問にもていねいに答えてくれた、
キャプテン・ディビット。DSCN3064-1
ディビットさんは、
5年前にトレーダー・ジョーに転籍した。
DSCN3067-1
その前はノードストロームで働いていた。

「どちらもよい会社だが、
今の方が楽しい」と言う。

ナイスガイのディビット店長に、
扇子とワインボトルカバーをプレゼント。
DSCN3072-1
プレゼンターは亀谷しづえ。
商人舎ゼネラルマネジャー。

サービスカウンターの壁に、
キャプテン・ディビットを中心に、
スタッフたちの似顔絵が飾られている。
DSCN3101-1

キャプテン・ディビットを囲んで写真。
DSCN3074-1

次に向かったのは、
スプラウツ・ファーマーズマーケット。
DSCN3155-1

ここでも店長にインタビュー。 DSCN3129-1

シエラ店長は、
女性初の青果部門のマネジャーを経て、
店長になった。
DSCN3135-1

事前に資料を用意して、
部門ごとのSKU数や
店の運営について語ってくれた。DSCN3126-1

「ライバルはどこか?」の質問に、
即座に2社を挙げた。
ホールフーズとトレーダー・ジョー。DSCN3142-1

ここでも商品調査。
DSCN3157-1

シエラ店長と記念撮影。DSCN3148-1

率直に答えてくれたシエラ店長に感謝。DSCN3153-1

ここまで、オーガニック&ナチュラルの
スーパーマーケット御三家を視察し、
インタビューした。

それぞれの違いが表れた内容だった。

そしてコストコ。
DSCN3181-1

入口は家電売場。
韓国製の大型テレビが格安で並ぶ。DSCN316-10

コストコは日本でもアメリカでも、
変わらない。

標準化されている。DSCN3162-1

プロモーションコーナー。
大型のビニールボート。DSCN3164-1

冷蔵倉庫で野菜を販売する。DSCN3169-1

昨日視察したサムズの在庫量と比べると、
桁違いに多い。
それだけ売っている。DSCN3171-1

お客の数も、
購入している量も
サムズとは全然違う。

ラスベガス地区でのコストコシェアは、
4店舗で8.4%だが、
まだまだ伸びそうだ。
DSCN3179-1

ウォルマート・スーパーセンター。
DSCN3184-1

この店はまもなく改装される。
その告知。
DSCN3182-1

入口でも大きなパネルで告知。DSCN3187-1

主通路で展開されるアクションアレイ。
売り込みたい商品を島陳列して訴求する。DSCN3189-1

早速、商品調査を開始するメンバーたち。

商人舎のベーシックコースでは
商品の価格とフェイス数を調査して、
各社の商品政策を分析する。
DSCN3188-1

慣れてくると、短時間で調査できる。DSCN3193-1

青果を担当するチーム。DSCN3195-1

ミートのチーム。
DSCN3199-1

ベイクドグッズのチーム。DSCN3200-1

ゴンドラが撤去されて、
そのスペースに島陳列を2列配置。DSCN3201-1

アメリカでは、店を閉めずに、
営業しながら改装する。
床には、撤去された跡が残る。DSCN3202-1

ノンフードのチームが、
プロモーションの商品も調査する。
DSCN3203-1

デアリー(乳製品)のチーム。DSCN3207-1

2日目最後の視察は、
ウィンコフーズ。
DSCN8998-1

入口を入るとウォールオブバリュー。
DSCN3216-1

巨大なラックに陳列された、
超お買い得商品。
DSCN3217-1

競合店との価格比較で、
ウィンコの安さを強調する。DSCN3221-1

バナナは1ポンド49セント。
安い。DSCN3224-1

ローコストな倉庫型店舗は、
ワンフロアで7500㎡。

床はピカピカで、
天井も高く、
快適な売場空間。
DSCN3225-1

生鮮やデリも充実している。DSCN3228-1

冷凍食品売場。
長い長いリーチインケース。
DSCN3233-1

ゴンドラもご覧の通り、
向こうが見えないほどの陳列線の長さ。
DSCN3234-1

ウィンコは、
ウォルマートの75分の1の企業規模だ。
それでもウォルマートよりも安さを出す。

2日目の視察は、
前半にスペシャルティタイプを、
後半はディスカウントタイプを視察した。

それぞれの企業の違いを学んだ。

ホテルに戻って、
すぐに事務局とスペイン料理の
Julian Serrano Tapasへ。

ワインとおいしい料理で大満足。

店を選んでくれたのは、
佐藤公彦さん。
JTB添乗員のカリスマ佐藤。IMG_5212-1

JTB営業マンの
レジェンド小阪と3人で、
今日最後の写真。
レジエンド小阪ではない。
IMG_5214-1
2日目も充実していた。

今、ラスベガスにいるけれど、
AmazonGoへGo!
よろしく。
(つづきます)

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.