結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2019年03月07日(木曜日)

セブン-イレブンの「7-11営業の原則」とイリイチの「自立共生」

横浜も東京も春の雨模様。
春霖(しゅんりん)にはまだ早いか。

春霖は春の長雨といったり、
菜種梅雨と称したり。

春霖や雲の変幻自在なる
〈ホトトギスより 稲畑廣太郎〉

昼頃、いったん商人舎オフィスに出て、
それから新横浜へ。

こだまで熱海まで。

ここで伊豆急伊東線に乗り換える。IMG_37409

リゾート21 キンメ電車。
真っ赤な車体は、
このあたりの名物「金目鯛」を模した。IMG_37419

相模湾は雨に煙る。IMG_37439

伊東に到着すると篠突く雨。IMG_37449

タクシーで海岸通りを走る。
フードストアアオキ。
青木巌会長にもずいぶん会っていない。
榎本太治社長は元気だろうか。IMG_37469
すごい雨の中の夕方の営業。
ちょっと心配した。

タクシーで20分ほどで、
河津桜が咲く川奈ホテル。
IMG_37489

雨は激しく降る。
IMG_37509

シックなつくりのロビー。
IMG_37479

この部屋も落ち着く。
IMG_37519

児玉希望の1928年作『盛秋』
IMG_37529

すぐに部屋に落ち着いて、
窓の外を見るとまだまだ雨足は強い。IMG_37569

商人舎流通Supernews。
何本か記事をチェックして、公開。

阪急オアシスnews|
カフェ&ビールバー導入の新町店(大阪市西区)3/14出店

hankyuoasis_shimachi
取締役専務の松元努さんや、
取締役常務執行役員の志水孝行さんが、
苦労して、しかし楽しみながら、
つくった店なんだろうな。

そこがとてもいい。
hankyuoasis_shinmachi_1

それから、
セブン‐イレブンnews|
「7時から23時」の時短営業実験をFC店に拡大する  IMG_64768_

2月23日にこのブログで書いた。
セブン‐イレブン東大阪南上小阪店の
「あべこべの常識」

完全24時間営業をめぐって、
本部と加盟店が対立している。

オーナーの松本実敏さん(57歳)は、
午前1~6時の5時間、
店を閉めて営業休止中。

これに対して、セブン‐イレブン本部。
「決して24時間営業の原則を
変えるわけではない」
原則主義を貫く。

しかしそれでもこの事態は放置できない。
そこで本部直営の1都7県の10店で実験を始める。
3月中旬から順次、7時から23時まで。
バナーの通り「セブン-イレブン」

この直営10店舗の実験をFCでも始める。

日経新聞もこのニュースを報じている。
ずっと読んでいるとわかるが、
ちょっと本部寄りの記事だ。

本部が24時間の原則を変えない理由。
第1に「社会インフラ」として機能している。
しかし人手不足は逆に、
社会からの要請でもある。
19時間営業でも16時間営業でも、
立地によっては顧客は納得すると思う。

第2にセブンのチェーン運営の仕組みは、
24時間営業を前提に成り立ってきた。
こちらの事情が大きいのだろう。

弁当や惣菜の工場は24時間稼働。
そして深夜の配送もある。

日経によると、
「いきなり全店で見直せば崩壊する」と、
セブン-イレブン幹部。

それはそうだろうが、
加盟店は全店の見直しを求めてはいない。
ケースバイケースで対応できないのか。

日経記事の結論は、
「24時間営業の原則を堅持するか、
時代に応じて新たなモデルを模索するか。
大きな岐路に立っている」

しかし「原則」といえば、
朝7時から夜11時。
セブン-イレブンの名称が、
自らそれを証明している。

イヴァン・イリイチは、
「コンヴィヴィアリティ」と言っている。
「自立共生」と訳される。

『コンヴィヴィアリティのための道具』
オーストリア、ウィーン生まれの思想家。
(1926年~2002年)
IMG_37759

「私の信じるところでは、
社会は、新しい生産システムの
全体的効率に対する、
自立的な個人と一次集団の貢献度を
より大きくするような方向で、
再建されねばならない」

「その新しい生産システムは、
そのシステム自身が定めた
人間的な必要をみたすように
作られているのだ」

イリイチの主張は、
この二つの文章に象徴される。IMG_37739

「実際には、
産業主義的社会の諸制度は、
まさにその反対のことをしている」

セブン‐イレブンのシステムそのものに、
イリイチ的な考え方が求められている。

イリイチの言うとおりにせよ、
というのではない。

そんな考え方があることを知って、
新しいシステムをつくる方向で、
話し合い、討議してほしいと思うのだ。

鈴木敏文さんが作ったシステムも、
時代とともに新しいものが求められる。

川奈ホテルでのディナーが終わって、
深夜に温泉に入る。IMG_37599

雨はもう上がって、
星が見えた。
IMG_37679

夜間のライトに照らされた、
河津桜が美しい。IMG_37589
ほんとうに正しく学んでほしいと思う。
そして自分で考え抜いてほしいとも思う。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2019年の開催研修会
  • アメリカ視察研修ツアー USA視察Specialコース2019年10月2日(水)~10月8日(火)<5泊7日>開催場所:ワシントンDC、リッチモンド、NY
  • ハワイ・オアフ小売視察研修ツアー ビギナーズコース2019年9月5日(木)~9月9日(月)<3泊5日>開催場所:アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2019年の開催予定
  • 商人舎2019年 ミドルマネジメント研修会2019年9月10日(火)~9月12日(木)開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.