結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年08月10日(月曜日)

甲子園高校野球交流戦の「一戦主義」と「痴呆百貨店」閉鎖に物申す

Everybody! Good Monday!
[2020vol㉜]

2020年第33週。
8月第3週。

今日は祝日、山の日。
7月23日が海の日だった。

コロナ禍でテレワークなどやっていると、
休む方は祝日のありがたみが薄くなる。

本来ならば、
海の日の翌日が東京五輪開会式で、
山の日の前日がその閉会式。

祝日がうまくオリンピックに絡まっていた。
楽しかっただろうな。
うれしかっただろうな。

アスリートの活躍を話題にして、
歓談し、食事し、酒を飲んだりする。
消費も盛り上がる。

しかしどちらも開催されず、
来年に持ち越された。

そして本来ならば、
夏の甲子園高校野球の1回戦が、
華々しく繰り広げられていた。

残念なことにCOVID-19パンデミックで、
世界中の歯車が狂ってしまった。

かわりに今日から、
高校野球交流戦が開催される。
kouryuusen
コロナ禍で春の選抜大会は中止された。
そのセンバツに出場予定だった32校が、
一試合ずつ戦う。

優勝はないし、準優勝もない。
ただ一戦のみ。

全校応援もない。

それでも甲子園球場でプレーする。
その喜びや感動は残る。

商売では祝日はありがたい。
顧客に時間があって、
その時間を買物に使ってくれたら、
売上げは上がる。

今週木曜日の13日が盆の入り、
14日金曜日が中日。
そして16日の日曜日が盆の明け。

15日は終戦記念日。

日本人にとっては、
スケジュールが目白押し。

しかし先週土曜日から始まった3連休に、
今週のお盆を重ねてずっと休暇にすれば、
最大9連休となる。

何度も言うけれど、
緊急事態宣言など受けているから、
9連休もありがたみは薄い。

遠出はできない。
外出も制限される。

そこでこのお盆商戦には、
交流戦の高校球児の心持ちで臨みたい。

一戦に全力を投入する気概だ。
「一戦主義」である。

昨日のMessageに書いた。

いつもいつも凡事徹底、
ほんの一瞬の有事活躍。
そして日々新た。

あなたはそれが好きですか?
C

さて今日の日経新聞の記事。
「地方百貨店 相次ぐ閉鎖」 

「地方での百貨店閉鎖が止まらない」

「百貨店の撤退は都市中心部に
巨大な空き家・空き地を生み、
街のにぎわいを損なう」

「跡地利用が決まらなければ
都市の衰退が加速するだけに、
地域の悩みは深い」

日経の記事は都市の空洞化を問題とする。

JR福島駅前の中合。
福島店は8月31日、
146年の歴史に幕を下ろす。
nakagou

福島店の2019年度の売上高は約60億円。
ピーク時の3分の1に満たない。

20年度も新型コロナウイルスの影響で、
4~5月に21日間の休業。

コロナは時間を早める。
その典型的な事例だ。

神奈川県を地盤とするさいか屋。
横須賀店を来年2月に閉鎖する。
2518bc869e2e5dac6d2a52df6a279853
横須賀は同社が1872年に創業した街。
しかし今後は藤沢店に経営資源を集中する。

これもコロナが時間軸を短縮する事例。

21年9月に閉鎖する松坂屋豊田店。
愛知県豊田市。

名古屋鉄道豊田市駅前の再開発ビルの核店舗。
具体策は未定。

すでに閉鎖した百貨店。
昨2019年1月末に閉鎖した棒二森屋。
北海道函館市。
190220TT01

26年3月をめどに、
高さ約85メートルの高層ビル2棟を建てて、
ホテルなどの複合施設を開業する。

事業費190億円。
市と国の支援分は各25億円程度と想定。

19年9月に閉鎖した山交百貨店。
甲府市。

ヨドバシカメラがJR甲府駅前の建物を、
そのまま利用して来年21年春ごろ開業予定。

伊勢丹府中店は昨19年9月に閉鎖。
こちらは賃貸借契約を巡って、
地元のビル運営会社が百貨店を提訴、
すでに和解したが問題は山積。

私は福岡の生まれで、
天神の岩田屋は、
子どものころのあこがれだった。

地方百貨店の魅力を何とか、
取り戻せないかと思う。

しかし客観的に見て、
それは極めて困難だ。

椎名誠さんは、
「ストアーズレポート」誌の編集長時代に、
「痴呆百貨店」と切って捨てた。
もちろんこのネーミングには、
椎名さんの愛とユーモアが込められている。
もう40年も前のことだ。

その時代から地方百貨店は、
残念ながら巨大な資産の上に胡坐をかいて、
経営理論や組織体質、財務体質も、
崩壊に向かっていたに違いない。

アメリカでは、
全米のほとんどの百貨店が、
メイシーズに買収されてしまった。

残ったのが、
ノードストロームとディラード。
ニーマンマーカスも、
このコロナ禍で倒産した。

メイシーズ自体も経営は危うい。

しかしこれだけは、
強調しておかねばならない。
地方の県や中心都市で、
百貨店が果たしてきた機能と役割は、
「永久に不滅です」

もちろんその機能や役割は、
時代とともに大きく変化する。
期待も膨らむ。

その新しい機能や新しい文化を取り込んで、
この県、この街にしかない超大型施設を、
1店だけつくる。

テーマパークでもいい。
イータリーの誘致でもいい。

つまり百貨店の新フォーマット化である。

既存の百貨店企業ができなければ、
コングロマーチャントやサードパーティが、
この難問に取り組む。

面白くは、ないかい?

でもブランドはどこかに残してほしいな。

と、今日は勝手なことを書いた。

では、みなさん、今週も、
お盆商戦は高校球児の「一戦主義」で。
Good Monday!

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.