結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年08月22日(土曜日)

コロナ禍にも強い「ポツンと」系小売業の「辺境からの革新」

世界保健機関テドロス・アダノム事務局長。
WHO
COVID-19パンデミックに対して、
「2年未満で終わる見込みがある」

朝日新聞が報じたが、
変な日本語なので勝手に直した。

1918年に出現したスペイン風邪は、
世界を巡って2年以上続いた。

「世界が力を合わせて最大限の対策をすれば
より短い期間で流行を終わらせることができる」

スペイン風邪の時代と比べると、
現在はグローバル化によって、
世界がより密接につながっている。
だから国際的に感染が拡大しやすい。

一方で、
「感染を止める技術や知識は進んだ」
だから「ワクチンが実用化されれば、
流行は短縮される」

まあ、当たり前のことを発言したのだが、
2点は強調された。

第1に「2年未満」と期間を明確にした。

予想や予測の域を出たわけではないが、
再来年の2022年の夏までには、
「終息」するという希望的観測だ。

ということは、
来年の東京オリンピックは、
開催できないだろう、
との見込みが示されたことになる。

第2は「世界が力を合わせて」という点だ。
なかでも米中の協力がカギを握る。
そしてアメリカの大統領選挙の結果も、
COVID-19パンデミックに影響を与える。

何かと問題のあるテドロス事務局長。
それでも「2年未満で終息」の発言は、
希望の灯をともす役には立つか。
202007_message

さて、日経新聞電子版のNikkei Views。
編集委員の田中陽さんの執筆。
「”ポツンと”系小売業の強さ」

実に面白い。
DSCN79689-448x337

「日本各地の人里離れた場所に、
なぜだかポツンと存在する一軒家。
衛星写真だけを手がかりに……」
日曜夜の人気番組『ポツンと一軒家』。

それと同じような小売店舗。

「さすがにテレビ番組のような
極端な”ポツンと”感ではないが、
郊外のロードサイドに
ポツンと建っている店がある」

ワークマン、ケーズデンキ、
西松屋チェーン、カインズ、
コメリ、コスモス薬品など。

「共通しているのが、
コロナ禍でもしっかりとした業績を
上げている点だ」

この第1四半期の成績。
ワークマンの4~6月期の売上高は、
256億円で前年同期比25%増。
ケーズは1880億円で14%増、
西松屋は同年3~5月期で、
407億円の9%増など。

田中さんは考察する。
「ポツンと」系小売業が、
コロナウイルス禍に強い理由。

「密にならないから、
安心して買い物ができる」

「理由の一つかもしれないが、
もっと大きな理由がある」と田中さん。

それは、
「人口が少なく、
所得水準も都心に比べて低い地域でも
商売をやっていける経営力を
身につけたからだ」

「その源泉は、
“ポツンと”系小売業が持っている
魅力的な商品やサービスだ」

「たとえ不便な立地でも、
“買いたい商品”があれば
その店に消費者は向かう」

同感。

まず、ワークマンの分析。
「20年3月期に初めて、
売上高に対するPB比率が、
5割を超えて51.4%となり、
ワークマンでしか買えない商品を増やしている」

同社の土屋哲雄専務。
「頑張らなくても今後10年はやっていける。
競合はいませんから」

子供服の西松屋チェーン。
こちらもPB比率は5割近い。
今月、会長に就いた大村禎史氏。
「店は忙しくないほうがいい」

田中編集委員。
「売上高が低くてもやっていける
ビジネスモデルをつくりあげた。
1店舗当たりの従業員は約4人で切り盛りする」

ワークマンも西松屋も、
故渥美俊一先生の教え子で、
その優等生だ。

一方、ファーストリテイリング。
「1990年代までは、
ロードサイド型の”ポツンと”系小売業だった」

94年、広島証券取引所に上場。
この時の目論見書の文言。
「当社はカジュアルウエアを
郊外型店舗で販売する小売専門店であります」

柳井さんは地方の小売業の特徴を語る。
「弱者の立場からスタートしたので
工夫や試行錯誤を繰り返し続ける」

ニトリの似鳥昭雄会長。
日本経済新聞「私の履歴書」で語っている。
「資金は乏しく、土地を借り、
安い費用で店を作るしかない」

そして、しまむらも、
「ロードサイドで鍛えられた」

田中さん。
「ここ数年、業績低迷が続いたが、
コロナ禍でロードサイド型店舗が見直され
息を吹き返した」

さらに、ヤオコー。
同社の20年4~6月期は、
売上高前年同期比17%増の1299億円、
営業利益は同60%増の83億円。

法政大学大学院の小川孔輔教授。
「田舎、人が少ないところに生息地を見つける。
巨大資本がそこには入ってこられないから
生き延びていける」

最後にウォルマート。
「創業時は誰も見向きもしなかった郊外の
ロードサイド店を生息地にした。
そこで生き延びるために激安を実現。
顧客を誘引することに成功し、
成長の基盤を築いた」

私、結城義晴は、
1978年に初めてウォルマートを訪れた。
郊外の安普請の簡素な店だった。

ウォルマートの出店立地戦略の大原則は、
サバブとルーラルの境目である。

最後に田中編集委員。
「強い小売業は田舎、辺境からやってくる」

毛沢東の有名な言葉を引く。
「革命は常に辺境から始まる」

「マックス・ウェーバーも、
辺境革命論を唱える」

そして結語。
「厳しい環境が
流通革命を引き起こす企業を育てる」

今の大手新聞を見渡しても、
田中さんほどの分析家はいない。

この「ポツンと系小売業」を読んでいると、
マイケル・カレンを思い浮かべる。

アメリカの1930年、世界恐慌の翌年に、
マイケル・カレンがつくった店が、
「キングカレン」。
世界初のスーパーマーケットだった。
kallen
地価の安い街の外側の大型倉庫を借りて、
大きな駐車場をもつ大型の店をつくった。
そしてそれまでのグロサリーストアに、
青果と肉と乳製品を加えた。

300 品目は仕入原価、200 品目は5%、
300品目は15%、300 品目は20%を、
それぞれ仕入れ原価にかけた値で売った。
マージンミックスの技術である。

300 品目の原価販売商品は、
爆発的な廉価を実現させ、
“世の人達は、わが店の入口を破って
乱入するでありましょう”という
カレンの予言の通りの状況となった。

これがスーパーマーケットの第一次革命だった。

私も言い続けている。
「革新は僻地から生まれる」

コロナは「ポツンと系小売業」の存在を、
クローズアップしてくれた。
だから地方企業こそ、
イノベーションに挑戦してほしいものだ。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.