結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2022年01月23日(日曜日)

新幹線で富士を見てロピア京都ヨドバシ店を訪問

1日おきに寒かったり、暖かかったり。
昨日は暖かかったが、
今日はひどく寒い。

昼すぎの新幹線のぞみ。

新横浜から乗り込むと、
すぐに小田原を超えて、
富士の姿が見える。
IMG_03142
寒い曇り空の日だから、
期待はしていなかったが、
三島のあたりでは、
全容を見せてくれた。IMG_03241

頂上は雲に隠れているが、
これぞ日本が誇る富士山だ。IMG_03302

今年は雪が少ない。
IMG_03422

富士川を渡って、
雄大な山にお別れ。
IMG_03762

2時間で京都駅に到着。

外は雨。

しかし地下街を歩いて、
ヨドバシカメラマルチメディア京都へ。IMG_04371

地下1階の入り口に、
ロピアへの誘導の赤シート。
IMG_04361

地下2階が「ヨドチカ」。

エレベーターのところに、
顧客が溜まっている。
IMG_04351

ロピア京都ヨドバシ店。
入口の売場は今、トマト一色。IMG_04341

ワンウェイコントロールの青果部門。
「八百物屋あづま」
IMG_04301

右がウォール・オブ・アイス。
「氷の壁」も維持されている。IMG_04271

トランクを引っ張った顧客がいる。
京都駅から地下道でつながるので、
旅行前か旅行後かわからないが、
こういった顧客もやってくる。IMG_04291

鮮魚部門は「日本橋魚萬」。
ワンウェイにしたことで、
顧客が1品ずつ丁寧に見ている。
それによって圧倒的な売上げ増となった。IMG_03991

天然ひらめ6900円。
金目鯛1590円。
IMG_03912
私はこの店からヒントを得て、
「禁欲円」と「享楽円」の概念を思いついた。

精肉部門は「肉のロピア」。
日本橋魚萬までの一方通行の売場が、
この肉売場でぱっと開かれる。

そして核売場が登場する。
IMG_04002

補充しても補充しても売れる。IMG_04011

補充が間に合わない三元豚。
IMG_04042

精肉から日配部門へ。
IMG_04032

さらに奥主通路を右に曲がって、
日配品売場が続く。

壁面には京都らしいイラストが配される。IMG_04111

子会社のユーラスが開発した「本気の餃子」。IMG_040912
自社開発商品も増えている。

店舗中央あたりに、
広い韓国製品コーナーがある。
IMG_04151

さらに酒売場は百貨店を凌ぐ品揃え。IMG_04211

日曜日の夕方でもあって、
レジには行列ができている。
IMG_04131

それでもストレスを感じさせることなく、
淡々と精算が進む。
IMG_04191

ロピア京都ヨドバシ店が、
どう動いているのかを確かめたかった。

改善すべきところは改善し、
尖がったところは尖がって、
ロピアらしさを堅持していた。
IMG_E04322

月刊商人舎1月号で私は予言した。
202201_coverpage
[予言1]消費とMerchandisingの変質 

「禁欲円」と「享楽円」のコストパフォーマンスを高めよ!

「顧客が使う財布の中身が、
二色に分かれてきたと言っていいだろう」

「生活マネジメントに使うお金を
“禁欲円”と名づけよう。
生活エンターテインメントに費やすお金を
“享楽円”と呼ぼう」

「財布の中には、銀行預金の中には、
同じ円が入っている。
しかしそれを使うとき、
現金にしろ、クレジットカードにしろ、
スマホ決済にしろ、
禁欲円なのか享楽円なのか、
顧客は一瞬の判断をする」

「禁欲円はより節約を志向するし、
享楽円は迷わず散在する」

ロピアに来店するとき、
顧客は「享楽円」を使うつもりでいる。

そのニーズを捉える。

もちろん、それだけでは、
商売にならない。

そこには技術が求められる。
その技術こそ、
次の特集や単行本のテーマとなる。

ご期待いただきたい。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.