結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2022年01月24日(月曜日)

万代知識商人大学第6期の論文審査と修了式の「仕事に学ぶ」

Everybody! Good Monday!
[2022vol④]

2022年第4週。

新年も第4週となった。
やはり時間が早く感じられる。

「まん延防止等重点措置」
その効果も定かではないが、
政府はさらに18道府県に適用する。

今回は大阪、京都、兵庫、
さらに北海道、青森、山形、福島、
茨城、栃木、石川、長野、静岡、
島根、岡山、福岡、佐賀、大分、鹿児島。

すでに16都県が「まん防」適用中だから、
合わせて34都道府県となる。

期限は2月20日まで。

最初に適用された広島、山口、沖縄も、
2月20日まで延長される。

東京、神奈川、愛知など13都県は、
いまのところ2月13日まで。

2月16日~18日に予定されている、
スーパーマーケットトレードショーは、
開催の予定だが、どうなるのだろう。

感染防止計画を定めたイベントは、
上限2万人まで開催できる。

難しい判断だ。

私は昨日から関西に来ている。
京都駅も大阪の駅も、
あまり変わらない人出だった。

そして今日は朝7時半に、
東大阪市の㈱万代本部へ。IMG_0432

万代知識商人大学。
通称、「万代カレッジ」。
その第6期の論文発表と修了式。

いつもの会議棟。
昨日は大阪も雨だった。
今日は青空がのぞく。
IMG_0433

6期生たちは7時に集合して、
全員、アカデミックガウンを纏っていた。

万代大学学長の私も、
講師用のガウンを着用。
IMG_0401

司会は津田睦さん。
人事部マネジャー。

前列に万代の取締役の皆さん。
IMG_0405

後列に6期生。
1年間学んだことをベースに、
最終論文を提出している。

修了のために1人ひとりが、
その論文の骨子を幹部の前で発表する。
IMG_0409

初めに結城義晴のあいさつ。
「最終審査」を宣言した。
IMG_0415

それからすぐに、
6期生の発表が始まる。

3人1組で、順番に、
それぞれ自分の論文発表を行っていく。IMG_04381

3人の発表が終わると、
万代幹部からの質問や指摘を受ける。

それを繰り返して
6期生32名の発表が行われる。IMG_0455

最初の質問は芝純常務。
厳しい質問と指摘が飛ぶ。
芝常務は志の高さを求めた。IMG_04411

加藤健常務も丁寧な質問。
それでもやはり厳しい指摘。IMG_04451

その質問に応える6期生。IMG_04461

そのあとに結城義晴の総評。
わたしは頑張った6期生にエールを送る役。
IMG_0421
大学院などの論文審査では、
指導教授が主査として司会し、
査読した2人の教授が副査となって、
質問を投げかける。

万代知識商人大学では、
私が主査で、全取締役が副査の役目だ。

次々に発表は進んで、
午前中に21人の論文審査が行われた。

昼食は万代のおいしい生寿司と、
ボリューム満点の仕出し弁当。
全員で黙食。
IMG_0440

昼食を終えると、
再び発表が再開される。IMG_0426

営業に関する論文に対しては、
店舗運営担当の圓石一治取締役が質問。
褒めるところは褒め、
さらに一段高い改革のあり方を指摘する。IMG_0451

人事・コーポレートの視点からは、
河野竜一人事・監査部門担当取締役。

河野さんはこの万代カレッジで、
ヒューマンリソースマネジメントの講義を担当する。IMG_0445

6期生には主に店長やスーパーバイザー、
商品部バイヤー、そして部門チーフが、
選抜されているが、
管理部門からも3人が選ばれている。
IMG_0459

さらにグループ会社のアドバンスからも、
2名が参加している。
磯田雅人アドバンス社長も、
2名の発表に講評を加える。IMG_0460
朝8時から始まった発表は、
15時を過ぎて無事、終了。

不破栄副社長が、
6期生へのエールの言葉。
IMG_0471

「新しいことを生み出すためには、
新しい発想が必要だ。
学んだことを実践してこそ、
知識商人大学での学習が役立つ。
自信と誇りを持ちながら、
その知識を謙虚に使ってほしい」IMG_0473
不破さんはいつも必ず、
とてもいいメッセージを贈ってくれる。

そして学長の最終講義。
IMG_0478
「すぐ役に立つことはすぐに役立たなくなる」

今年はとくに、
万代知識商人大学の精神を語った。

全員が感謝の礼をしてくれた。
ありがとう。
IMG_0475
そして修了証書授与式。

一人ひとりに阿部秀行社長が修了証書を手渡す。IMG_0483

私はオリジナルの修了記念バッジを手渡す。IMG_0497

修了証書を掲げて、
3人で記念撮影。IMG_0486

撮影のために、壇上に上がる前に
スタッフがガウンの乱れを直す。IMG_0502
こうした多くの皆さんのサポートがあって、
カレッジの授業が続けられてきた。

学長として改めて感謝したい。

修了式の最後は、
阿部社長の講話。
IMG_0512
「学んだことを活かして、
現場を変えていってほしい。
実践していってほしい。
6期までに180人余りの修了生がいる。
その皆が次代の万代をつくっていく」

阿部社長はいつもいつも、
わかりやすい事例を挙げて、
わかりやす言葉で語りかける。

それが素晴らしい。

全員で記念撮影。IMG_0522

さらに本社の前で、
恒例の帽子投げ。IMG_05316期生、修了おめでとう!

最後に二人で記念写真。
IMG_E0523
はじめは5期くらいのつもりだったが、
第6期まで進んできた。

その間に、
COVID-19パンデミックが起こった。
それでも万全の態勢を組んで、
企業内大学は続けられた。

来年度も3月から開催される。

私は詳細に厳密に継続するつもりだ。
万代は「学ぶ組織」であってほしい。

夜は久々に久恵で会食。
万代傘下の料亭。

第7期の選抜プランも話し合った。

最後に撮影の時だけマスクを外してにっこり。IMG_0533

左から芝さん、河野さん、圓石さん、津田さん。IMG_0536
1年間ありがとうございました。

仕事に打ち込むことこそ、
その人間にとって最高の教育となる。
つまり職場こそ、
最高の教育機関である。

万代大学は、
仕事による教育を受けた人間が選抜され、
1年間、知見を深めつつ自分の仕事を見直し、
再び学ぶことを確認する場である。

では、みなさん、今週も、
仕事に学ぼう。

Good Monday!

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.