結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2007年11月10日(土曜日)

17日間あめりか漂流記⑦テスコ “fresh&easy”「来た、見た!」

フレッシュ&イーズィ2
11月8日、カリフォルニア、ロサンゼルス。
イギリス第1位の小売業「テスコ」の、
アメリカ合衆国での最初の店がグランドオープン。

9日、グランドオープンの喧騒が去った日。
私は、ノブ・ミゾグチさんと二人、
このテスコの店「フレッシュ&イージー」を訪れた。
やはり“fresh&easy”と書いたほうが断然、気分いい。
小文字の綴りを採用したところが洒落ている。

ミゾグチさんは、アメリカでの私のパートナー。
ダイエーのバイヤーご出身で、
アメリカの食品と店舗に関する超のつく専門家。

“fresh&easy”は8日、
ロサンゼルスとその近郊に、
一挙に6店をオープンさせた。

私たちは、そのうちの3店を回った。

最初の店は、ロスの中心からも最も近いフリースタンディング。
フレッシュ&イーズィ1
道路を隔てた反対側に、セブン‐イレブンが出ている。

コンビニエンスな店ということだ。

第二は、中心から東に行ったサバブの近隣型ショッピングセンターの店。
フレッシュ&イーズィ3
ショッピングセンターの名を「アップランド・ビレッジ」という。
フレッシュ&イーズィ4
“fresh&easy”の隣に、バラエティストアの「ダラー・ツリー」がある。
ダラー・ツリーは、6300店、63億ドルのバラエティストア第3位。

そして、四つ角の道路の斜め前に、これも近隣型SC。
核店舗はあの「トレーダー・ジョー」
トレーダー
そしてドラッグストアの「ロングス」、
衣料ディスカウントストア「マービンズ」。

第二の店は、郊外の小型スーパーマーケットの役目を果たす店。

第三の店は、オレンジ郡アナハイムのこれも近隣型SCに立地する。
フレッシュ&イーズィ5
この店は、おそらくバラエティストアの撤退跡に出たもの。
ミゾグチさんの読み。
核店舗が、結果的に“fresh&easy”しかない。

3店ともに、異なる立地への出店。
これ、優れた方針。

テスコは、今年中に30店規模に持っていくことを発表している。
すなわち、さまざまな立地に一挙に出店する。

そして、すぐに300店まで拡大する計画に違いない。

店舗面積は、第一と第二の店が、1万平方フィート、約300坪。
第3は、1万2000平方フィート、360坪。

3店ともに、品揃え、レイアウトともに、
完全に標準化されている。

それでなくては、一挙に6店、2カ月で30店も出すことはできない。

この8日、ロサンゼルスタイムスは、
ビジネス欄で“fresh&easy”を大きく取り上げた。
ロスタイムス

「トレーダー・ジョーとラルフをブレンドした店」

つまり、トレーダー・ジョーの
①小型
②グロサリーストア
③ヘルス志向
④ディスカウント
トレーダージョーワイン
この4つの要素を持つ店。

同時に、このエリア地域一番シェアを有するクローガー傘下のラルフ。
オーソドックスで普通の店。

そのブレンド。

最も普通のスーパーマーケットと、
最も個性的な店の間を取って、
上手にポジションをつくったフォーマット。

これがロサンゼルスタイムスの見出しから私が読み取った内容。
実際に店を見ても、妥当な表現か。

小型のグロサリーストア。
もちろん生鮮も乳製品もデリもある。
フルラインのスーパーマーケットではあるが。
グロサリーは、 “fresh&easy”のプライベートブランドが目立つ。
圧倒的に目立つ。
そして、健康志向、環境対応。
これはトレーダー・ジョーのコンセプトに通じる。
さらにトレーダー・ジョー以上の価格競争力。
フレッシュ&イーズィ6

これに、低投資・低コストを付け加えると、
“fresh&easy”となる。

トレーダー・ジョーとの違いは、
第1に人件費コストが、断然低いこと。
第2に品揃えアイテムを、ぐっと絞り込んでいること。

最大の課題は、
この“fresh&easy”のプライベートブランドが、
この地の顧客から、
本当に受け入れられるかという点にある。

<この“fresh&easy”レポートはまだまだつづく、結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.