結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2007年11月08日(木曜日)

17日間あめりか漂流記⑤バーンズ&ノーブルとボーダーズの「複占」

バーンズ&ノーブル1
バーンズ&ノーブル
bo-za-zu
ボーダーズ

「複占」などと、小難しいしいことばかりで恐縮。
フォーマット別に2強が出現している。

百貨店はほとんどの有名企業が、
メイシーズ(フェデレーテッド)に統合。
ジュニアデパートのコールズ
ローカルデパートのディラード
超ホスピタリティデパートのノードストローム
サックスなどが異次元の経営で対抗。

GMSは、シアーズ・ローバックとJCペニーに。
しかしフォーマットの機能低下。

ディスカウントストアはウォルマートとターゲットに。
Kマートは、何度も言うが苦しい。
どれもスーパーセンターへ移行中。

そのスーパーセンターは、ウォルマートの独走。
ターゲットの追走ままならず。
私は、ターゲットは生鮮食品・デリを扱わないほうが断然よいと思う。
KマートのスーパーKは言わずもがな。

メンバーシップホールセールクラブは、
コストコとウォルマートグループのサムズクラブ

ホームセンターは、ホームデポとロウズ

これらはよく知る話。

しかし、書店チェーンも複占化が進む。

バーンズ&ノーブル。
793店。
年商52億6125万ドル。3.1%の成長率。
純利益は、1億5077万ドル。これも伸び率は2.8%。
バーンズ&ノーブル2

ボーダーズ。
1230店。
年商40億6390万ドル。
0.8%の成長率。
ボーだーズ3
サバブのショッピングセンターには、
どちらかが出店している。

どちらも「スーパーストア」。
「スーパーストア」とは業界平均の2倍の売り場面積の大型化のこと。
そして、本を陳列するだけでなく、
ソファーや椅子を置いて、
ゆったりと読んでもらう空間を用意する。
バーンズ&ノーブル3
バーンズ&ノーブル
このサービス提供は、実にいい。

スーパーストアづくりできない者は、
置いていかれる。
スーパーストアモデルを開発し、
それを顧客に認めてもらった店が、
「複占」の権利を得る。

しかし、
アマゾン・ドット・コムは、
年商107億1100万ドル。

26.2%の伸び。
0店。
純利益1億9000万ドル。

バーンズ&ノーブルとボーダーズを、
足しても93億2515万ドル。

他の追随を許さないインターネット書店は、
107億ドル。

これ、「複占」の次を、予感させる実例。

こんなに早々と、
私の結論らしきヒントを、
世に公表してしまってよいものか。

あな、恐ろしや、恐ろしや。

<つづく、結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.