結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2007年11月02日(金曜日)

上野光平の「戦略的時間管理」の原則

11月2日。
明日は、[文化の日]。
私が㈱商業界を辞してから、
2カ月が過ぎた。

目下の私の課題は、「時間管理」である。

私のブログによく出てくる上野光平さんの言葉に、
私にとって衝撃的な次の文章がある。
「五五歳を過ぎてから、時間管理のベースとして
『生き方の目標』を具体的に決めることとした」

上野本
上野さんは、63歳でこの世を去った。
55歳からの8年間。
生き方の目標が設定され、
それは上野光平の年賀状や暑中見舞い、
さまざまな公的な文章で明らかにされた。

そしてこの8年間、
すべてが、自然と、
これらの目標に集中し集積されていった。

上野光平は、「戦略的時間管理」と名づけた。

「戦略的時間管理の効率は、意外なまでに高い」
上野さんは、書き残している。

上野さんも言っているが、
人間にとって「時間」とは、「生きること」そのものである。
だから「時間管理」は「生き方管理」ということになる。

生き方を管理するなど嫌いだ、という人がいるかもしれない。
ならば、「生き方のマネジメント」と言葉を変えてもよい。

自分の生き方、自分の時間は、
自分でしか管理できない。
自分にしかマネジメントできない。

上野光平の「戦略的時間管理」は、
『戦略的な生き方のマネジメント』ということになる。

「時間管理は、時間をうまく使いこなす
あの手この手のテクニックではない」

その上野光平の「戦略的時間管理法」とは。

「したいことは山ほどあり、
できる時間は足らないのだから、
したいことの一部は我慢してやらない、
その代わりに、
したいことの一部は集中してやる」

これが「上野流戦略的時間管理」の原則である。

「好きなのにやらないのだから、
思いきりが必要だ。
時間管理とは生活の思いきりだと思う」

ストイックな人だ。

大の読書家であった。
しかし読書はするが、小説類はカットした。

私の場合にも、これは実によく当てはまる。
別に、小説を読まないわけではないが。

やりたいこと、
やるべきこと、
やれることの一部は、
徹底して、
集中的に、
実行する。

そのために、
やりたいことの一部は、
思いきって、
やらない。

それが「生き方のマネジメント」である。

<結城義晴>

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.