結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年03月12日(金曜日)

アークス社長にして日本セルフサービス協会会長の横山清さんに見た21世紀新商人像

疲れ果てていた。
昨夜は、午前3時半頃まで、
横浜の商人舎オフィスでテキストづくり。

疲れ果てていたら、
杉浦大西洋さんから、
ハガキが届いた。

元気が出てきた。

ありがとう。

杉浦さんは、今週火曜日、
「2人のビッグセミナー」に参加して、
いちばん前の席で勉強していた。

豊橋市に「一期家一笑」(いちごやいちえ)というお店がある。
「超ローカルスーパーなマーケット」と名刺にある。
杉浦さんは、そのデザイン部門チーフ兼総合バイヤー。

学びの姿勢がいい。
どんどん伸びてほしい人だ。

さて今日は、朝、9時過ぎから、東京の神田へ。
社団法人日本セルフ・サービス協会。
会長の横山清さんのインタビュー。  
ご存知、㈱アークス社長。

商人舎と商人ねっとの共同企画。
CDオーディオセミナー「知識商人登場」。  
第20回目の節目のゲストが、横山さん。

横山さんは、1935年(昭和10年)、
北海道芦別生まれの75歳。

家は鍛冶屋だった。
高校を卒業して、炭鉱夫になった。
そして2年後、北海道大学水産学部に入学。
この北大時代が横山さんの人生を決めた。

北大卒業後、商社に入社。
そこから出向して、ダイマルスーパーの営業部長へ。

ここから商人の道が始まる。
毎日毎日、仕事仕事。

伊丹十三映画『スーパーの女』そのものの時代を経験。

30歳でその小さなスーパーマーケットの常務、
34歳で代表取締役専務。

それから20年、1984年に年商100億円を達成するが、
この間は長かった。
100億円突破の翌年、社長就任。

1989年、㈱ラルズと社名変更し、
1990年300億円突破。

失礼な言い方かもしれないが、
ラルズは「遅れてきたスーパーマーケット企業」だった。

「周回遅れ」と横山さんは表現するが、
ヤオコーやエコスなども、周回遅れの企業。

現在、そういった企業が元気だから商業は面白い。

2000年には「八ヶ岳連峰経営」を標榜し、
2002年にはホールディングカンパニーのアークスを設立。

現在、アークスは北海道第一の3000億円企業として、
クリティカルマスを達成し、勢いが止まらない。

横山さんご自身、
2007年には藍綬褒章を受賞。
昨年は、全国スーパーマーケット協会と日本セルフ・サービス協会が合併し、
新しい協会の会長として、
業界を引っ張る。


その横山さんとの対談。
2時間近くを一気呵成。

私は、横山さんは、どうも、
「商人」という概念には当てはまらないと見ていたが、
それは鉱業や水産業を経験し、
さらに農畜産業をも経験して、
商業を客観的に見据えているからだった。

これまでのスーパーマーケット業界には、
二つの論理があった。

「商人の論理」と「チェーンストアの論理」  
私を含めて、この論理の枠に中に、
考え方を押し込めようとするきらいがあった。

20世紀的な観点である。

横山さんは、そこから突き抜けていた。
21世紀的な視点をもっていた。

横山さんの中にあるのは、
「人間」である。
「人間の集団」である。  

それがアークスの八ヶ岳連峰経営となり、
日本セルフ・サービス協会の未来戦略となった。

アークスは北海道の「クリティカルマス」を形成し、
協会は「スーパーマーケット業界の戸籍を確立する」。

日本標準産業分類に戸籍のない業界。
アークスという企業群の事業展開が、
そのまま戸籍を獲得する行動につながる。

セル協の活動は、戸籍を確立することに直結している。

私は、横山さんに「新商人」の姿を見ていた。

20世紀の殻を脱ぎ捨てた21世紀の「新商人」は、
鉱業も水産業も農畜産業をも体で理解した産業人である。

それが、横山清である。


私は、今回の対談で、
ずっと聞き役に回っていた。
観察者に徹していた。

観察者・結城義晴の結論が、それである。

CDのカバー写真撮影のために、
協会事務局の仕事場へ。

見てください、この笑顔。

ワイワイガヤガヤの中の協会会長。

それが横山さんのご所望。
それが横山さんに似合っている。

私も並んで、ワイワイガヤガヤの中で写真。

疲れ果てていた私は、
元気いっぱいの横山さんから、
元気をいただいた。

30代(多分)の杉浦さんと70代の横山さん。

お二人に元気をもらった結城義晴50代。
ちょうど真ん中。

頑張ります。

<結城義晴>  

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.