結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年03月03日(水曜日)

「大根1本を売る実業の醍醐味」ライフコーポレーション岩崎高治社長のコメント

今日は、3月3日の雛祭り。
桃の節句ともいう。
すなわち「節句」。

「節句」とは、季節の節目となる日のこと。
この日に、伝統的な年中行事を行う。
1月7日を除いて、ぞろ目の日が多い。
1月は1日の元旦が、ぞろ目中のぞろ目。
だから7日に七草を祝う。

有名な「五節句」。
その1月7日の「人日」(じんじつ)
七草の祝い。

今日3月3日の上巳(じょうし)
桃の節句、雛祭りの祝い。

5月5日の「端午」(たんご)
菖蒲の節句。

7月7日の七夕(たなばた)
星祭り、竹・笹。

9月9日の重陽(ちょうよう)
これは菊の節句。

一般には、お内裏様。

そして、お雛様。

しかしこの呼び方は正式には間違いらしい。

両方が「内裏雛」
そして「男雛」と「女雛」。
それが正しいらしい。

童謡の「うれしいひなまつり」に、
「お内裏様とお雛様」とある。
そこから、誤解が広まった。
その作詞家は山野三郎と称した。
実はサトウハチロー。

サトウハチローは、すごい影響力を発揮したことになる。

さて、今日の日経MJの「スーパー販売実績1月」。
日本チェーンストア協会の分野ごとの実績と、
独自調査の企業実績が発表されている。

「主要スーパー」の販売実績。
ここを「総合スーパー」と「食品スーパー」に、
分類してくれるとありがたい。

国際基準でいえば、
総合スーパーは「ハイパーマーケット」
食品スーパーは「スーパーマーケット」となる。

そうネーミングして、
両者を分けて発表すると、
読者は「業態の違い」を理解する。

業態の違いなど、関係ないという人もいるが、
それは違う。

おおざっぱにみても、
業態ごとに、顧客が違う。

だから業態ごとの統計は、
顧客の動向を見定めることに大いに役立つ。

例えば、百貨店全体の業績が悪いときに、
コンビニの業績は悪くはなかった。

顧客が百貨店での消費を控え、
コンビニでの消費に重点を置いたから。

こんなことがわかる。

総合スーパーと食品スーパー、
ハイパーマーケットとスーパーマーケット。
世界の先進国共通で、
同じような業態が発達した。

つまり顧客の購買と消費の行動が、
この業態の分化を進め、
それが共通している。

それを日経MJには、
販売実績の分類で示してもらいたいものだ。

もちろん、スーパーマーケットもハイパーマーケットも、
両方ともに経営する企業はある。
その場合、どれを主力にしているか、
過半数の売上げを占めている業態の分類に入れる。

ウォルマートは、ハイパーマーケット主力の企業だ。
それを「スーパーセンター」と呼称する。
御承知のように「サムズ」というメンバーシップ・ホールセールクラブも、
「ネイバーフッドマーケット」のバナーが付けられて、
スーパーマーケットも展開する。
しかしウォルマートはハイパーマーケット企業と分類してよろしい。

その1月の販売実績。
既存店前年同月比売上高でプラスの企業。
イズミ0.7%
ライフコーポレーション0.2%
ヨークベニマル1.6%
ベイシア0.9%
サミット2.1%
カスミ5.4%  

一方、イオンリテール▲7.6%
仲よくイトーヨーカ堂▲7.6%
ユニー▲7.8%
ダイエー▲3.6%
平和堂▲5.7%  

調査した19企業平均が▲5.0%。

こうみると、プラス企業に、
食品スーパーマーケットが多いことがわかる。

だから今、スーパーマーケットを注目する。
その中で良好な実績を上げている企業が、
なぜ良好なのかを観察し、読み取る。
そして自分の仕事、自社の営業に活かす。

これが、実にシンプルで、
有効な方法となる。

「ストアコンパリゾン」という。
観察し、考察し、検討し、実行する。

一つ一つが全部大切。
観察も、考察も、
検討も、そして実行も。

「すぐやる・かならずやる・できるまでやる」  
今月の商人舎標語。

必ず、成果は出る。
そのようになっている。

好調企業のトップの一人、
㈱ライフコーポレーション社長の岩崎高治さん。
日経新聞本紙のコラム「人こと」に登場。

「短期的な業績に一喜一憂しない」  

これは昨日のこのブログの田中彰さんと一緒。
全日食チェーン協同組合全国連絡会会長。
「商人は一喜一憂してはならない」

岩崎さんのコメントで私が一番好きなものは、以下。
「スーパーマーケットには、
大根1本をどう売るのかという、
実業の醍醐味がある」  

パン1斤、牛乳1本、魚1尾、豆腐1丁を売る醍醐味。
その実業の実感が、スーパーマーケットにはある。

私は感心した。

岩崎さんは言う。
「地元の主婦にいかに、
1品でも多く買ってもらえるかが、
スーパーマーケットの基本」  

従って、「海外に活路を求める考えはない」

日経本紙の記者は、「スーパーマーケット」のところを、
わざわざ「スーパー」と書いている。
そして岩崎さんから「海外進出」の、
威勢の良い言葉を引き出したかったようだ。

どっこい、そうは問屋がおろさない。

これが総合スーパーだったら、
海外進攻も、おおあり。

大根1本ではなく、
ジーンズ1着でもよい。
春のシーズンはランドセルや自転車でもよい。

大根1本とジーンズ1着は、
おおいに違う。

それが業態の違い。
業態の客層の違い。
業態の社会的使命の違い。

自らの使命を明確にし、
その使命に忠実な企業が、
良い結果を生み出す。  

自らの使命に関することに対して、
「すぐやる・かならずやる・できるまでやる」  
それが、雛祭りの今日のメッセージ。

よろしく。

<結城義晴>  

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.