結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年03月09日(火曜日)

「命と右目」「店と企業」のライフサイクルを考える

故田村弘一さんの告別式があった。
享年70歳。
㈱グリーンファクトリーの現役社長。
元㈱クイーンズ伊勢丹社長、㈱パレ社長など歴任。

スーパーマーケット・トレードショーのブースでお会いし、
㈱スズキヤの中村洋子社長と一緒に写真を撮った。
それが最後のお別れになった。

ご冥福を祈りたい。

合掌、黙祷。

今朝、東京・池尻の東邦大学付属病院で検査と診察。
私の場合は、右目。

10歳の夏休み、右目に針金が刺さり、
白内障で水晶体摘出手術

その後、㈱商業界社長の53歳の5月に、
突然の網膜剥離で、手術。

さらに、一昨年、㈱商人舎を立ち上げたばかりの3月に、
緑内障で眼圧が高まり、二度の手術。

それからちょうど二年。
今朝の視野検査、眼圧検査と診断のあと、
北善幸医師は言った。
「結城さんの場合、命よりも右目の寿命は短いでしょう」
「あと20年か、25年か」
「右目の視力がゼロになることもあります」

私は聞いた。
「ゼロというのは、真っ暗になることですか」
「はい」

私は、思った。
絶対に命は、右目より長生きさせる。
それに私には左目がある。

大切に、生きよう。

『週刊エコノミスト』は「特集・百貨店沈没」。
『週刊東洋経済』は「百貨店・スーパー大閉鎖時代」。

有楽町西武マリオンの閉店は、
一般マスコミ人にとって、
よほどインパクトのある事件だったようだ。

私の場合に置き換えると、
会社が私の寿命。
有楽町の店は、私の右目。

右目が見えなくなることは辛い、悲しい。
しかし、人間の命がもっと大切。

右目にも寿命があるし、
人間にも寿命がある。

店にも寿命があるし、
会社にも寿命がある。

そして業態にも寿命がある。

東洋経済記者のインタビュー。
「西武有楽町店は顔的存在だったと思うのですが」
それに答えて、
セブン&アイ・ホールディングス会長の鈴木敏文さん。
「顔でも何でもない。
今までやってきたこと自体が不思議だった」

「開業以来一度も黒字化したことがなく、
規模が小さいからファッションビルにもならない」

鈴木敏文さんへの質問は、
頓珍漢な事を聞くに限る。
あるいは怒らせる。

そうすると、いい答えが返ってくる。

鈴木さんは冷徹な人だ。

右目でも、胃袋でも、
たとえ顔であっても、
不必要なものは容赦なく手術する。

しかし、それが一番、
人間の命を大切にすることになる。

マスコミは、ともするとノスタルジックになる。
それが大衆受けするからだ。

小売業ももちろん、大衆を顧客にしている。
しかし、ノスタルジックな商売は成り立たない。  

不思議なことだ。

あくまでもリアリズム。
リアリティこそ、商人のよりどころだ。

ところで『東洋経済』と『エコノミスト』。
前者は全面展開しすぎて、
週刊誌としては散漫になってしまった。
「大閉鎖時代」と時代をとらえようとしたから、
百貨店もアパレルも総合スーパーも、
スペースをとって取り上げた。

そのために、一般読者からすると、
特集テーマと同じ「総合の隘路」に陥った。

一方、『エコノミスト』は百貨店の沈没に絞り込んだ。
巻頭記事に私のコメントも入れてくれた。
週刊誌としてはこれでよいかもしれない。

しかし、もっともっと、鋭い切り口が必要だ。
それこそ、「顔を切っても命は守る」くらいの意気込みを、
特集の中に塗りこめるべきだ。

自ら「毒」をもたねば、
マスコミ自体、生き残れない。

日経MJで㈱カスミ社長の小濵裕正さんが語っている。
「デフレがいけないとか安売りがいけないとか、
経済学者が言うのはわかるが、
スーパーの経営者が言ってはいけない」

「1円でも安く売り、
1円でも利益を出す仕組みをつくるのが、
チェーンストア」

「安く売ったらつぶれるというのなら、
経営者をやめなければいけない」

このリアリティが、本物の商人だ。

リアリティとノスタルジー。

雑誌も店も、
マスコミ企業も小売企業も。

実は、同じところに立っている。

再び、田村弘一さんに、黙祷。

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.