結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年05月01日(金曜日)

“no one will be left behind”の「世のため、人のため。」

今日から5月。
令和になって丸1年。

朝日新聞一面「折々のことば」
第1803回。

no one will be left behind.
「誰ひとり取り残さない」
(国連が謳う理念)

「誰も置き去りにしない」とも訳される。

2015年、国連で全会一致で採択されたSDGs。
SDGsは「持続可能な開発目標」
0001
その「2030アジェンダ」の理念が、
この一文。

no one will be left behind.

編著者の鷲田清一さん。
「コロナ禍による医療崩壊や
経済活動の休止による生活危機の中で、
普遍的人権、なかでも、
苦難を強いられている人びとの権利を
断固守るというこの言葉が
厳しい試練に晒(さら)されている」
478371598X
つまり鷲田さんは、
苦難を強いられた人々を、
守り切ることが難しい局面にあると言う。

no one will be left behind.
これは民主主義の本質を意味する。

だとすれば、
このコロナ禍の今、
民主主義を堅守することこそが、
試練に遭っている。

鷲田さんはそう考えている。
同感だ。

鷲田清一さんは、
1949年、京都市生まれの団塊の世代。
専攻は臨床哲学・倫理学。
専門は現象学・身体論で、
「身体(からだ)」は、
「像(イメージ)」でしかないと説く。

大阪大学総長、名誉教授、
京都市立芸術大学理事長・学長、
同名誉教授。

日本の緊急事態宣言は、
どうやら5月いっぱい、
続けられそうだ。

阪神淡路大震災や東日本大震災とも、
石油ショックやリーマンショックとも、
全く異なる体験がまた1カ月間続く。

それもグローバルレベルで。
日本は周回遅れの最後尾あたり。

人の命とははかないものでもあって、
まったく納得がいかないけれど、
それがこの世から失われる以外のことは、
もしかしたら得難い時間なのかもしれない。

つまり、
“no one will be left behind”
とはいかない。

それでも、
いや、それだからこそ、
現在の自分たちには未知の体験で、
その時間を無駄にしてはならない。

そう考えて1カ月を過ごすことにしよう。
W

2020年の商人舎標語。
世のため、人のため。

ひとつひろえば、
ひとつだけ街が美しくなる。

1本植えれば、
1本だけ地球がよくなる。

ひとつ売れば、
ひとつだけ喜びが生まれる。

ひとつつくれば、
ひとつだけ価値が生じる。

ひとつ運べば、
ひとつだけ経済が回る。

世のため、
人のため。

客のため、
店のため。

街のため、
国のため。

母のため、
父のため。

子のため、
孫のため。

妻のため、
夫のため。

愛する人のため、
未来の人のため。
2020_01tobira-448x292

2020年代の初頭、
令和2年のはじまりに。

ひとつひろえば、
ひとつだけ街が美しくなる。

1本植えれば、
1本だけ地球がよくなる。

ひとつ売れば、
ひとつだけ喜びが生まれる。

世のため、
人のため。

客のため、
店のため。

己のため。

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.