結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年05月06日(水曜日)

42年前に私はソ連風邪にかかった。インフルエンザだった。

42年前に、私は、
インフルエンザにかかった。
ソ連風邪と言われた。
b

2年か3年に1度くらい、
風邪をひくことはあるが、
40年前のインフルエンザ以来、
重篤な感染症にはかかっていない。

「風邪は万病のもと」と言われるが、
正式には「風邪症候群」である。

上気道の急性炎症の総称。
上気道は鼻やのどのこと。

風邪のウイルスが粘膜から感染して、
炎症を起こす。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、
咳、たん、発熱といった症状が起こる。

その風邪ウイルスは、
200種類以上もある。

私には私流の風邪の治し方があるが、
これは何度かブログに書いた。
202003_yuuki-maegaki

一方、インフルエンザは、
風邪ウイルスとは別のものだし、
症状の重さも異なる。

つまり別の病気だ。

インフルエンザには、
まず、3類型がある。

A型インフルエンザは、
ヒト、鳥類、ウマ、ブタなどに感染し、
強烈な症状が出やすい型だ。
問題になるのはみなA型である。

B型インフルエンザは、
ヒトとアシカ亜目のみに感染し、
毎年流行している。
A型のように、大きな流行は起こさない。

そしてC型インフルエンザは、
ヒトとブタに感染し、
いったん免疫を獲得すると、
終生その免疫が持続する。

A型インフルエンザのヒトへの流行は、
6つの大きな「事件」があった。

①1900年のH3N8(旧香港風邪)、
②1918年のH1N1(スペイン風邪)、
③1957年のH2N2(アジア風邪)
④1968年のH3N2(香港風邪)、
⑤1977年のH1N1(ソ連風邪)、
⑥2009年のH1N1(豚由来新型インフルエンザ)

「風邪」と呼んだが、
「インフルエンザ」だった。
202003_message
42年前の20代中ごろ、
私はそのインフルエンザの、
「ソ連風邪」にかかった。
1977年4月に㈱商業界に入社して、
翌年のことだった。

3日から4日ほど、
38度から39度の熱が出て、
会社を休んだ。

ソ連風邪は、
1977年から1978年にかけて、
当時のソビエト連邦で流行した。
インフルエンザのエピデミックだった。

パンデミックが「世界的流行」で、
エピデミックは「局地流行」。

ソ連で局地流行したから「ソ連風邪」。

しかしもともとは、
1977年5月に中国・天津で始まった。

インフルエンザはどうやら、
中国から発する事例がほとんどだ。

その年の11月、ソ連と香港で、
インフルエンザが大流行した。

そして1978年3月までに、
北半球のほとんどの国へ伝染した。
もちろん日本も襲われた。

しかし1978年から1979年にかけて、
ワクチンが製造された。

幸いに私はまだ若かったし、
長期化もせず、重篤化もしなかった。

風邪ともインフルエンザとも違うのが、
コロナウイルスである。

コロナウイルスは、
1933年に家禽で初めて発見された。

Msdマニュアルの「医学事典」によると、
「コロナウイルスは、
感冒から致死的な肺炎に至るまでの
様々な重症度の呼吸器疾患を引き起こす、
エンベロープを有するRNAウイルス」。

エンベロープは「膜状構造」のこと。
RNAウイルスとは、
ゲノム(遺伝情報)として、
リボ核酸(RNA)をもつウイルスのこと。

リボヌクレオチドという、
核酸が生まれる前の段階の物質が、
鎖状に繋がっている。
それがリボ核酸である。

その「核酸」とは生体内に存在する、
分子が大きな有機化合物のことだ。

コロナウイルスは、
このリボ核酸を持つという特徴がある。

ウィルスとは、
極微小な感染性の構造体で、
他生物の細胞を利用して、
自己を複製させる。

ウイルス核酸そのものに、
感染性があるのだ。

多くのコロナウイルスは、
動物の呼吸器、消化管、肝臓、
および神経系の疾患を引き起こす。

ヒトに疾患を引き起こすのは7種類。

7種類のコロナウイルスのうち、
3種類が重篤な呼吸器感染症を引き起こす。

⑴SARS、サーズ。
2002年のSARS-CoV。
「重症急性呼吸器症候群」。
中国南部の広東省を起源として、
37カ国で8096人が感染、774人が死亡。

⑵MERS、マーズ。
2012年からのMERS-CoV。
「中東呼吸器症候群」。
ヒトコブラクダが感染源動物で、
ラクダとの接触などが感染リスク。
中東地域をはじめとして、
2015年に韓国・中国に拡大し、
2019年11月までに、
確定患者2494人、死者858人。

そして⑶COVID-19。
2019年からのSARS-CoV2。
202003_cover
医学事典では、
「中国・武漢の生きた動物を売買する、
生鮮市場との関連が認められる」とする。

ドナルド・トランプ大統領は、
武漢のウイルス研究所から出たと主張する。

これら3種類のコロナウイルスは、
人獣共通感染の病原体で、
感染動物から始まって、
動物へ、そしてヒトへと伝播する。

一般的に、コロナウイルスは、
変異しやすいために、
ワクチンや治療薬が開発しにくい。

ゴールデンウィーク連休は、
ステイホーム週間に埋没した。
その最後の日に、
風邪とインフルエンザと、
コロナウイルスを整理してみた。

高校の授業を思い出した。
私は理科系科目は、
生物と化学で大学受験をした。
だからちょっとだけ詳しく書いた。

しかし人間は、
風邪やインフルエンザ、
そしてコロナウイルスなど、
様々な病原菌に囲まれて生きている。

生きているのは幸いなのだ。
軽症で終わるのは幸運だし、
病気にかからないのは、
極めてラッキーなことなのだ。
Fotolia_68716229_L
ありがとう、と言いたくなる

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
第18回 ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.