結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年09月30日(火曜日)

西友支配人・故上野光平さんの「だからの論理」と「にもかかわらずの論理」

ウォルマートが、6年連続最終赤字の西友に、
また決断を下した。

20店の老朽店舗の閉鎖。
350人の早期退職による人員リストラ。

その西友が「東の雄」だったころのこと。

西友ストアー支配人の上野光平さんは、
社内通信に、「今月の言葉」という巻頭文を連載していた。

その中のひとつ。
「だからの論理」の話。

人間は「自分を一番よく知っているのは自分だ」と思っている。
しかし、その逆のことが多い。
「あなたをよく知っていないのはあなたですよ」
こう言ってやらねばならないことが非常に多い、
と上野さんは書く。

自分を客観的に見ることは、難しい。
いわゆる「自己誤解」。
これは、自分の行動を、
自分以外の他のものに原因づける論理によって生じる。
これを上野さんは「だからの論理」という。

すべてを「……だから」で説明して、自分自身を納得させ、
ごまかし、本当の自分の願いを分からなくさせ、
幸せへの途を閉ざしてしまう。

「だからの論理」による自己欺瞞から自己を解放し、
自分の人間らしい幸福をはっきりと見定めるためには、
「にもかかわらずの論理」が唯一の武器だ、という。

「だから」を
「にもかかわらず」に
置き換えてみよ。

上野さんは、こう問いかける。

「景気が悪い。だから、売り上げが上がらない」
これを、置き換える。
「景気が悪い。にもかかわらず」と置き換えると、
「利益は確保できた」となる。

「にもかかわらず」に置き換えると、
そこにはまったく新しい人間像が現れる。

上野さんは、最後に言う。
「人間は、
『にもかかわらずの論理』によってのみ、
人間としての自分を正しく理解できるのであり、
人間としての幸せを得ることができるのです」

「だからの論理」と「にもかかわらずの論理」。

今の西友では、どちらが勝っているのだろう。

さて、昨日は朝から横浜商人舎オフィス。
ニラク人資部統括マネジャー末次秀行さん、来社。

春のUSA研修会に参加してくださった商人舎ファミリー。
PCSA人事部会の改革など、様々な相談。
アイデアがどんどん湧いてくる。
いい感じ。

昼過ぎ、西新宿の伊藤園本社へ。
『食品商業』誌の「夏の大陳コンテスト」審査委員会。
このコンテスト、日本最大・最高のレベルと規模を誇る。
今回は8684店の参加。

企業賞のグランプリは賞金300万円。
店舗賞のグランプリは200万円。

審査の真剣度も、当然ながら、アップする。
審査委員は、
伊藤園代表取締役副社長・本庄大介さん、
同副社長・江島祥仁さん(写真左)、
常務取締役・本庄周介さん(写真右)、
そして『食品商業』編集長・山本恭広さんと私。
伊藤園2

今回は、ダノンウォーターズオブジャパン(株)社長が加わった。
ホール・リチャードさん(写真中央)。
伊藤園1
ダノンの日本支社は、エヴィアンとボルビックの会社。

伊藤園の商品ラインナップにエヴィアンが加わった。
それによって、ディスプレーも大きく幅をもった。

当然のように、プレゼンテーションは技術が向上した。

300万円獲得の企業さん、
ここでは書きたいのは山々なれど、書けない。
しかしおめでとう。
200万円獲得の店舗賞の皆さんも、おめでとう。

いい作品でした。

伊藤園本社を後に、横浜にとって返して、
深夜まで、コーネル大学RMPジャパンのシラバス作製。

シラバスとは、講義要綱をまとめたもの。

シラバスづくりも、久しぶりに雑誌づくりの現場を思い出し、
殺気立ってはいるものの、充実感あり。

何事も、根をつめて仕事するのは、楽しいこと。
付き合ってくれたみなさんに感謝。

良い学校をつくります。
日本初の業界内大学です。

明日から、10月。

とうとう、コーネルのスタートにこぎつけた。
「にもかかわらずの論理」によって。

上野さん、ありがとうございます。

<結城義晴>


2 件のコメント

  • おはようございます。「にもかかわらずの倫理」すばらしいですね。「だから」と責任を回避してしまう。「自己責任」 心の持ち方、考え方で結果も変わっていくのでしょうね。ありがとうございます。

  •    前田さん、おはようございます。
       上野さんは、この「にもかかわらずの論理」を、
       昭和43年に考え出して、書いています。
       今から、40年前。
       上野さんが、40代中ごろのことでした。
       ダイエー創業者の中内さんも、同年代。
       イオンの岡田卓也さんは少し年下。
       日本の小売業界に、エネルギーがあって、
       ビジョンとロマンを模索していました。
       そこから「にもかかわらずの論理」生まれました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
ミドルマネジメント研修会
ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.