結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2013年12月10日(火曜日)

中国北京の三大話「イオンモールと万里の長城・北京ダック」

月刊『商人舎』12月号、
本日発売!!

特集は、
「ポスト・モダニズムVC(ボランタリーチェーン)
サブタイトルは、
「全日食チェーンと商業現代化現象を追う」

雑誌の表紙のCover Message。

2013年最大のショックは
「小売店舗数の激減」である。

11月末発表の最新経済センサスの報告で、
それは100万件を割り込み、
99万店に減少。
最大で172万軒もあった小売店舗は、
ピーク時に比して72万店、
42%も減った。

卸売業も機能喪失して、
流通の毛細血管に血が通わず、
「買い物難民」の消費者ならぬ
「仕入れ難民」の小売業者が出現している。

かつての通商産業省の「流通近代化」の
目玉の一つが
ボランタリーチェーンの構築だったが、
低迷するこの業態に
脱近代化の兆候がほの見えている。

「近代化主義」のモダニズムに
行き詰まりが見えて、
だから「脱近代化=現代化」の
「ポスト・モダニズム」現象が現れる。
日本の小売業にも、まさに
「現代化」が必須となってきている。

「コスモス・ベリーズなど
ポスト・モダニズムの
ボランタリーチェーンを追うことで、
商業現代化の大きな図柄を描こう。

今年最後の号は、
思い切って、
商人舎の主張を前面に出しました。

すなわち「現代化」。
ポスト・モダニズム。

パラダイムの転換が起こっています。

それをボランタリーチェーンを舞台に、
大きな絵柄で描いてみました。

私自身の原稿では、
故堤清二さんの『変革の透視図』が、
大いに参考になりました。

驚くべき予言力を持った書物。
堤さんに感謝の意を表明しつつ、
再びご冥福を祈りたいと思います。

合掌。

さて私は、
今日から12日までの3日間、
中国の首都・北京へ。

羽田空港国際線。
20131211065944.jpg

出発です。
20131211070001.jpg

朝9時25分羽田発の全日空機。
20131211035820.jpg
あいにくの雨。

でも元気に出発。
20131211035905.jpg

4時間弱のフライトで、北京へ。

今の北京国際空港は
2008年のオリンピック開催年につくられた。
20131211070013.jpg
ガラス張りで壁のないデザイン。

快適な空港。
すぐさま、同じく2008年にできた
昌平区のイオンショッピングセンターへ。
20131211040512.jpg

イオンは北京市内に2店を出店している。
この店は北京1号店。
20131211040740.jpg

入り口はクリスマスのデコレーション。
20131211044330.jpg

核店舗は総合スーパーのイオン。
20131211040818.jpg

全体はリージョナルショッピングセンター。
20131211074546.jpg

イオンモールが担当。
20131211074531.jpg

1階が食品フロアとGMS部門。
20131211040926.jpg

2階が衣料のイオンスタイルストア。
20131211074706.jpg

1階スーパーマーケット。

その入り口。
20131211074500.jpg

青果部門は強力。
20131211074612.jpg

精肉はロノ字型の作業場の真ん中に、
豚の枝肉を3本吊るして演出。
20131211074651.jpg

惣菜も強い。
20131211074823.jpg

店はクリスマスプロモーション一色。
20131211041055.jpg

早仕掛け。
20131211074641.jpg

お客も実によく入っている。
20131211041021.jpg

主通路でもクリスマス商品をボリューム展開。
20131211041356.jpg

ワイン売場もクリスマス。
20131211044449.jpg

ハーゲンダッツも。
20131211074803.jpg

2階はイオンスタイルストア。
20131211074730.jpg

その主通路。
天井に赤と緑の大きなリボンを装飾。
20131211041435.jpg

モールへの通路でも、
顧客が寄りつき、店員が対応する。
20131211074841.jpg
日本のイオンよりも、
明らかに店に元気がある。

売場づくりも日本より、
思い切りがあっていい。

そんな感想を抱くほど。
20131211044350.jpg

つくづくと思った。
商売は人が多いところでやるべし。

まさに岡田屋の家訓。
「大黒柱に車をつけよ」

詳細は『商人舎magazine』で、
近々に紹介しょう。

最後にイオン管理の吴さん、
サービスカウンター部門のみなさんと。
20131211041258.jpg
みなさん、がんばってください。

それから北京市郊外の八達嶺長城へ。
20131211041455.jpg

いわゆる中国が誇る「万里の長城」
世界文化遺産。

首都を外敵の匈奴から守るための城壁。
2012年に新たに発表された総延長は、
2万1196km。

2000年以上前の春秋戦国時代に基礎が築かれ、
秦の始皇帝がばらばらだった長城を繋いだ。

明の永楽帝が外長城と内長城を築いて、
防御態勢を強固なものにした。
20131211041554.jpg

尾根に築かれた建造物。
20131211041511.jpg

さっそく、登ってみることにした。
20131211070219.jpg

長城入口。
20131211070043.jpg

急こう配の階段。
20131211041540.jpg

長城の回廊。
20131211070057.jpg

大砲は余興。
20131211070110.jpg

城塞から発して、
回廊はつづく。
20131211070157.jpg

少し上ると景色が一変する。
20131211041612.jpg

この山々の先から、
匈奴が攻めてきた。

それを防ぐために尾根伝いに、
ながい長い城壁をつくった。

想像を絶する壮大な事業。
20131211041656.jpg

石畳にして登りやすく整備されたのは1980年代。
20131211070139.jpg

それでも急こう配。
20131211041636.jpg

城壁から覗いてみた。
20131211070127.jpg
絶景。

その中で写真。
20131211041717.jpg
右から案内役の徐さんと
MDD会事務局長の前田仁さん、
JTB西日本の小阪裕介さん。

そして夜は北京ダック料理へ。
20131211041735.jpg

その北京第一の名店「全聚徳」。
20131211071702.jpg

入口に北京ダック。
20131211071729.jpg

そして出迎え。
20131211071743.jpg

当然ながら、一緒に写真。
20131211041754.jpg

回廊。
20131211071800.jpg

食堂。
20131211071811.jpg

パフォーマンス。
20131211071823.jpg

最高です。
20131211071834.jpg

堪能した。
20131211053854.jpg
しかし今朝まで日本にいたのに、
今は、万里の長城や北京ダックを、
楽しんでいる自分たち。

不思議な気がした。

食事の後は、
天安門広場のイルミネーション。
20131211041829.jpg

滞在初日。
イオンモールの繁盛ぶりとともに、
北京の文化に触れた一日だった。
(つづきます)

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.