結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2015年11月18日(水曜日)

クローガーがマリアーノス買収、ダラスで平和堂研修開始

アメリカに来てから3週間。
疲労が蓄積して、
夜は食事をしてワインなど飲むと、
部屋に帰ってすぐに眠ってしまう。

そして朝の4時ごろに起きて、
Daily商人舎のニュースを仕上げて、
事務仕事をする。

そのあとで写真を整理して、
ブログを書く。

そして朝8時には、
講義をするか、
出発するか。

そこでブログの公開が遅れる。
時差時間でお許しいただきたい。

さて、こちらアメリカでは、
クローガーのM&Aが話題になっている。
ローカルチェーン「ラウンディーズ」を買収。

ラウンディーズは、
ミルウォーキーに本拠を持ち、
ウィスコンシン州とイリノイ州で、
スーパーマーケット151店舗を展開する。

店舗バナーは複数。
つまりマルチ・バナーの戦略。
ピック・アンド・セーブ、
カップス、メトロ・マーケッ ト、
そしてマリアーノスなど。
ほかに10店のファーマシーを有する。

しかし、どのエリアにもある競争激化で、
業績が悪化し、直近3四半期にわたって、
収益が激減した。

つまり競争に負けたということだ。

そこで、オーナーは売却を決断。

日本でも一部で話題にされているが、
マリアーノスはラウンディーズの一部門。
シカゴで34店舗を展開する高級スーパーマーケット。
DSCN0874-5
私も昨年の11月に訪れて、
最新の店づくりには一応の評価をしたが、
一番の関心事はその収益性であった。

ラウンディーズCEOは、
ロバート・マリアーノ氏。

かつてシカゴを中心に、
ドミニクスというローカルチェーンがあった。
1999年にセーフウェイに買収されてしまったが、
マリアーノ氏はその経営者でもあった。

ドミニクス売却後、再起して、
ラウンディーズを創業し、
マリアーノスは経営者の名前を冠するほど、
グループ内でも期待された。

基本はホールフーズとウェグマンズの折衷的模倣。
ナチュラル&オーガニックの生鮮食品と、
プリペアードフーズ&フードサービス部門の強化で、
週販100万ドルの繁盛店をつくった。

しかし高コストを回収するだけの
収益性が確立できず、
どう見ても採算分岐点が高い店となった。

ラウンディーズのプライベートブランドも、
大量に投入したが、それも中途半端。

会社全体は競争激化で利益を悪化させた。

結局はマネジメントの問題だった、
ということができる。
しかしマネジメント・レベルは、
店に、現場に現れる。

それを見抜かねばならない。

クローガーは今回の買収によって、
ウィスコンシン州への進出を果たした。

さらにマリアーノスの取得で、
シカゴ地区の店舗ネットワークが強化される。

ハリスティーターに続いて、
マリアーノス。

もはやローカルチェーンの受け皿企業は、
クローガーしかなくなった。

この潮流はこれからも続くだろう。
アメリカにローカルチェーンがある限り。

さて私はサンフランシスコから、
ダラスに移動。

朝日がまぶしい。
DSCN0097

その朝日に向かって
離陸する。
DSCN0097-5

整備士に見送られて出発。DSCN0098-5

快晴の空とまっすぐな滑走路。DSCN0103

空と海の青が溶け合う中、
サンフランシスコのダウンタウンと、
ベイブリッジが見える。DSCN0106-5

サンフランシスコ湾もくっきり。DSCN0107-5

そしてシェラネバダ山脈。DSCN0110-5

テキサス州に入ると景色が変わる。
茶色の大地。
DSCN0113-5

ダラスのダウンタウンが、
かすんで見えてきた。DSCN0116-5

ダラスフォートワース空港を取り巻くように、
フリーウェイ。
DSCN0118-5
そのテキサス最大の国際空港に到着。

しかしここで、トラブル。
バッゲージクレイムで、
いくら待っても、
私のトランクが出てこない。

仕方なく、書類を作ってもらって、
空港で日本から到着した、
平和堂のメンバーと合流。

心ここにあらず。

しかし最初に向かったのは、
ウォルマート。

このショッピングセンターの店舗は2層式。
ウォルマートスーパーセンターとサムズの連弾。DSCN0119-5

まずは1階のサムズ。
DSCN0126-5

これでもかとコストコを模倣した、
ホールセールクラブ。DSCN0120-5

ワイン売場もコストコそっくり。DSCN0122-5

クリスマスプロモーションは全面展開。DSCN0124-5

ファストフードもコストコそっくり。DSCN0125-5

そして2階のウォルマートスーパーセンター。DSCN0130-5

入口の飲料のプロモーションは、
クリスマスがテーマ。
かわいい。
DSCN0144-5

店内に入ればすぐに、
クリスマス・プロモーション。DSCN0131-5

店頭のチラシを持って
買い得品を探すお客。DSCN0134-5

息子はスマホ、
母親はチラシ。
DSCN0135-5

平冷蔵ケースも蓋つき。
省エネを意図する。
その中には七面鳥。DSCN0137-5

シーゾナル売場もクリスマス。DSCN0138-5

PBグレートバリューのオーガニック牛乳。
NBのホライズンより断然、売れている。DSCN0139-5

アクションアレーの島陳列がずらりと並ぶ。DSCN0142-5

通路幅が広いから、
障がい者用カートも利用しやすい。DSCN0141-5

ウォルマートの店舗は、
天井が高く、快適な空間だ。DSCN0140-5

ウォルマートの視察を終えると、
夕焼けに染まるダラスの空。
DSCN0146-5

夕空の中、ウォルマートを後に
クローガーへ。DSCN0148-5

クローガーは今、絶好調。
47四半期既存店増収を果たす。
DSCN0188-5

 

エントランスでまず、
クリスマスデコレーション。DSCN0185-5

そして入口青果売場に、
ど派手なクリスマスカラーのデコレーション。DSCN0186-5

花卉売場は切り花を中心に
顧客を出迎える。
DSCN0187-5

オーガニックを強化し、
これまた絶好調。
DSCN0151-5

ミート&シーフードの対面売場は、
鮮度を重視している。DSCN0152-5

主通路でも、
ナチュラル&オーガニックを打ち出す。DSCN0154-5
ナチュラル&オーガニックの食品を、
集めまくったコーナー。
どんどん売場が広がっている。
DSCN0157-5

そして話題の「フリーフロム101」のコーナー。DSCN0161-5
大ヒットPBシンプル・トゥルースが並ぶ。

広いインストアベーカリー売場。
自家製のクッキーやマフィンなどが利益を稼ぐ。
バルーンを多用しているのが特徴的だ。DSCN0156-5

こちらは週のお買い得品を集めた、
「ウィークリーディール」のコーナー。
エブリデーロープライスを基本に、

ウォールマートの「ロールバック」を、
週間単位で展開する。DSCN0162-5

キッチンプレースと名付けられた、
キッチン用品の売場。
DSCN0164-5

ハウスホールドのコーナー。DSCN0167-5
非食品も充実。

最後に、「ファッションエッセンシャル」
アパレル売場。
DSCN0168-5

アパレルが食品売り場からも見える。DSCN0169-5

クロガーは今、
家具からアパレルへと売場を大改装中。
家具よりも衣料品のほうが、
断然、商品回転率がいいし、
食品との「親和性」が高い。
DSCN0170-5

アパレルから靴や服飾が連動される。DSCN0173-5

もちろんベビー、キッズのアパレルも強化。DSCN0174-5

衣料品にこれだけ広い売場を確保している。
クローガーの新しいウォルマート対策だ。DSCN0176-5
ただし実験の真っ最中。

まだまだです。

ファーマシーは店舗入口を入って、
すぐの所に設置。
DSCN0179-5

店舗中央にクリスマスギフトのコーナー。DSCN0183-5

この非食品を強化したフォーマットが、
クローガー・マーケットプレース。

食と衣の親和性。
極めて重要なテーマだ。

さて視察が終わると、
そのまま、夕食会場へ。
HOFF BRAUステーキハウス。DSCN0191-5

テキサスの最初の夜は、
ステーキを堪能。
DSCN0192-4
明日からはまた、
ハードな視察研修が始まる。

トランクの行方を気にしつつも、
目いっぱい車内講義した。
(つづきます)

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年5月12日(火)~18日(月)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.