結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2018年11月07日(水曜日)

立冬の野田聖子予算委員長の「敬称維新」のその先

暦を振り返れば、
立冬。

二十四節気で、
秋分と冬至のちょうど真ん中。

朝日新聞巻頭コラム。
「天声人語」

「東京暮らしの肌感覚では
いままさに秋たけなわの候だが、
北国では一足早く
初冬へと移りつつある」

その通り。

京都新聞巻頭コラム「凡語」

寄せ鍋で顔寄せ箸寄せ心寄せ
ヤマキ㈱が公募した川柳の入賞作を紹介。

そして今日の「鍋の日」の心寄せを訴える。
「いい(11)な(7)べ」の語呂合わせ。

鍋でも楽しみたい気分になる。

東京新聞一面コラム「筆洗」

「不正はもうやっていない」
SUBARU(スバル)の不正検査問題。

2017年末以降、
不正な検査はしていないと説明していた。
しかし実は今年10月26日まで続いていた。

完成検査不正に関わるリコール対象車は、
10万台が53万台となり、
その費用は総額で319億円になる。

「過ちて改めざる、
(これ)を過ちという」
孔子の「論語」にある言葉だ。
子曰、過而不改、是謂過矣。

筆洗のコラムニスト。
「再発防止に必要なのは
言葉ばかりの反省やおわびではない。
問題のある仕組み自体を
改めることだったのに、
それを忘れた」

そして山口誓子の俳句。
寒昴(かんすばる)天のいちばん上の座に
冬の夜空の昴は、
天の一番上の座にある。

「高い空にあった信頼の星は落ちた」

過ちて改めざる。
ああ。

月刊商人舎11月号を責了し、
印刷・製本に回して、
出来上がるのを待つだけ。

この待つ時間がいい。

今日は一日、横浜商人舎オフィス。
午前中に、丸山英之さん来社。
第一屋製パン㈱執行役員営業本部長。IMG_7262.JPG8
㈱イトーヨーカ堂から森永製菓㈱を経て、
㈱ロック・フィールドで取締役。
そして第一屋製パンで営業を取り仕切る。

製パン業界の将来や、
イトーヨーカ堂のこと。
伊藤雅俊さんや故塙昭彦さんのこと。

いろいろ話した。

午後にはイオンリテール㈱の面々。
私の右が東昌世さん(人事部教育担当部長)
左は吉田元さん(人材育成グループマネージャー)
両サイドはイオンコンパス㈱の、
三好智さんと細川みゆきさん。IMG_7265.JPG8
10月のフランクフルトとミラノの旅。
参加した東さんがとめどなく語り続けて、
その収穫と成果が明らかになった。

来年も、もっと大きな成果を上げたい。

西日本新聞コラム「春秋」
題だけなら日経新聞と同じだが、
中身は全く違う。

「江戸時代の武士の話法なら、
相手は”貴殿”で自分は”拙者”。
呼び掛けるときは”~さま””~どの”」。

幕末になると変化する。
「西郷くん」「坂本くん」。

長州で松下村塾を開いた、
吉田松陰が始めたという説あり。

「松陰は武士から農民まで
さまざまな立場の若者を塾に受け入れた」

だから「塾生が身分にとらわれず
対等に学べるよう、”君”や”僕”、
“~くん”という敬称を使わせた」

農民出身の伊藤博文も、
松陰の薫陶を受けた。

1890年に初代総理大臣として、
第1回帝国議会に臨んだ。

そして議員を、
「~くん」と呼ばせた。
以来、国会での議員の敬称は、
今も「くん」づけになった。

安倍晋三くん、麻生太郎くん。

しかし野田聖子さん。
「慣例にとらわれず、
委員を”~さん”で呼んだ」

女性初の衆院予算委員長。
理由は「一般社会では男女の別なく
“さん”付けだから」

コラムニストはこれを歓迎する。
「先達がいる。土井たか子さんだ。
女性初の衆院議長は”~さん”を使った」

その真意はガラスの天井に対する挑戦だ。

「女性が圧倒的に少ない
国会の現状を変えたい。
その思いは2人に共通しよう」

西日本新聞の九州は、
どちらかと言えば、
男尊女卑的な空気が残る土地柄だ。

だからこそ新聞は、
この「さん」づけを重く見る。

「松陰が身分の壁を払おうと
考えた”くん”が、
男女の格差をなくす”さん”に替わる
“敬称維新”が起きてもいい」

「敬称維新」によって、
松陰が目指した身分の壁が払われ、
真の公平な社会が生まれてほしいものだ。

そしてそれは男女の格差だけではなく、
本当のダイバーシティの実現につながる。

政府自民党や国会議員も、
「さん」づけには文句を言わず従っても、
水田水脈議員の発言は容認されている。

SUBARUと同じように言葉だけでは、
「過ちて改めざる」だ。

「敬称維新」のその先こそ重要だ。

〈結城義晴〉


1 件のコメント

  • 「参勤交代」の話
    いつもありがとうございます。
    敬称の「さん」と「くん」で思い出があります。

    昔 新将命(あたらし まさみ)さんの講演を聞きました。
    J&Jの社長を辞して独立した位の話でした。

    新さんは大学卒業後に、シェル石油を皮切りに日本の外資系企業を渡り歩きます。
    外資系企業はヘッドハンティングや部下の昇進が日常茶飯時で、時として部下が
    上司を飛び越えて上長になることもあったようです。

    その時の情景を新さんは「今まで○○君と呼んでいた人が、上長になった事で○○さん」と
    呼ぶ様になる事を、参勤交代になぞらえて、「さんくん交代」とユーモアを交えて紹介してくれました。
    その話を聞いてからは、後輩も上司も「さん」付けで呼ぶようになりました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2018年の開催研修会
  • USA視察研修会 Beginnersコース 2018年11月下旬開催場所:ハワイ・オアフ
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
マス・カスタマイゼーション

杉山昭次郎・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
2018年11月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.