結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年08月12日(水曜日)

周庭の「香港の民主化」とスズキヤ中村洋子の「楽しくなきゃ」

香港のアグネス・チョウ(周庭)さん。
41NnQca-LEL._SX304_BO1,204,203,200_
8月の5日に香港の西九龍裁判所から、
有罪判決を受けた。
警察本部を包囲するデモに参加し、
デモ参加者を扇動した罪。

さらに一昨日の10日、
香港国家安全法違反の容疑で、
自宅で逮捕された。

しかし香港では、
逮捕から48時間以内に保釈される。
チョウさんも昨日の夜、保釈されたが、
再び起訴される可能性はある。

「引き続き、
香港の民主化と民主主義、
そして自由のため、
闘っていきます」

チョウさんは23歳の大学生。
民主活動家で、流暢な日本語を話す。
もちろん親日家でもあるが、
日本のポップスやアニメを愛好して、
独学で日本語を学んだ。
それも中国当局は気に入らないらしい。

メディアが好みそうなキャラでもあって、
逮捕中はずっと、
日本のアイドルグループ欅坂46の
『不協和音』を口ずさんでいたとか。61mnXtXM6RL._AC_
僕はyesと言わない
首を縦に振らない
まわりの誰もが
頷いたとしても

僕はyesと言わない
絶対 沈黙しない
最後の最後まで
抵抗し続ける

香港問題、台湾問題は、
日本と中国、ひいては日本と世界の、
関係性を示す問題だと思う。

COVID-19パンデミックは、
資本主義や共産主義などよりも、
民主主義をこそ優位に立たせる。
私はそう考える。

COVID-19にとっては、
資本主義も共産主義もない。
しかし新型コロナウイルスは、
人間一人ひとりをターゲットにして、
その細胞にヤドカリのように寄生し、
生命力を維持・拡大する。

つまりターゲットは一人ひとり。

ウイルスにとって、
その人間の貧富の差は関係ない。
地位も権力もイデオロギーも関係ない。
ややフィジカルな差異を別にすれば、
男女の差、年齢の差も関係ない。

つまりウイルスの前では、
人間は平等で、公平な立場である。

だからあくまでもデモクラティックに、
対峙せざるを得ない。

そんなCOVID-19パンデミックの中で、
香港や台湾のデモクラシーが、
理不尽にも侵害されている。
国境や民族を超えて、
反意を表さねばならない。

21世紀はデモクラシーの時代だ。

その民主的な社会でこそ、
私たちの商業は花開く。
社会貢献できる。

岡田卓也さんがつくった、
イオン㈱の三つの経営理念。
平和産業、
地域産業、
人間産業。

これは商業の本質を言い当てている。

そしてこの三つの産業であるためには、
「デモクラティック産業」
でなければならない。

今日、商人舎は夏季休暇。
東横線に乗って、多摩川を渡る。
平和な日本だ。
IMG_82820

自由が丘。
いつもの花屋”MONCEAU FLEURS”。
モンソー・フルール。
IMG_82980
花屋はいつだって平和。
デモクラティック。

その隣の壁にペインティング。IMG_82960

美しい母と娘。
IMG_82970
平和なデモクラティックな日本だ。

さて朝日新聞の第二神奈川版。
「元気のひけつ」に、
㈱スズキヤが登場。
IMG_8303

朝日新聞の社会面や地方版に、
地域のスーパーマーケットが載る。
とてもいい。
中村洋子社長がコメントする。
「スーパーは楽しくなきゃ」

これがまた、
いかにも洋子社長らしくて、いい。

「抜群の味のもの、面白いものは、
店に出したい」

「電話でダメなら手紙を書く。
直接会いに行く。
そうするうちに、
自分も欲しくなっちゃうのよね」

そうそう、その通り。

結果として、
「ここだけで買える味」が生まれる。

「価格競争では大手にかなわない。
勝負は独自開発だ。
旬のときしか買えない限定品など、
毎月100店ほどが入れ替わるから、
目が離せない」

「おいしい!」を共有するスズキヤの試食会。
従業員休憩室などのほか、
社長宅でも頻繁に開催される。
これもとてもいい。

集まるのは店長やバイヤーら約40人。

スズキヤは1920年創業。
1957年にセルフサービス方式を導入して、
いち早くスーパーマーケットを開業。

県内にスーパーマーケット12店を展開。
神奈川の名門老舗企業だ。

スターバックスコーヒージャパン㈱、
㈱サザビーリーグなども、
親戚筋に当たる。

長兄の鈴木安之さんが、
スズキヤの先代社長、
逗子市議会議長などを務めた。
次兄の角田雄二さんは、
スターバックスコーヒージャパン創業者。
三兄の鈴木陸三さんが、
サザビーリーグの設立者。

洋子社長はその妹で、
男勝りのところもあるが、
きわめて女性らしい細やかさがある。

それがスズキヤの店によく表れている。

スズキヤは逗子、葉山、鎌倉といった、
神奈川のセレブが住まうエリアで、
欠かせない地域の店だ。

まさに地域密着の地域産業であり、
同時に人間産業である。

そしてもちろん、
デモクラティック産業でもある。

「スーパーは楽しくなきゃ」
これ以外には何もない。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.