結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年11月17日(火曜日)

アークス&オータニ「経営統合」と万代カレッジ「総括講義」

各地で新型コロナの感染者が増えている。
もう第3波と言っていいだろう。

その対策は急がねばならないと思う。

朝日新聞「天声人語」
「目立つのが北海道で、
札幌市では不要不急の外出自粛を
求める方向になったというから、
第1波を思い起こさせる事態である」

ここからが朝日らしい。
「違うのは、”Go To” 事業があるために、
“出ないで””動かないで”と政治家たちが
強く言いにくくなっていることか」

「ウイルスの特性も
だんだんと分かってきた。
どこにどんなリスクがあるのか、
生活を点検したい」

生活を点検し、仕事を点検し、
職場を点検し、店を点検する。

まだまだ続く。

商人舎流通スーパーニュース。
アークスnews|
オータニと経営統合に向けて基本合意書を締結

アークスの2020年2月期決算は、
売上高5192億円(前年比1.4%増)。
日本小売業ランキングでは26位。
スーパーマーケットでは4番手。

2021年2月期第2四半期は、
売上高2821億円(前年同期比9.9%増)、
営業利益103億9400万円(74.0%増)、
経常利益113億9000万円(65.4%増)。
絶好調の増収大幅増益。

店舗数は343店。

そのアークスが、
栃木県のオータニと経営統合する。
こちらは宇都宮に本部を置いて31店。

総合すると374店。
400店が見えてきた。

アークスは純粋持ち株会社だから、
オータニがその傘下に入る。

そして北海道から東北へ、
さらに北関東までアークスが南下してきた。
これが大きい。

コロナはM&Aを早める。

ただしアークスはシジシージャパン、
オータニはオール日本スーパーマーケット協会に加盟している。

ここでもなぜかCGCとAJSの、
タスキ掛けの経営統合となった。

人間の心理は不思議なものだが、
しかしこういうことは実によく起こる。

長年のつながりや絆は、
一体何だったのか。

日ごろの交流や研鑽が生きねばならない。
それが実らないのは悲しむべきことだ。

まだまだ進むだろう。

さて私の大阪滞在も、4日目となった。

今日は朝から㈱万代本社の会議棟。
万代知識商人大学第5期。
今日が最終講義。
残すは来年1月の論文審査と総括講義のみ。
それまで第5期生は修了論文を書く。

昨日はマーケティングリサーチ。
寝屋川香里園地区を調査した。
万代、ライフ、平和堂、ロピア。
その激戦はまだ続いている。

今日はそのクリニック結果の発表。DSCN0231-1

司会はいつものように津田睦さん。
人事部マネージャー。

今年の5期生はコロナ禍で、
懇親会も、合宿も、
サンフランシスコへの修了旅行も
できない。

その5期生に対して、
津田さんはいつも丹念に、
授業の目的を示し、
丁寧に話を進める。
DSCN0233-1

昨日は、4班に分かれて店舗を視察した。
そして長時間にわたって資料を整理し、
議論し、分析し、アイデアを出して、
万代香里西店の活性化策を考察した。

それを皆の前で発表する。DSCN0234-1

この班は、グロサリーとデイリー部門の、
商品を中心に活性化策を提案。DSCN0236-1

15分ほどの発表が終わると、
他の5期生から質問が飛ぶ。DSCN0239-1

惣菜とフロントエンドをテーマに、
分析と提案を発表する班。DSCN0240-1

フロントエンドの接客サービスについて、
4社の相違を分析。
万代のフロントエンドのスキルを、
高く評価した。DSCN0243-1

惣菜については、
万代にとって重要な強化部門だけに、
様々な質問や意見が出た。DSCN0244-1

商品に関する細かい質問まで出る。
DSCN0245-1

鮮魚をテーマに分析報告したチーム。
ここでも万代の加工技術の高さを再確認。

主力アイテムの品揃えを比較しつつ、
万代香里西店に必要な施策を提案した。
DSCN0247-1

報告が進むにつれて、
忌憚のない意見や感想が投げかけられる。
それに発表者は答える。DSCN0251-1

最後の班は
模造紙のプレゼンに変えて、
パワーポイントでの報告。DSCN0252-1

このプレゼンテーションは
オリジナリティがあってよかった。DSCN0253-1

「トマトチーズ鍋」の材料を購入する。
このシミュレーションで、
4店舗を回った。

商品の買いやすさや見やすさ、
そして購入金額を明らかにして、
4社を分析。

アプローチは面白かった。DSCN0256-1

全員の発表を聞いて、
結城義晴のまとめ。DSCN0262-1
マーケティングリサーチにおいて、
「木を見て森を見ず」はいけない。
調べれば調べるほどに、
細かくなりがちだ。

しかしいつも着眼大局・着手小局。
大局で見る目が必要だ。

発表の中で使われた言葉は、
「鳥の目・魚の目・虫の目」。

鳥の目は高いところから全体を俯瞰する。
魚の目は流れの中で時代の変化を捉える。
虫の目は細かな事実を見つめる。

三つの目が必要だ。

それが対策に活きてこなければならない。

その点で、4つの班ともに、
欠点だらけの発表だった。

手厳しい総括。

各自に再検討を命じた。

発表のあとは、
ストラテジックマネジメントの講義。

はじめに芝純常務。
すべての営業を統括する役目。

講義テーマは「万代の経営戦略」DSCN0265-1

初めに万代の「社是」を、
級長がリーダーとなって、
全員で唱和。
DSCN0271-1

万代の経営戦略の神髄がここにある。DSCN0272-1

芝さんは中期経営計画を中心に、
万代の戦略を簡潔に講義してくれた。DSCN0267-1

ありがとうございました。DSCN0276-1

午後は1時から5時までの講義。
まずはサービスマーケティング。
そのエッセンス。DSCN0278-1

ホッケースティックの関係、
間接部門のサービス。
そしてサービスの黄金律。DSCN0285-1

さらにストラテジックマネジメント。DSCN0287-1
経営戦略とは何か、
なぜ必要なのか、
その内容は何か。

マイケル・ポーターとジェイ・バーニー、
そしてもちろんフリップ・コトラー。
さらにブルーオーシャン戦略。

万代の若手にもわかる事例を、
ふんだんに盛り込んで語る。

最後のコモディティ戦略は、
若いチーフやスーパーバイザーに必須だ。
DSCN0291-1
コストコやドン・キホーテ、
そしてロピアの戦略は、
「トレーディングアップ」と、
評することができる。

一気呵成に講義をして、
最後の最後は、
修了論文に関するレクチャー。

津田マネジャーが大テーマを発表。
そして結城義晴が、
文章の書き方、論文への取り組み方、
テーマの設定の仕方、
そのためのインスピレーションから、
調査・取材・研究・勉強、追加調査、
そして起承転結の組み立て方、
さらにワードでの論文の形式まで、
懇切丁寧に指導した。

今年は12月中旬に仮提出をさせる。
それを指導して書き直しをさせる。
そして最終提出は、
年明けの1月ということになる。

すべての講義が終わって、
今日のレポートを書く。DSCN99310

これも訓練だ。

私はブレイン&ハンズを重視する。
頭も働くし手も動く。
そんな知識商人を養成したい。DSCN99320

すべてが終わると、
全員が立ち上がって、
お礼をしてくれた。IMG_99720

ありがとう。
IMG_99740

最後の最後に事務局と写真。
万代人事部のメンバー。IMG_99690
ありがとう。

今年も終わりました。
残すは論文審査の最終講義のみ。

〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.