結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2011年12月08日(木曜日)

イトーヨーカ堂「キャッシュバックセール」廃止/万代の今年度新店

日経新聞の『会社研究』で、
セブン&アイ・ホールディングスが取り上げられた。
その(上)は 「ヨーカ堂改革、背水の陣」

イトーヨーカ堂社長の亀井淳さんは、
日経新聞夕刊の『人間発見』にも今週、連載で登場していて、
いい話をしている。

ショッピングセンター開発を担当している当時、
「大型SCには高齢者らがゆったりと過ごせる休憩所を設ける」。

「明るくきれいなトイレ作りにも力を入れてきました。
買い物が現実の世界だとすると、
トイレは利用者がほっとできる、ある意味で非現実の世界」

亀井さんの視点は正しい。

けれども総合スーパー業態は「回復途上」。
「セブン&アイ・ホールディングスの連結経常利益が2012年2月期、
17%増の2840億円と最高益を更新する」

ただし、これはセブン-イレブンのおかげ。
イトーヨーカ堂は足を引っ張っている。

ここで重要な改革。
「キャッシュバックセール」の廃止。
昨年12月を最後に同セールをやめた。

「レシートをみせれば最大で20%程度を返金するこの手法は、
簡単に売り上げが作れて予算達成に役立つ半面、
利益はついてこない」

「かかるコストは年間50億円程度とみられるが、
副作用はそれ以上に大きい『麻薬』」。

ポイントセールの5倍増、10倍増なども、
同じく小売業にとっての『麻薬』。

それを止めた。
「売り上げはすべてを癒やす」
この「業界の呪縛からの脱却」である。

「危機感から部門横断的に約50人の緊急対策チームを組成」
そのチームでの激論の末の結論。

「今年上期、ヨーカ堂は60億円の営業黒字に浮上。
売上高が減る一方で、
粗利益率が約30%と1.4ポイントも改善した」

ただしこれも『麻薬』をやめただけ。
記事では「収益構造改革はまだ『5合目』」と指摘する。

本格回復は「祖業」の衣料品改革。
しかしこれとても、いまだ迷走。

亀井さんは「生ぬるい商売はしない」と、
背水の陣を敷いた。

「我々はまだ過去の成功体験に縛られている」
これは鈴木敏文会長の言。

イトーヨーカ堂の本格改革は、
これから。

私は業態論とフォーマット論でも、
イトーヨーカ堂のコンセプトが問い直されていると考えるが、
いかがだろうか。

さて、昨日は大阪での2日目。
㈱万代の新店を視察した。
朝から兵庫県の伊丹荒牧店へ。
今年9月オープン。
20111208233920.jpg

2階にしまむら、1階にセガミ・ドラッグ、
駐車場の反対側に西松屋などを誘致し、
万代は600坪とたっぷり売場をとった意欲店舗。
20111209030115.jpg
しまむらと万代のマッチングがいい。

入り口では、いちご1パック398円が大々的にアピール。
20111208234246.jpg

万代は1品1品が魅力的な商品。
ダイコンとネギ。
20111209025707.jpg

鮮魚部門ではよこわの販売。
20111209025721.jpg

パック商品の商品化も的確。
20111209025731.jpg

この時期はとらフグとあんこう。
20111209025742.JPG

そして天然真鯛598円。
20111209025750.jpg

個食なべ物用セット2パックで698円。
20111209025811.jpg

次々にお買い得単品が続く。
20111209025801.jpg

豚ロースしゃぶしゃぶ用138円。
このボリューム。
20111209025821.jpg

豚もも切り落としは100グラム98円。
20111209025828.jpg

ひき肉売り場のボリューム陳列。
20111209025847.jpg

国産若鶏モモ肉。
20111209025856.jpg
安くて、味が良くて、鮮度が良くて、たっぷり。

鍋用豆腐、絹あげ、うすあげのエンド平台。
20111209025907.jpg

惣菜部門の煮物。
20111209025921.jpg

米飯売り場。
20111209025939.jpg
寿司カテゴリーに一人、
米飯カテゴリーに一人、
こういった分担でバイヤーが担当している。

揚げ物売り場。
20111209030000.jpg

カキフライ298円。
20111209025948.jpg
本当に1品1品に魅力がある。

スープバーと実際に手で握ったおにぎり。
20111209032553.jpg

菓子パンの98円均一と88円均一のアイランド売り場。
20111209030009.jpg

カテゴリーごとに、
1品ごとに、
力のこもった開発や仕入れが行なわれ、
商品化が展開されている。

万代の売り場には、
その単品の力とカテゴリーの魅力がある。
左から吉川英樹惣菜部マネジャー。
圓石一治店長、
東本明店次長、
黒田久徳デイリー部マネジャー。
20111208234220.jpg
一気に初年度で36億円の年商を上げる勢いで推移。
凄い店だ。

次に、宝塚中筋店。
荒牧店から直線で10分ほどの約300坪。
20111208234600.jpg
300坪で改装を施し、
20億円を売り上げる。

こちらは「べたべた」の万代スタイルの店。
20111208234320.jpg

中ノ忠敏店長をかこんで、激励。
20111208234307.JPG

最後に、12月にオープンしたばかりの中小阪店。
20111208234328.jpg

入り口や出口あたりにお祝いのランの花が並ぶ。
20111208234347.jpg

御堂宏司店長を囲んで、笑顔。
20111208234337.jpg

入り口の青果部門からして気合が入っているが、
「万代のイメージを一新」。
20111208234400.jpg
要は洗練された店。

しかしオープニングセールはすごいインパクト。
20111208234413.jpg

その一例。
バターロール105円。
20111208234438.jpg

ドラッグ部門を導入した。
20111208234448.jpg

万代は100坪から300坪、600坪まで、
いわばマルチ・フォーマットのような展開。
148店舗。

ただしそれはすべて、
一貫したマーチャンダイジング。
4つのフォーマットで、
統一したライフスタイル提案をするテスコと同じ。

だから、迷いはない。

商品部も店舗も、スーパーバイザーも、
全社挙げて、50周年の3000億円に向けてまい進中。

2012年は日本全体にとっても「復活の年」だが、
ここで「迷いない」方針と仕事の実現が、
一番重要となる。

日本国も迷いなく、
全国民あげて一心に突き進みたいものだ。

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.