結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2011年12月19日(月曜日)

「ギリギリ消費」のクリスマス三連休、濃密な時間を仕事で楽しめ!

Everybody! Good Monday!
[vol51]

2011年の第51週、
12月第4週。

東日本大震災が起こった年も、
あと2週間。

名残惜しいし、取り返せないし、
忘れられない年度となりました。

亡くなられてた人々のご冥福をお祈りするとともに、
全力を挙げて復興から振興へ向かいたいと思います。

亡くなられたといえば、この17日、
北朝鮮の金正日総書記が死去。
享年69歳。
私のちょうど10歳上。

1973年、31歳の若さで、
朝鮮労働党組織指導部長と思想担当兼宣伝扇動部長に就任。
朝鮮民主主義人民共和国の軍と党の人事権を握った。

74年には、労働党中央委員会で政治局員に選出され、
金日成主席の後継者指名を受けた。

1994年、日成主席死去。
その後、北朝鮮を指導してきた。

2008年に脳卒中で倒れ、
昨2010年、金総書記の三男・金正恩氏が、
後継者に選出されていた。

これで、この民主主義人民共和国は、
三代の世襲体制となった。

金正日総書記死去を受けて、
韓国やアメリカ、そして中国には緊張感が走るが、
やはり、ひとつの時代が終わったと感じる。

第二次大戦後、朝鮮半島は、
北と南に分断された。

しかし、もし、民族が一体化していたら、
日本に勝るとも劣らない成長を遂げ、
アジアや世界にもっともっと大きな貢献を果たしたに違いない。

隣人として、本当に惜しい日々だったと思う。
しかし私は、いつも言う。
今からでも遅くはない。

そんな日が来ることを祈念するものだ。

さて今週は、12月商戦の大きな山がやってくる。
金曜日の23日、天皇誕生日。
土曜日の24日、クリスマス・イブ。
日曜日の25日、クリスマス。

恐縮なことに、天皇誕生日は、
クリスマス関連3連休となった。

しかも「ギリギリ消費」が最大のトレンド。
この3日間でクリスマス商戦が始まって終わる。
そんな感じ。

来週からの歳末際商戦も、
30日に始まって、
31日に終わる。

だから今日の月曜、明日の火曜、
明後日の水曜、明々後日の木曜は、
その前哨戦。

もう今週はそれだけ。

ただし、クリスマス・ケーキの予約販売は、
この前哨戦期間が最盛期。

楽しい、たのしいクリスマス前哨戦。
ウキウキワクワクしながら、
仕事に勤しみたいところだ。

そしてギリギリ消費の3連休。
濃密な時間を楽しみたい。

元気の出るニュースもある。
日経新聞一面の真ん中に囲み記事。
「ボーナス2年連続増」
日経新聞まとめの情報。
1人当たりの税込支給額は、
73万9369円。

前年比3.07%増加。

691社を対象にした調査。
1位はキャノンの124万円。

業種別にみると、
百貨店・スーパーは52万3600円で、
4.18%のプラス。

その他小売業は47万3327円で、
こちらはマイナス3.91%。

外食・その他サービスは、56万0269円で、
マイナス1.36%。

「中小企業を含めた支給額は依然厳しい」と、
記事にはある。

しかし私は、この傾向を、
自分の仕事に置き換えて、
「消費堅調、
だから売上げも上がる」

こう、信じ込みたい。

そして自分の気持ちを高ぶらせたい。
仲間の士気を高めたい。
店を高揚させたい。
お客様を盛り上げたい。

さて先週土曜日の夕方、
立教大学大学院独立研究科
創設10周年レセプション
が開催された。

ところは立教大学池袋キャンパスの第一食堂。
20111219125745.jpg
竣工は1918年、2002年に増築された。
基礎は煉瓦造り、増築してRC造りとなった。

現在の延床面積は623㎡。
20111219125815.jpg

最初の設計はマーフィ&ダナ建築事務所で、
増築設計は坂倉建築研究所。
20111219125755.jpg
チューダー建築の傑作のひとつで、
ハリー・ポッターの食堂のような雰囲気。
私はとても気に入っている。

国内で最も美しい「学食」のひとつだと思う。

このレセプションには、
立教大学の吉岡知哉総長も駆け付けて、
祝辞を述べてくれた。
20111219125827.jpg
「学部を持たない大学院として、
立教大学のなかでも特異な存在。
社会との接点が一番強い独立研究科」
その意義を、高らかと語ってくれた。

独立研究科は三つに分かれている。
第1が、私の属すビジネスデザイン研究科。
1学年90人の大所帯で、2学年で180名。

第2が21世紀社会デザイン研究科。
ここには作家・ジャーナリストの立花隆さんが、
教授として参画している。
1学年50名、2学年で100名。

第3が異文化コミュニケーション研究科。
1学年35名、総勢70名。

そのビジネスデザイン研究科の次期委員長・廣江彰次教授がご挨拶。
20111219125838.jpg

前期課程主任、つまり修士課程担当主任の山中伸彦准教授(右)と、
後期課程、博士課程主任の亀川雅人教授を紹介。
20111219125848.jpg

その後は、怒涛の懇親。
20111219125859.jpg

最後の方で、バイオリンの生演奏が、
第一食堂に響き渡って、花を添えた。
20111219125909.jpg

一番最後は、
独立研究科をつくった亀川先生のお礼の挨拶。
20111219125917.jpg

そして、参加してくれた結城ゼミOB諸君と記念写真。
20111219125927.jpg

その頃、結城ゼミ現役諸君は、
新座キャンパスの太刀川記念交流会館で、
今年度最後の論文完成合宿。

私はレセプションが終了すると、
池袋キャンパスから新座キャンパスに移動して、
合宿に合流。

日曜日も夕方まで、
みっちりと論文執筆、
成果は上がった、はず。
20111219125937.jpg
ゼミ生7人のうち、最後まで残った4人と写真。

ゼミ生には、クリスマスも正月もない。
1月13日の提出締め切りまで、
仕事をしながら、わき目もふらず論文執筆。

一番大切な1カ月間が待っている。

しかし私は彼らに言った。
「人生の中でもこんなに濃密な時間は、
そうはないだろう。
後から振り返ったら、
これ以上ないというくらいの充実した時間だ。

その充実感を楽しんでもらいたい」

これは日本中の小売業・サービス業で働くみなさんへの、
今週、来週のエールと同じ。
これからの2週間、濃密な時間。
その濃密さを楽しもう。

では、みなさん。
Good Monday!

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.