結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2011年12月14日(水曜日)

ユニクロ柳井正「民間が世界に日本の良さをアピール」と三越伊勢丹・石塚邦雄の「在庫リスクと売り切り」

12月14日。
赤穂浪士討ち入りの日。

元禄15年というから、1703年。
12月14日は旧暦1月30日。

深夜、吉良義央の屋敷に討ち入り、殺害。
元赤穂藩士大石良雄以下47人の武士。

読売新聞一面コラム『編集手帳』が取り上げた。
熱燗や討入りおりた者同士 (川崎展宏)

2011年の今年の江戸は、
まだ熱燗の季節を迎えてはいない。
暖かい。

日経新聞『人こと』に、
ファーストリテイリングの柳井正さん登場。
「欧米企業の投資意欲が落ちている今こそ
海外に出るチャンスだ」

私は今年、アメリカ、ヨーロッパ、アジアで、
ユニクロの店を見てきた。

ニューヨークではソーホーの店が相変わらず大繁盛。
20111214192202.jpg
5番街の店は、スウェーデンのH&Mやスペインのザラ、
アメリカのギャップ、フォーエバー21など、
名立たるファッションチェーンを向こうに回して、
圧勝。
20111214192221.jpg
日本人として、
胸のすく思いだった。

パリのオペラ座裏の店も、
20111214173636.jpg
斬新な店づくりで、大繁盛。
20111214173654.jpg

ありきたりな言い方だが、
パリジェンヌに一目置かれる店となっていた。
20111214173703.jpg

上海では、これまた、
目抜き通りの路面店や百貨店のインショップで、
ユニクロは引っ張りだこ。
20111130233259.jpg

ここでも、競争相手は、
ザラ。

20111214192402.jpg

そしてH&M、ギャップ。
20111214192319.jpg
そして彼らを打倒している。

その原動力は、もちろん、
「ジャパン・テクノロジー」を謳う商品の質と価格だが、
日本人らしい接客やホスピタリティを、
現地の社員・従業員が提供している点も見逃せない。
20111214192257.jpg
アメリカではアメリカ人が、
法被を着て、日本的声掛けを、
英語でやっていた。

パリではフランス人が、
上海では中国人が、
ユニクロ流、日本流の接客。

その一つは、試着室。
他のファッションチェーンには、
試着室数が少ない。

ユニクロでは、
どの店でも、
多くの試着室があり、
さらにそこに行列。
20111214173711.jpg
衣料品だから、まず、着てもらう。
食品は、食べてもらう。
生活用品は使ってもらう。

これを「ライフテスト」という。

それなくしては、販売はないし、
それが顧客の立場に立った販売だ。

柳井さんは意気込む。
「民間が国を代表して、
世界に日本の良さを
アピールしたい」

海外の店を訪れると、
このトップの意気込みが、
現地従業員に伝わっていて、
心地よい。

柳井さんは力説する。
「あくまで日本に根ざした企業」

海外展開に伴って外国人の新卒採用を増やし、
社内公用語を英語にしても、
「ユニクロは日本企業」のスタンスを崩すものではない。

それがユニクロのポジショニングだからである。

柳井さん自身の後継者問題に関して、
「日本人のDNAがわかっている人が
就くべきだ」

私もそれがいいと思う。

日産自動車のトップに、
カルロス・ゴーンが就任して成功したのは、
日産がルノーになったから。
すなわちDNAを変えるためだった。

さて、今朝の日経は『トップに聞く企業戦略』で、
三越伊勢丹ホールディングス社長も登場させている。
石塚邦雄さん。
同社は日本最大の百貨店で、
なおかつ低迷のこの業界の中にあって、
「業績回復が鮮明」。
2011年上期の4~9月、
連結営業利益は前年同期比10倍の90億円。
来年3月期の本決算では営業利益は、
「(82%増の)200億円を目指したい」と発言。
ただし、三越伊勢丹と言えども、
減収増益。

この基調に変わりない。
「今年10月~来年2月は前年同期比3%の減収計画」

利益が出るのは、
「宣伝費や人件費など経費削減も進んでいる」から。

「今年4月に百貨店運営子会社の『三越』と『伊勢丹』を統合」
これによって「運営効率が改善」した。

「仕入れ構造の改革も進め、原価を引き下げる」
そのためには、
「単純に商品を仕入れて売るだけではダメだ」
「自ら商品を企画して原材料も調達し、
生産委託して販売するなどの取り組みを加速する」

これはユニクロと全く同じ考え方。

だから、「在庫リスクが生じるが、
商品を売り切る比率を向上し
利益率を高める」

在庫リスクを背負って、
それを売り切ることで利益を出す。
どんな商売も、ここに始まり、ここに終わる。

さらに今朝の日経新聞『戦略分析』では、
イトーヨーカ堂の衣料品売り場の改革。
ひとことで言えば、
総合スーパーに、
百貨店の商品と売り場をもちこむ作戦。

「セブン&アイ・ホールディングスは、
総合スーパーのイトーヨーカ堂に、
百貨店のそごう・西武が運営する衣料品売り場を導入する」

改装開業するショッピングセンター「アリオ松本」に、
420平方メートルの「SEIBU」の看板を掲げた売場をつくる。

レナウンの「ポートダーバン」、
東京スタイルの「アドレス」、
詩仙堂グループの「第五空間」など、
5つのテナントを展開。

そごう・西武の直接仕入れの雑貨売り場も設置。

運営はそごう・西武で、
同社社員やアパレルの派遣社員が百貨店流の接客を展開。
商品価格帯はヨーカ堂より少し高い。

私は総合スーパー・イトーヨーカ堂の改革アイデアのひとつは、
ジュニアデパート化だと考えているし、
言い続けている。

その一つの実験となる。

アメリカには「コールズ」というケーススタディがあり、
イギリスには「マークス&スペンサー」という事例がある。
ただし、イトーヨーカ堂のポジショニングの中に、
「SEIBU」の売り場が完全に同化されなければ、
上手くはいかないと思う。

それでも混迷した総合スーパ―の、
その元凶だった衣料品マーチャンダイジングにまた、
一つの試みが行われる。

立地によっては、大成功するだろうし、
ピクリとも動かない立地の店も出てくるだろう。

そこで、いかに考えるか。

イトーヨーカ堂とそごう・西武、
お手並み拝見と参ろう。

今日は「四十七士討ち入りの日」だ。

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.