結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2011年12月17日(土曜日)

野田首相の「福島原発事故収束宣言」とセブン‐イレブン「戸籍謄本サービス」とCVSベイエリアの「運営・孫悟空」

野田佳彦首相、「福島原発事故収束宣言」。
各紙一面トップを飾った。

東京電力福島第一原発の事故収束に向けた工程表では、
ステップ2の「温停止状態の達成」終了が確認された。

野田首相の記者会見での発言。
「発電所の事故そのものは収束に至ったと判断される」

しかし朝日新聞は福島県佐藤雄平知事の発言を出して、
事故は収束していない。
多くの県民は不安を感じている」と反論を展開。
日経新聞はズバリ、「違和感がある」。

ステップ1は、原子炉を安定的に冷やす段階で、
これは7月に完了。

ステップ2は当初、来年1月中旬の終了予定だったが、
それが前倒しになった。

それでも「宣言」そのものに、批判が出る。
政権とはそんなものだが、
「事故収束宣言」が発せられても、
「本当の事故処理はまだまだこれから本番」だということは、
認識しておかねばならない。

さて今日は、コンビニの話題が二つ。
第1は、セブン‐イレブンが、
戸籍謄本、戸籍抄本、戸籍納付票の写しなどを、
店舗で受け取ることができるサービスを開始する。

スタートは来年1月11日から。

セブンイレブンは現在、すでに42自治体と協力して、
住民票の写しなどの店頭受け取りサービスを実施
している。

しかしこのインフラサービス、
セブン-イレブンがシステムを用意しておいて、
各自治体の側がどう実行するかが問題の根本にある。

今回は、滋賀県愛荘町と奈良県生駒市

町役場や市庁舎で住民基本台帳カードを取得し、
パスワードを登録しておく。
セブン-イレブン店頭のマルチコピー機に住基カードをかざして、
パスワードを打ち込んで、プリントアウトする。

今回、利用できるのは時間限定。
24時間ではない。
平日と土日曜日の午前8時半から午後8時まで。

利用料金は自治体によって異なるが、
戸籍謄本の場合、300円前後。

それらを含めて、いいことです。
ますます、社会のインフラ機能を果たすことになる。

第2のコンビニ関連ニュースは、
シー・ヴイ・エス(CVS)ベイエリアが、
サークルKサンクスのチェーンを脱退した件

CVSベイエリアは、特異なビジネスモデルを展開している。
エリアフランチャイザー、すなわち地域限定本部
その地域は「東京湾のベイエリア」。
ここにサンクスのバナーで集中出店して、
抜群の強さを発揮し、エリアフランチャイザーとして、
東証一部上場企業となった。

コンビニ・チェーンとしてのパッケージは、
ナショナルチェーン本部が提供する。
今回は、サークルKサンクス。

店舗とチェーンの運営をエリアフランチャイザーが行う。
だからCVSベイエリアは約120店の直営コンビニチェーンである。

日本のセブン‐イレブン・ジャパンも、
もとはと言えば、
アメリカのサウスランド社のエリアフランチャイザーだった。
ただしここでのエリアは日本国だった。

そしてセブン‐イレブン・ジャパンは、
本国のノウハウをはるかに超えたチェーンストア・システムをつくり上げた。

CVSベイエリアも特異なビジネスモデルを構築し、
今回、サークルKサンクスと袂を分かつことになった。

訴訟での和解で、解決金は15億円
CVSベイエリアが払い、サークルKサンクスが受け取る。

その代りに来年3月以降、
CVSベイエリアは他のコンビニ本部と契約できる。

今後、ローソン、ファミリーマートなど、契約交渉戦が展開される。
ただしセブン‐イレブンは、
エリアフランチャイズも多店経営もあまり歓迎していないので、
CVSベイエリアがセブン-イレブンの看板を掲げることはない。

しかし、この話、おもしろい。

フランチャイズ・チェーンという契約概念のチェーンストア。

日本フランチャイズチェーン協会の定義をそのままに、
私は7つの項目に分類して整理している。
(1)事業者〈フランチャイザー〉が
他の事業者〈フランチャイジー〉との間に契約を結び、
(2)自己の商標、サービスマーク、トレードネーム
その他営業の対象となる商標および経営のノウハウを用いて、
(3)同一のイメージの下に商品の販売その他の事業を行う権利を与え、
(4)一方フランチャージーは一定の対価を支払い、
(5)事業に必要な賃金を投下して、
(6)フランチャイザーの指導及び援助の下に事業を行う。
(7)両者の継続的関係をいう。

今回この継続的関係を、CVSベイエリアの側が断ち切ろうとし、
そこで違約金が払われた。

契約の概念で結びつくから、
契約が切れる、契約をきる、こんな行為が起こる。

しかしCVSベイエリア自身は直営企業として、
自分のチェーンストアを形成し、展開している。

この直営チェーンストア、
なかなかに強い。

日本にチェーンストアが紹介されたばかりの頃、
故倉本長治商業界主幹がたとえ話で説明した。
「孫悟空が自分の毛をむしって、プッを吹くと、
小さな孫悟空が無数に出てきて、
寄ってたかって大きな妖怪をやっつける。
チェーンストアは、あの小さな孫悟空なんだよ」

私は子供のころから『西遊記』の話が大好きだったが、
長治先生のこのたとえ話はことさら好きで、
だからCVSベイエリアの強みもここにあると思う。
もちろんセブン-イレブンの強みも、
サークルKサンクスの強みも、
「小さな孫悟空」にある。

CVSベイエリアの面白さは、
オペレーションにおいて、
同社独自の「孫悟空」をつくった
ところにある。

そのCVS孫悟空に価値があるから、
15億円を払った。

何から何まで理想的な孫悟空をつくるという考えもある。
しかし、「オペレーション・マーケティングの孫悟空」の発想もある。

この発想、必ず、どこかに転用できる。

ではみなさん、良い週末を。

私は立教大学新座キャンパスで、
結城ゼミ敢行中。

頑張ります。

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.