結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2011年12月27日(火曜日)

「老いてはならない」日本製造業と鈴木敏文発セブンネットショッピング「融合のイノベーション」

指折り数えて、あと5日。
6日後には、
2012年がやってくる。

は~やく、
来い来い、
お正月♪

今日あたりの子供の気分を歌った唱歌だろうか。
作曲はあの滝廉太郎。

昨日の月曜日、朝から横浜の商人舎人オフィスに来客。
社団法人日本スーパーマーケット協会専務理事の三浦正樹さん、
営業本部長の村尾芳久さん、
そしてFMIジャパン事務局長の中間徳子さん。

コーネル大学RMPジャパンは、
3年間でひと段落ついて、
互いにその労苦をいたわり合い、称え合い、
区切りをつけた。

4年目の今期は休講となり、
来秋から再スタート。

産業内大学として、
次世代リーダーを養成する。
私の言葉で言えば、
「知識商人」の育成。

所期の目的を達成して、
ひとまず、終了。

第1期から3期までの受講生の皆さん、
派遣くださった企業のトップの皆さん、
講師陣の皆さん、
事務局の皆さん、
協会関係者の皆さん、
ありがとうございました。

私にとっては、
故西村哲さんの遺志を継いで、
コーネル大学と日本の流通産業・食品産業をつなぐ架け橋の仕事、
なんとか全うできました。

心から満足しつつ、
その産業の「現代化」に向かって、
新たな一歩を記していきたいと思います。

夕方には、商人舎近隣の「柳せ」で、
同志忘年会。

今年は「ふたりのビッグショー」を開催して、
食事と懇親の忘年会をしなかったので、
有志が集まってささやかで、温かい会。

名づければ、今宵は、
「小森勝さんを囲む会」

その小森勝さん、
鈴木國朗さん、
そして土井弘さん。

鈴木哲男さん、
常盤勝美さん。

宮本洋一さん、
松浦克幸さん、
柄澤秀昭さん。

みなさん、来年もよろしく。

さて、日経新聞『一目均衡』。
編集委員の梶原誠さんが、
「老いるには早い日本」と題して書く。
このタイトルは記事の中身とちょっとニュアンスが異なるが。

イギリスの『エコノミスト』が掲載した記事。
「『日本株式会社』はなぜ
外国企業を買いまくるのか」

その分析は、
「人口減など国内の構造的な逆境を乗り越えるために、
円高を逆手にとってグローバル企業に脱皮しつつある」

日本の製造業をはじめとする企業が、
グローバル展開を強化している。

一方、こんなデータもある。
「JPモルガンによれば、
研究開発投資の総額は
直近で国内総生産(GDP)の3.4%。

イノベーション大国の米国(2.8%)やドイツ(2.5%)を上回り、
先進国最高の水準を誇る」
これも日本の企業のこと。

つまり、
「グローバル展開とイノベーション」

「今年先進国のキーワードとなった」のが、
「日本化」。
これは「経済の長期停滞を表す」言葉。

しかしどっこい、
「日本の企業は衰退を脱するために
厳しい道を選びつつある」

梶原さんは、述懐する。
『老いてはならない』。
このメッセージを、
日本製造業が「世界に発信している」と。

小売流通業・サービス業は、
製造業や金融業に比べて、
若い産業であることは間違いない。

だから「老いる」という概念は、
私たちには当てはまらない。

しかし「若いのに老いる」。
そんな気分になってしまう。
これが一番いけない。

もうひとつ、日経新聞のニュース。
「セブン&アイ、
ネットスーパー・通販事業拡大」

㈱セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長の発言。
「インターネット事業の拡大を加速する」
「2014年度までの目標は、
「売上高を現在の3倍の5000億円」。

そのために、第1に、
「ネット事業専用の物流センター」をつくる。
時期は、2012年度をメド。
ところは埼玉県久喜市。
規模は、延べ床面積は約1万5000平方メートル。

第2は、「グループのネット事業」の「一本化」。
これも2012年度内の仕事。
イトーヨーカ堂の「ネットスーパー」事業、
セブン‐イレブン・ジャパンや赤ちゃん本舗などのネット通販事業、
これらを「通販子会社のセブンネットショッピングに統合」。
この㈱セブンネットショッピング代表取締役社長は鈴木康弘さん。
鈴木敏文さんの次男。

「書籍や音楽ソフトに加えて、
食品、日用品、子ども関連用品を、
1つのサイトで購入できるようにする」

私は、いまだに「ネットスーパー」に関しては、
一定条件を満たさねば成功はないと考えている。

その第1は、
生鮮食品や惣菜のデリバリーに関するテクノロジー&コスト革命。

第2は、「ネットとリアルの融合」。
モデルはイギリスのテスコ。

そして第3は、生活全般アソートメント。
マージン・ミックスこそが、
コスト吸収の原理原則だからだ。

今回、書籍・音楽ソフトから子供用品までの、
総合提供が可能となるかもしれない。
そうなれば話は変わってくる。

鈴木敏文さんの指摘では、
「ネット経由で消費者の購買動向などを即座に把握できるため、
売れ筋商品を素早く店に並べられる」
さらに、「ネット上の販売状況を基に
店舗の販売計画を立てられるようになり、
売り逃しや廃棄などの『ロスも少なくできる』」。

ここまでくるためには、
何段階ものイノベーションが、
要求されるに違いない。

鈴木さんの見方は、
「ネットと店舗の運営の融合が進む」で、
私もそれには賛成するが、
このイノベーションは、
それこそ鈴木さん自身がかつて、
セブン-イレブンを完成の域に引っ張ってきたと同等の、
ウィルとエネルギーとナレッジとが必要になるだろう。

製造業に負けないイノベーション。
ぜひとも、果たしてもらいたいものだ。

も~いくつ、
ねると、
お正月♪

<結城義晴>

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.