結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2013年10月07日(月曜日)

薄日さすユーロの事故警戒と世界最大アヌーガ初日の美食巡り

Everybody! Good Monday
[2013vol40]

2013年も第40週。
年間は52週だから、
あと12週。

10月は第2週。

秋も深まってきます。

国産の松茸思ひきつて買ふ
〈日経俳壇 岸和田・妙中正〉

一方、こんな句も。

中国産松茸御飯年一度
〈同 西宮・山口規美子〉

庶民はつつましい。

それにしても、ドイツの茸はうまい!
海水も届く宮城の初秋刀魚
〈同 奈良・河上恵子〉

宮城の秋サンマ。
海水がみずみずしい。

ヨーロッパ・ドイツの秋も美しい。

日経新聞、昨日の『日曜に考える』。
「薄日差すユーロの『事故警戒』」。
ヨーロッパ総局の菅野幹雄編集委員が書く。

イタリアのレッタ首相、
内閣の信任を、
敵から恵んでもらった。
ドタバタ劇続きのユーロ圏で、
安定への動きを示す材料が相次ぐ。

ドイツ下院選挙では、
メルケル首相が大勝。

ポルトガルへの融資審査は無風で終了。
ユーロ圏の失業率上昇も停止。

雲間から差す薄日。

しかしユーロ圏が抱える課題改善は、
まだ序の口。

欧州中央銀行のドラギ総裁。
ユーロ圏経済の回復は、
「弱く、もろく、不ぞろいだ」。

イタリア政局の安定はほど遠い。
フランスの構造改革も鈍い。
ギリシャでは極右政党が存在感を増す。

「落ち着いたかにみえるユーロ体制もまだ
『事故』の危険がいっぱい」。
日経新聞ヨーロッパ総局は、やや悲観的。

そのドイツの旅、
デュッセルドルフから始まる2日目。

朝8時前にホテルの会議室に集まり、
結城義晴のアヌーガ視察のためのセミナー。
20131007102000.jpg

ヨーロッパとドイツの食品産業のトレンド、
アヌーガの視察のポイントと心得、
商談と輸入の要点などを丁寧に解説。
20131007102016.jpg

1時間半ほどだが、
終わるとちょっとした頭痛。
20131007102117.jpg
朝から少し力が入りすぎて、
頭に血がのぼった。

講義の後は一路、
デュッセルドルフからケルンへ、
1時間ほどのドライブ。
20131007102318.jpg
もちろん、ここでも解説の続き。

そして見えてきました。
市内入り口から恒例となっているアヌーガ渋滞。
一昨年の前回よりずいぶんと手前から車の列。
20131007102356.jpg
待つことが嫌いな大阪人かと思うほど、
短気なゲルマン人のバス・ドライバー。

この経路をさっさとあきらめて、
ライン川を渡り、大きく迂回し、
旧市街地から再びアタック。

ライン川の向こうにケルン大聖堂。
20131007102417.jpg

しかしごらんの通り、
こちらもアヌーガ大渋滞。
20131007102431.jpg

ぐるぐる回りながらも、
大阪人のように横入りを繰り返し、
やっと着きました。
ケルンメッセのアヌーガ会場。
20131007102503.jpg

ケルンメッセ㈱は世界に誇るフェア会社。
20131007102739.jpg

入り口前の階段のこの人人人。
20131007102544.JPG

南入り口のアヌーガのロゴ看板を抜けると・・・。
20131007102841.jpg

これまた人人人。
20131007102927.jpg

われわれ一行は、
6つのチームに分かれて、
テーマごとに真剣視察。
20131007102904.jpg

バーコード付きの入場証を首にかけて、
次々に来場者が入ってくる。
20131007102958.jpg
毎奇数年開催のアヌーガ。
初回開催は1919年。

28万4000㎡の総展示スペース。
フランス・シアルの2倍以上。
日本のフーデックスや
スーパーマーケット・トレードショー、
その10倍はくだらない。

100カ国から6743の企業が出展。
2011年の出展社は、
ドイツ国内から925、海外から5818。

180カ国から15万4536人のビジター。
ビジターはドイツ国内5万8899人、
海外から9万5637人。

そのアヌーガは、
11館からなる広大な展示を誇る。
2013年の出展概要は、
10カテゴリーに分かれている。

①フード   
加工食品 84カ国3516出展

②ドリンク
ビール・ワイン・スピリッツ・ノンアルコール飲料
60カ国515出展

③ミート
45カ国809出展

④フローズン・フード 
48カ国491出展

⑤チルドおよびフレッシュフード
フレッシュコンビニエンス製品、フレッシュデリカテッセン、
魚、フルーツ&野菜
19カ国149出展

⑥デアリー(乳製品)
34カ国360出展

⑦パン&ベーカリー、ホットドリンク
36カ国405出展

⑧オーガニック  
27カ国271出展

⑨Retail Tec

⑩フードサービス
24カ国228出展、約3500製品

⑧、⑨、⑩がユニークだ。

もう一つ、アヌーガの特徴はテーマブース。
今回のアヌーガトレンドとして、
10のテーマが設けられている。
① グルメ製品と郷土料理
② ハラール食品
③ オーガニック製品
④ ベジタリアン製品
⑤ 健康&機能性食品
⑥ コーシャ製品
⑦ フィンガーフード
⑧ プライベートラベル
⑨ 材料
⑩ フェアトレード製品

南から北に延びる主通路沿いに、
テーマブースが並ぶ。

その中の
フェアトレード。
20131007103150.jpg

今年はコンコースに格上げされた。
こちらはIFSのブース。
20131007103209.jpg

農業サプライヤーが、
食品安全、労働、環境、動物の権利保護などの項目に関して、
大規模小売チェーンに対しGLOBALGAP認証を与えている。
認証された企業のロゴが記されたポール。
20131007103237.jpg
アルファベット順で、
日本のAEONが一番最初にある。
その意味では「イオン」はよいネーミングだ。

入り口にあれだけいた来場者も、
広い会場に散らばっていく。
20131007103301.jpg

世界中のオリーブオイルを集めたブース。
20131007103415.jpg

試飲させてくれる。
われわれもバージンオリーブオイルを、
次々にテイスティング。
20131007103356.jpg

主通路をさらに北上。
20131007103450.jpg

天井からは各国プロモーションの垂れ幕が、
下げられている。
20131007103520.jpg

「taste13」は、
主通路の一番北寄りに設けられている。
イノベーティブな商品コンテストブース。
20131007103553.jpg
カテゴリー別に本部が選んだ商品を並べ、
来場者に投票してもらう。

こちらはファインフード部門のTOFU。
20131007120819.jpg
寿司に続き、豆腐もグローバル化してきた。

私たち事務局本部チームは、
北側から南下作戦を開始。

一番北に位置する8号館のドリンク館では、
taste13にランクされた
エナジードリンクを試飲。
20131007103625.jpg
私の隣は、㈱万代常務の西水啓介さん、今回の団長。
左は、通訳の谷口ゴールドジャック久美さん。

エナジードリンクもいいが、
違う意味で人間を活気づかせるこのドリンクもいい。
20131007103714.jpg

試飲なのにこの量。
もちろんタダ。
20131007103733.jpg

われわれは控えめに、
半分の量をお願いしてテイスティング。
ドイツビールはコクがあって本当においしい。

ビールの余韻が後を引く中、
ドイツの茸生産者のブースへ。
シェフが腕をふるって試食させてくれる。
20131007103800.jpg

フライパンの中から何ともいえない茸とバターの香り。
20131007103851.jpg
茸は鮮度が大事。
だから輸出はしていない。

しかし日本の国産品とはちょっと違っていて、
味が濃く、薫り高く、
すばらしい茸だった。
20131007103827.jpg

こちらのブースは人だかり。
20131007103920.jpg

taste13のフローズンフード部門でランクされていた商品。
キャンディのような形状のスナック。
20131007104007.jpg
「HASTA PIZZA」。

たいやきのような衣の中に、
サラミ、ハム、マルガリータ、チョコなどの具材を入れて、
トースターで4分焼く。
20131007103942.jpg
片手で食べられるフィンガーフード。
これは日本でも売れそうだ。

ミート部門の入り口では、
VealのサプライヤーEkro社のブース。
レストラン仕様で展開している。
オランダの会社。
20131007104039.jpg

ドリンクと前菜や部位別ステーキなど、
仔牛肉を使ったメニューを提供し商談する。
20131007104102.jpg

もちろん、われわれも試食。
20131007104122.jpg

解説してくれたのは、
Paul Beltmanセールスマネジャー。
20131007104141.jpg
毎週8000頭単位で、
仔牛を生産し、販売する。

そのスペシャルティで、ポジショニングを築く。
もちろん世界で一番のヴィール・サプライヤーだ。
柔らかくてジューシーな仔牛肉の後は、
しっかりした、アルゼンチンの牛肉を食べ比べ。
20131007104200.jpg

お腹がいっぱいになったところで、
ミール館を後にして、再び南下。
20131007104225.jpg

3号館を入るとすぐに「Caffe Corsini」。
20131007124239.jpg

水出し、ドリップ、エスプレッソの3つの入れ方で試飲させる。
20131007104256.jpg
コーヒーのフルコース。

充実した食後のコーヒータイム。
20131007104318.jpg
このパフォーマンスが説得力を持つ。

そして最後は、
2号館のJapanブース。
20131007104433.jpg
地方の特徴的なサプライヤーが出展して、
活気あるブース構成。
しかしもうちょっと、
日本のパワーを示したい。

あっという間に、
初日の視察が終わり、
全員で、記念撮影。
20131007150409.jpg

そのあとは、
ケルン市内の店舗視察を予定していたが、
今日は日曜日で店が閉まっているため、
急遽、ケルン大聖堂の見学に変更。

夕刻のライン川を渡り旧市街地へ。
20131007104643.jpg

見えてきました大聖堂。
20131007104708.jpg

この圧倒的な存在感。
20131007104939.jpg

聖堂の中に入ると・・・。
20131007105114.jpg

荘厳な美しさ。
20131007105142.jpg

ところが日曜のこの日は、ミサがあるため、
観光客は回廊をまわって視察することができない。
20131007105158.jpg
これまた残念。

礼拝堂をぐるりと囲むステンドグラスを、
遠くから眺めるだけ。
20131007105245.jpg

来たことの証しとして、全員で記念撮影。

大聖堂をできるだけおさめようと、
事務局のカメラマンたちはこの姿。
20131007105359.jpg

でもかがみこみ過ぎたせいか、
後ろのほうは顔の一部しか映っていない。
20131007105314.jpg
申し訳ない。

視察が終って夕食は、
万代ドライデイリー会幹事の皆さんと、
ドイツビールとドイツ料理の店へ。
20131007105435.jpg

ご覧の量は4人前。
スペアリブやカツ、ソーセージ、
そしてマッシュポテト、ザワークラウトを堪能。
20131007105452.jpg

最後はアップルパイ。
20131007105510.jpg

今日は美味しいものばかり食べた。
実に満足だった。
20131007105546.jpg
薄日差すユーロ。
突発的な経済事故を警戒しつつも、
食分野は意気軒高。

それをリーダー国のドイツと、
世界最大の食品メッセ「アヌーガ」が、
示してくれている。

私たちはそれを肌で実感している。

21世紀は食品の時代。
その食品から元気を得て、
みなさんも、
Good Monday!
〈つづきます〉

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

  • ホームに戻る
  • トップに戻る
  • 友達・上司・部下に知らせる

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.