結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2013年10月23日(水曜日)

30時間不眠活動! HEBからHEBまでのダラス初日一部始終

「オバマは早くもレームダックだ」
日経新聞『迫真 迷走・オバマ政権』。

lameは足の悪い、
duckはアヒル。
レームダックは「死に体」の意味。

米国国債の債務不履行(デフォルト)は、
ギリギリで免れた。

対立政党・共和党の一部が賛成に回り、
米国連邦議会が国債追加発行容認の法案を可決。

窮地を脱したが、
レームダックの状態。

そのバラク・オバマ大統領。
「勝者はいない。
これ以上、米国の信用を傷つけたものはない」。
ひどく歯切れが悪い。

「オバマケア」と呼ばれる医療保険制度改革法、
さらにシリアへの派兵問題を抱えて、
オバマの指導力に強い不信感が漂う。

残る任期は3年あまり。
2012年11月の大統領選、
再選のときの勝利演説。
「我々は一つの国家、一つの国民」。

しかし「一つの米国は遠い」。
オバマ政権は立ち往生。

それでもアメリカの小売業は、
立ち止まってはいない。

そのアメリカへ向けて旅立った。
ダラス行AA176便に乗り込み、
成田を出発。
20131023192430.jpg

整備士の皆さんに成田で見送られながら、
一路、ダラス・フォートワース空港へ。
20131023192445.jpg

雲の上は真っ青な空。
20131023211431.jpg

頼むぞ! 翼。
20131023192456.jpg

11時間ほどのフライト。
窓を開けると北米大陸。
20131023211517.jpg

朝日が登ってくる。
20131023211527.jpg

朝日に向かって飛行。
20131023211542.jpg

そしてダラス・フォートワース地区が見えてきた。
20131023211556.jpg

到着は朝の8時半。
晴天のダラス。
20131023192602.jpg
これから長い長い一日が始まる。

はじめに向かったのは、
HEBセントラルマーケット。
20131023192542.jpg
都市型アッパーグレードタイプのスーパーマーケット。

HEBはテキサス州サンアントニオに本社を置く、
ローカル・スーパーマーケット・チェーン。

2012年の売上高は194億ドル。
100円換算で1兆9400億円、伸び率は7.9%。
350店を展開するが、
セントラルマーケットは9店舗。

店頭では見事なハロウィンのプレゼンテーション。
20131023192616.jpg

店内に入るとすぐに解説。
20131023192627.jpg

ここでは、フーディーの2人が、
店内ツアーをしてくれた。
20131023192646.jpg
左がニューヨーク出身で入社7年目のナンシーさん、
右が中国出身で5年目のティーナさん。

ワイン売場では担当マネジャーにもインタビュー。
セントラルマーケットでは、
2ドル98セントのコモディティワインから、
500ドルの高級ワインまで品ぞろえする。
20131023192702.jpg

もちろん、私もレクチャー。
20131023192718.jpg

自家製のパンやチーズを試食。
20131023192734.jpg

今週は生鮮から惣菜、デアリーまで全部門で、
「チーズスペシャル」と名付けた統一企画を、
徹底的に実施している。
20131023192757.jpg
説明を受けながらの店内一周。

最後は屋外のカフェでランチ。
この日のスープは、
チーズがふんだんに使われていた。
20131023192816.jpg

次はセーフウェイが
テキサスで展開するトム・サム。
20131023192839.jpg

主力フォーマットのニューライフスタイルストア。
20131023192926.jpg
しかし残念ながらお客の姿が見えない。

ローカル商品を70アイテム揃えた青果のプレゼン。
20131023192910.jpg

驚いたのはワイン売場の主通路のプレゼン。
青いミニスカートのマネキンが立っている。
20131023192944.jpg

お客がいない売場では、
その後ろ姿が孤独に見える。
20131023193002.jpg

新興住宅地にできたばかりの店だが、
来店客の少なさには唖然。
20131023193028.jpg

セーフウェイの売上高は442億0700万ドル。
4兆4207億円。
伸び率は1.3%。
店舗数1641店。

だから1641分の1を見ただけだが、
セーフウェイ、かなり厳しい。

㈱たいらや社長の村上篤三郎さんと、
この店の問題点を話し合う。
20131023193120.jpg
左はトッパントラベルサービスの鈴木敏さん。

一方、スプラウツファーマーズマーケット。
トム・サムの至近距離に立地する。
20131023193144.jpg

スプラウツは今年8月1日、
ナスダックに株式上場したばかり。
20131023193229.jpg

従業員のモティベーションが、
さらに上がったせいか、
売場には活気が満ちている。
20131023193213.jpg

お客もよく入っている。
20131023193256.jpg

子供連れのお客も増えている。
20131023193314.jpg

車で数分のトム・サムとは大違いだ。

スプラウツの隣にはダラーツリー。
20131023193331.jpg

バラエティストア全米3位。
売上高73億9500万ドル、7395億円。
伸び率は11.5%。
店舗数4671。

店内ではハロウィンのプロモーション。

20131023193343.jpg

スーパーマーケット第1位のクローガー。
20131023193405.jpg
売上高は967億5100万ドル。
9兆6751億円で、伸び率は7.0%。
店舗数3538。

店頭のハロウィンのデコレーション。
20131023193425.jpg

「ザ・ガーデン」と名づけられた青果売場。
20131023193457.jpg

フレッシュジュースのコーナー。
20131023193517.jpg
フレッシュジュースとカットフルーツは、
アメリカで大流行。

主通路ではハロウィンの凝ったプレゼン。
20131023193619.jpg

そしてハロウィンのうしろでは、
収穫祭のプレゼン。
20131023193534.jpg

11月第4木曜日がサンクスギビングデー。
それに向けて、
連続してプロモーションを仕掛ける。
20131023193558.jpg

初日最後の訪問は、
HEBフード&ドラッグ。
20131023193637.jpg

店頭では早くも、
クリスマスの仕掛け。
20131023193718.jpg

もちろんハロウィンも。
子どもたちがカボチャのランタンをつくっている。
20131023193702.jpg

店に入ると、今日のおすすめ果実がドンと出迎える。
20131023193733.jpg

カットフルーツとフレッシュジュースのコーナー。
20131023193749.jpg

青果部門は圧巻の品揃え。
20131023193810.jpg

飛ぶように売れるバナナは、
何度も補充する。
20131023193831.jpg

奥主通路沿いの売場。
20131023193855.jpg

わたしはいつもコーラ売場を見に行く。
20131023193915.jpg

HEBのオリジナルコーラ12本入りは、
2ドル29セント。
よく売れている。
20131023193935.jpg
コカコーラは3ドル99セント。

非食品の主通路のハロウィンのプレゼン。
20131023193957.jpg

主通路では、島陳列で、
1ドルのプラスチックカボチャなどを売り込む。
20131023194018.jpg

HEBは強い。

HEBのセントラルマーケットに始まり、
HEBフード&ドラッグに終わった初日の視察。
ホテル到着は夜の7時。

すぐにホテルの会議室で
第1回目の結城義晴セミナー。
20131023194041.jpg

アメリカの競争を学ぶことの意味と、
米国の業態の意味、
消費と競争を概観。
20131023194153.jpg

出発から27時間。
疲れはピークのはずだが、
真剣に聞いてくれた。
20131023194125.jpg

そして、そのまま会議室で懇親会。
クローガーやHEBで、
購入してきたサラダや惣菜を持ち寄って、
試食を兼ねた夕食。
20131023194215.jpg

村上団長の乾杯のあとは、
一人ひとりが自己紹介を兼ねて、
視察で学びたいことを一言コメント。

はじめに松本隆文さんがメッセージ。
京都府亀岡に本部を置く、㈱マツモト社長。
20131023224035.jpg

松本さんは商人舎の海外視察参加は3度目。
感謝の握手。
20131023224538.jpg

㈱廣甚社長の廣岡聖司さんのあいさつは、
出発前の奥様との会話を紹介し、爆笑を誘った。
20131023223933.jpg

一人ひとりのあいさつを聞きながら、
美味しいお酒と惣菜で疲れも吹き飛んでいく。
20131023223838.jpg

みんな元気です。
20131023223852.jpg

視察チームがひとつにまとまっていく。
そんなことが感じられる夕食会だった。
20131023223911.jpg

現地コーディネーターの浅野秀二さんも、
ワインを飲んでほろ酔い。
20131023223955.jpg

最後は、結城義晴のメッセージ。
20131023224219.jpg

このツアーは、
これまでの中でも特別なものになる。

商人舎最高顧問の杉山昭次郎先生のことが、
脳裏をよぎった。
20131023224245.jpg
いい夕食懇親会だった。
ひとつになった夕べだった。

30時間眠らずに活動した。

すべての人に、
感謝したい気持ちだ。
(つづきます)

〈結城義晴〉

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会<第17回>2020年7月7日(火)~9日(木)<第18回>2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.