結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年08月07日(木曜日)

立秋の日の伊藤園大陳審査から立教MBAIntensive講義まで

今日は立秋。

横浜は昼の暑さが嘘のように、
夕方には風が出て、涼しくなった。

台風の影響か、
空も夏から秋へ。
20140808000749.jpg

美しい模様の雲。
20140808000801.jpg

しかし6月の景気動向指数は、
2カ月ぶりに悪化。

内閣府の発表。

2010年を100としたときの一致指数が、
109.4で5月比1.8ポイントのマイナス。

理由は、消費増税前の駆け込み需要の反動。

ただし消費者態度指数は2カ月連続で改善。
日経新聞は「先行きは不透明」とお茶を濁す。

「株をいじる人は慎重に」という配慮だろうが、
小売りサービスの実業は、
「前向き、上向き、外向き」で、
夏を乗り切りたい。

外食産業トップは、
ゼンショーホールディングス。
2015年3月期の連結最終損益が、
13億円の赤字との見通しを発表。
これは1997年の上場来初の最終赤字。

理由は、問題となった過酷な労働環境。

深夜1人勤務状態の店舗は、
全国約2000店のすき家のうち約940店。

この1人勤務の解消を、
9月末までに実現させる。
解消できない店舗は、
午前0時から5時までを休業する。

小川賢太郎会長兼社長のコメント。
「休業は半分の460~470店となりそうだが、
最悪の場合は約940店すべてになる」

子供が泣きべそかきながら不平を言っているように聞こえるが、
これが売上高の目減りにつながる。

ゼンショーホールディングスは、
外食産業第1位企業。

マクドナルドがトップの頃に、
例の店長の管理監督者問題が発生した。

トップ企業の責任は重いし、
いつも必ず問題は、
トップ企業から表面化する。

とすると、外食産業は、
まだまだ家業レベルだということだ。

中小企業でまっとうな経営を志向した方が、
いい業種なのかもしれない。

外食のゼンショーに対して、
メーカーのサントリーホールディングスは絶好調。

2014年1~6月期の売上高と営業利益で、
日本国内酒類メーカーのトップに立った。

これは2009年の持ち株会社移行後、初めてのこと。

上半期の売上高は1兆1089億円、
前年同期比18%プラス。
営業利益は644億円で32%増。
いずれも過去最高。

5月に買収した米国蒸留酒製造業ビームが、
売上高575億円、営業利益54億円で加算された。

ビール・スピリッツ部門の営業利益が、
56%増の208億円。

飲料・食品部門の営業利益も、
19%増の434億円。

通期予想は、年商2兆4400億円、営業利益1670億円。
これも日本国内酒類製造業トップの見通し。

アサヒグループホールディングスも、
上半期営業利益が過去最高。

しかし、キリンホールディングスは17%減益。

明暗がくっきり。

さて、サントリーとも飲料で競合する伊藤園。
その春夏の大陳コンテスト審査委員会。
20140808062723.jpg
はじめに私から近況解説。

それから早速、最終審査。
20140808062735.jpg

コースごとの大賞・優秀賞、
さらに企業賞大賞・優秀賞が決定。

ここでお知らせしたいところだが、
それは残念ながらできない。

楽しみに待っていてください。

その後、雑誌掲載用の記念写真撮影。
20140808062745.jpg

それからスタッフ全員そろって、
このブログ用の写真撮影。
20140808062758.jpg
力強く、お盆商戦に臨む。

その後、江島祥仁副会長の部屋で、
恒例の情報交換。

消費増税軽減税率の問題、
協会統合の問題、
小売業界の化け物級創業者の話題、
商人舎の秋の米国視察研修会のこと、
話はどんどん盛り上がって、
最後に写真。
20140808062807.jpg
前列左から江島副会長、
本庄大介社長、
本庄周介副社長。

後列は松井康彦さん。
商人舎エグゼクティブプロデューサー、
アドパイン代表。

楽しいひと時もすぐに時間が来て、
一度、横浜の商人舎オフィスに戻る。

3時間ほどで、
6500字の頼まれ原稿を仕上げて、
送付。

それから夕方、池袋の立教大学へ。
20140808000812.jpg

MBAIntensiveの講義。
火曜日に引き続き2度目。
20140808000822.jpg
今日はサンプル持参。

少し早く着いたので、
おにぎりで腹ごしらえ。
20140808000833.jpg
のんびりベンチに座っていたら、
蚊に刺された。

秋はまだまだ先だ。

今日も30名ほどの受講者が、
仕事を終えて三々五々集まってきた。
20140808000842.jpg

テーマは「コモディティと脱コモディティ」
そのマーケティグ。
20140808000903.jpg

講義は2時間10分。
20140808000915.jpg
大陳コンテスト審査から、
原稿書き、そしてこの講義まで、
ちょっと疲れ気味だが、
最後の気合を入れて語った。

コモディティ化現象の中身から、
その歴史的瞬間。
そしてウォルマートやテスコの戦略、
プライベート・ブランド論まで。
一気呵成。
20140808000926.jpg

今日はマヨネーズを持参して、
大手メーカーのPB戦略を解説。
20140808000939.JPG
優秀な受講生たちばかり。
だから内容は盛りだくさんだが、
理解してくれたと思う。

ご清聴、感謝。

〈結城義晴〉

[追伸]
商人舎magazineのDaily商人舎。
マツキヨとコスモスの闘い。

ご愛読ください。

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.