結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年08月20日(水曜日)

甲子園ベスト16は東北・北陸勢、2013百貨店は東京・大阪

昨日の夕方、
ホノルルから帰ってきて、
まだハワイ呆け。

先月から時差呆けが続くが、
それに追い打ちをかけるように。

ワイキキの夕陽は、
綺麗だったなぁ。
20140820190449.jpg

カラカウア通りのラーメン屋。
小倉智昭の店もよかったなぁ。
20140820190459.jpg
オックス・テールラーメン、
食ったなぁ。
炭水化物ダイエット中なのに。

アルコールドリンクは持ち込み制で、
ハワイのビールを飲んだなあぁ。
20140820190513.jpg
右のブランドは「ビキニ・ブロンド」、
左は「ロング・ボード」。
右のネーミング、よかったなぁ。

などなど。

日本に帰ってみると、
広島豪雨災害。
誠に心が痛む。
ハワイ呆けなど、
言っていられない。

心よりお見舞い申しあげたい。

さて、夏の甲子園は佳境。
第96回全国高校野球選手権大会。

第3回戦が、今日と明日。
今日が8チーム、
明日が8チーム。
合わせて16チーム。
2日間で登場。

毎度毎度、このことは書く。
この第3回戦が、
夏の甲子園のハイライト。

今日の3回戦第1試合は、
星稜(石川)1 – 5八戸学院光星(青森)。
第2試合は、
沖縄尚学(沖縄)6 – 5二松学舎大(東東京)。
第3試合は、
三重(三重)7 – 5城北(熊本)。
そして第4試合は、
盛岡大付属(岩手)1 – 2敦賀気比(福井)。

明日は、第1試合、
富山商(富山)vs日本文理(新潟)。
第2試合、
八頭(鳥取)vs大阪桐蔭(大阪)
第3試合、
聖光学院(福島)vs近江(滋賀)
第4試合は、
健大高崎(群馬)vs山形中央(山形)。

3回戦に残った8校。
東北地方が4校・4県、
中部地方が5校・5県。
北陸は全部、勝ち残っていた。
関東が2校・2県、
関西も2校・2県。

四国は全滅、
中国地方は1校・1県、
九州沖縄が2校・2県。

こうしてみると、
東高西低。
とくに東北と北陸が頑張った。

翌22日金曜日の準決勝が豪華版。
勝ち残った8チームが、
朝から晩まで4ゲーム。

台風の影響で、
今大会の初日・2日目が順延になって、
本当に残念だが、
土曜日の23日はゲームがない。
休養日。

日曜日が準決勝。
そして決勝は月曜日の25日。

ズバリ、決勝に残る2校と、
そのあとの優勝校を予想したいが、
私はハワイに行っていたこともあって、
試合を見ていない。

だからそれはできない相談。
申し訳ない。

さて、今日の日経MJが、
2013年度百貨店調査を発表。

1面から2・3面までを使って特集。
私など、ちょっとさみしい。
5面くらいまでぶっ通しで、
百貨店の発祥から現在までを、
位置づけてほしいところだ。

しかし2013年度は213店舗、
総売上高は6兆4156億円。

前年対比でプラス2.7%。

ウォルマートの第2四半期の伸び率、
2.8%とほぼ同じ。

日本の百貨店のピークは、
1991年の商業統計で示されるが、
年間販売額11兆3499億円、
478店舗だった。

それが年商は56.5%に、
店数は44.6%に減った。

しかしこの2年間、
半数の店が売上げを回復。
伸ばしている。

しかし年商2000億円を超えるのは、
2655億円の新宿伊勢丹1店のみとなった。

第2位は、
阪急うめだ店の1922億円。

来年は2000億突破する。

第3位が西武池袋本店、
1845億円。

そして第4位にランクを落としたが、
三越日本橋本店で1736億円。

ここまでが四強。

伊勢丹が12.1%増、
阪急が32.8%増の前年比で、
東西の横綱。

そのあとに、
5位・高島屋横浜店、
6位・高島屋日本橋店、
7位・松坂屋名古屋店、
8位・高島屋大阪店、
9位・JR名古屋たかしまや、
10位・そごう横浜店、
11位・東武百貨店池袋本店。

ここまでが1000億円を超える百貨店。

12位の東急百貨店本店は、
前年比マイナス13.8%で、
923億円の年商となった。

これもさみしい話だ。

とはいっても、
5年前の百貨店調査でも、
1000億円超の店は13店。

2店が減っただけ。
ただし2013年の1000億超の店のうち、
2008年の売上げよりも伸ばしているのは、
新宿伊勢丹、
阪急うめだ店、
西武池袋店。
そしてJR名古屋タカシマヤ。

後の店舗群は、
すべて売上げをダウンさせている。

このあたり詳細は、
今日のdaily商人舎に掲載。

5年前との違いは、
外国人売上高の増加。

特に東京・横浜・大阪など、
大都市中心部の百貨店に顕著。

三越銀座店など、
年商692億円のうち、
35億円が免税品の売上げとなった。

ちなみに甲子園に残ったベスト16校、
その地元百貨店。

熊本が32位で、鶴屋百貨店の555億円、
新潟伊勢丹が59位の334億円、
石川の大和香林坊が74位の235億円、
三重の近鉄四日市店が77位・232億円、
岩手の川徳が91位、199億円。

さらに100位以下は、
福島のうすい百貨店が104位・173億円、
群馬の高崎高島屋が118位・151億円、
沖縄リウボウが125位・139億円、
福井の西武福井店が133位・127億円、
滋賀の近鉄草津店が138位・125億円、
山形の大沼本店が178位・70億円、
青森さくら野百貨店が183位・64億円、
鳥取の米子しんまち天満屋が190位・52億円、
そして富山の大和高岡店が192位で、52億円。

東京と大阪は、百貨店業界の1位と2位。

こうしてみると、
高校野球と百貨店は、
比較すべきことでもないが、
対極にある。

地方百貨店よ、
高校野球並みに頑張れ。

そう応援したくもなる。

判官びいきの結城義晴。

だとすると、
今年の甲子園夏の大会の予想。
百貨店の下から数えて、
富山と鳥取の決勝など、
いかが?

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.