結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2014年08月12日(火曜日)

日航機墜落事故から29年/坂本九の「とかくこの世はままならぬ」

日本航空123便墜落事故。
昭和60年、1985年の8月12日、
群馬県の御巣鷹の尾根。

あれから29年。

通称ジャンボジェット、
ボーイング747。

520人の人々が亡くなった。

その中に坂本九さんがいた。
1941年12月10日生まれだから、
生きていたら72歳。

私より11歳年上で、
好きだったなあ。

今でも、カラオケで歌うことがある。

見上げてごらん夜の星を
小さな星の小さな光りが
ささやかな幸せをうたってる

見上げてごらん夜の星を
ぼくらのように名もない星が
ささやかな幸せを祈ってる

永六輔作詞、いずみたく作曲。

いい歌です。

520名の人々のご冥福、
お盆の季節に、
あらためてお祈りします。

日経新聞に「7月の消費動向調査」の記事。
「消費者態度指数」が3カ月連続改善。
7月の指数は41.5で、
6月よりも0.4ポイント上昇。

昨年12月から5カ月連続下降。

しかし7月は、昨2013年11月以来の水準まで回復。

消費者態度指数は、
今後半年間における消費者の意識を表す。

一般世帯(2人以上の世帯)と単身世帯ごとに、
三段抽出によって選ばれた8400世帯に調査をかける。
三段抽出は、市町村段階、調査単位区段階、世帯段階の三段。

毎月1回で、毎月15日に調査する。
10日前後に調査対象世帯に調査票が届く。
そのうち毎月20日までに届いた調査票を集計する。

4つの指標がある。
①「暮らし向き」
②「収入の増え方」
③「雇用環境」
④「耐久消費財の買い時判断」

今後半年間にどう変化するのかを、
消費者に5段階評価で回答してもらう。

良くなる(1点)、やや良くなる(0.75点)、
変わらない(0.5点)、やや悪くなる(0.25点)、
そして悪くなる(0点)。

この点数を加重平均して指数にする。
50が指数の善し悪しの判断目安となっている。

7月の場合、
雇用環境は前月比0.3ポイント高い48.7。
暮らし向きは前月比0.1ポイント高い38.5、
収入の増え方は1.2ポイント高い39.1。

これらの3つの指標は、3カ月連続改善。

耐久消費財の買い時判断は39.6で、横ばい。

一方、家計調査の6月の消費支出。
物価変動の影響を除いた実質ベースで、
前年同月比3.0%マイナス。

消費者意識は改善したが、
実質的消費はまだまだ。

こんなところか。

日経新聞に、
第一屋製パン㈱の細貝正統常務が発言。
「『エルニーニョ』で気温が下がるとの当てがはずれた」。

経験則では、冷夏ならば、
パンの売れ行きはまずまずとなる。

今年はエルニーニョと踏んで、
夏商戦に臨んだ。

しかし、結果は猛暑。

ビールやソフトドリンクはよく売れたが、
パンは冷やし中華などに、
まさに売上げを食われた。

8月に入って、売上げは減速。

第一屋製パンの期待は、
「ポケットモンスター」など、
キャラクターをあしらった菓子パン。

細貝常務は頭を悩ます。
「夏休みは家族連れの買い物客が多い。
うまく子どもにアピールできれば……」。

坂本九の持ち歌に、
「九ちゃん音頭」がある。
作詞は青島幸男、作曲はダニー飯田。

花が咲く時ゃ風が吹く
月が出て来りゃ雲が出る
とかくこの世はままならぬ
愚痴はよそうぜ
歌でも歌おう
それがね
それが浮世と云うものさ
キタサ ホイサッサ

青島らしい歌詞だ。

二番は、
好きなあの娘にゃひじ鉄くらい
きらいな娘にゃほれられる

そして三番は、
金がある時ゃひまがない
ひまがある時ゃ金がない

とかくこの世はままならぬ。
それが浮世と云うものさ。

坂本九の無念さに比べたら、
消費者心理や天候変化は、
たいしたことない。

ねっ、細貝さん。

〈結城義晴〉

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.