結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2008年09月27日(土曜日)

コンピュータ・リテラシー研究会、プラネット社長・玉生弘昌さんを迎えて、充実

総務省が昨日発表した8月の消費者物価指数。
生鮮食品を除く総合指数は、
2005年段階を100とした時、
この8月は102.6。
前月より2.4%上昇で、前月の7月の伸び率と同じ。

日経新聞は「物価に天井感」と表現し、
朝日新聞は「物価上昇ピークに」と表す。

いずれも、物価は「高止まり」の状況。

だから、消費者の財布のひもは、「固止まり」。
(「カタドマリ」は私の造語。「タカドマリ」に引っ掛けた)

そのつもりで、今月の標語。
「原理・原則、全うせよ」
五つの原則。
一 利は元にあり。
二 利は売りにあり。
三 利は内にあり。
(これも「ウリ」と「ウチ」の韻を踏んだもの)
四 利はこの品にあり。
五 利は他の品にあり。
(この品と他の品も対比)
そして、品質は維持・向上させよ。

9月も残りわずか。
よろしく。

さて、昨日は、朝から、
横浜市立白幡小学校学校開放運営委員会総会。
私、このたび、会長を辞任。
ご協力ありがとうございました。

コーネル大学RMPジャパン副学長になって、
ひとつ増えたらひとつ減らす。
学校開放会長とコーネル・ジャパン副学長とでは、
仕事量は、雲泥の差だが、
気分が違う。

ほんとうにありがとうございました。
でも、地域とのかかわりあいは、なくさない。
だから「竹の子少年ソフトボール」のチーム代表は続ける。

昼から、東京・神田の日本セルフ・サービス協会で、
商業経営問題研究会と商人舎コンピュータ・リテラシー研究会の、
合同研究会。
RMLC1
今回は、研究会リーダーの當仲哲寛さん、
(株)プラネット社長・玉生弘昌さん、
そして座長の私の鼎談方式。

ただし、私は、コーディネーター役。

最初に、セルフ・サービス協会の三浦正樹専務理事から、
ご挨拶いただいて、感謝。

その後、當仲さんが、先月の復習のレクチャー。
2
小売業には、コンピュータに関して、
「餅は餅屋」という考え方が強すぎた。
「コンピュータリテラシー」とは
読み書き算盤のこと、
機械そのものにどれだけなじんでいるかが大事。
コンピュータとは、どういう道具で、何ができるか。
これを知ること。

だからもっと地味な勉強をすること。

コンピュータは、
簡単ではないが、
難しくはない。

コンピュータは、大きな電卓。
「残す まとめる 伝える」
の三機能を持つ。

コンピュータなら何でもできる、ではない。

「システム=コンピュータ」という考え方が、
業務力や判断力をだめにする。

道具を熟知して、
業務の力を上げる。
コンピュータの知識も上げる。
その表裏一体で、改善が果たされる。

今回の、メイン講師は玉生さん。
プラネットという会社のオンリーワンで不可欠の機能を、説明しながら、
情報と通信と流通の根本問題を解き明かしてくださった。
4
EDIとは、エレクトリック・データ・インターチェンジ。

23年間、たくさんのメーカーと卸をつなぐ仕事をしてきた。
すなわちN対Nを結ぶ機能。
これが日本の日用雑貨の流通において、
なくてはならないものになった。
業界のインフラとして定着した。

基本は、業界として「標準化」ができるかの一点にかかっている。

EDIの標準には、三つの要素が必要。
①プロトコルの標準。

すなわち通信手順、例えば「J手順」といわれるものがある。

②コードの標準。
「発注データには、JANコード使う」と決めればいい。

③フォーマットの標準。
伝送フォーマット。これが一番の問題。

プラネットは、フォーマットを統一している。

だから、プラネットのネットワークに入れば、
メーカーは多数の卸店とすぐに通信できる。
それがN対N接続。

玉生さんのとてもわかりやすい話は、まだまだ続く。

そこで、當仲さんの問題提起。
メーカーの考え方と小売業の考え方には、
根本的に異なる部分がある。
3

卸を含めて、これらをつないでいくには、
どうしたらよいのか。

参加者から、質問や、意見が相次いだ。
それがこの研究会のいいところ。
5
私は、思う。

第1に、リテラシーの問題。
情報やコンピュータに馴染み、理解し、使いこなすこと。
第2に、業務にも精通すること。
すなわち、「知識商人」となること。
玉生さんにしても當仲さんにしても、最高の「知識商人」だ。
そして、第3に、ドラッグストアの世界で行われた手順を踏むこと。
まず、「セルフメディケーション」の大義を掲げた。
誰も、反対する者はいなかった。
その上で、「セルフメディケーション」実現のために、
一つ一つ手立てを打った。

だからチェーンドラッグストア協会にほとんどすべての企業が、
参画した。
だからあの薬事法が50年ぶりに改正された。

コンピュータやEDIの世界での、「セルフメディケーション」は、
顧客に主眼が置かれること。
これは同じ。

そして環境の問題、安全の問題などが柱となる。

それがこの研究会の方向性となる。

みなさん、ありがとうございました。

<結城義晴>

追伸
商人舎コンピュータ・リテラシー研究会は、
この鼎談の詳細を、近く、ホームページ上で公開します。
ご期待ください。


4 件のコメント

  • 玉生社長の講演を一度、聞いたことがあります。
    EDIのことを、大変分かりやすく話されたことを記憶しています。

    小売業と卸、メーカーの間で「3つの標準化」がなぜ、なされないのか。鼎談リポートを楽しみにしています。

  •    ワンダーウーマンさま、いつもご投稿、感謝。
       創です、玉生さんは、
       尊敬すべき経営者、革新者です。
       このホームページがリニューアルなったら、
       「商人舎コンピュータ・リテラシー研究会」の
       コーナーが登場します。
       そこに、今回の鼎談の模様が、分かりやすく、
       掲載されます。
       ご期待ください。
       10月上旬を目指しています。

  • 9/22流通NEWSから、こちらに来ました。
    従来より、日本は欧州並みに消費税を20%程度にしないと、財政が持たないと思っており、そのために、物価を20%下げる方法として、物流の合理化を考えておりました。

    麻生総理も3年間は消費税を上げない、と言っていることは、その3年間を活用して、日本経済の構造を変えるくらいのことをやってもらいたいですね。

    流通には、ほかに金融機能・与信機能・開発機能がありますが、こういうものは、ドイツのHermesなどを参考にすればいくらでも代案はでてきます。

    合理化とは、単なる中抜きではなく、EDIを活用したコストダウン。まずは、ここをしっかりと押さえたいですね。

  •    「合理化とは、単なる中抜きではなく、
       EDIを活用したコストダウン。
       まずは、ここをしっかりと押さえたい」
       賛成です。

       物事には役割と機能があります。
       機能を果たしているものを削除するのは、
       よろしくない。

       機能を果たしていないものを、排除するのが、
       合理化です。
       機能を果たしているものには、
       よりよい機能を求めて、
       イノベーションが施される。
       それも合理化です。

       従って、人員削減のようなリストラを、
       「合理化」と称するのは、たいていの場合、
       間違いです。
       人員リストラをしなければならない合理化の場合、
       最初に削除すべきは、経営者です。

       もちろん例外は、ありますが。

       物流も、まったく同様です。
       その機能に照らし合わせて、
       イノベーションが不可欠であることは、
       これまた間違いのないところではありますが。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
コロナは時間を早める

結城義晴・著


流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介

新装版 出来‼︎

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》

新装版 店長のためのやさしい《ドラッカー講座》
(イーストプレス刊)

新着ブログ
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.