結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2010年08月11日(水曜日)

分子生物学者・福岡伸一の「動的平衡」と「行く川の流れは絶えずして・・・」

残暑 お見舞い申し上げます。

㈱商人舎は、明日8月12日(木)より18日(水)までの1週間、
夏季休業とさせていただきます。

暑さ厳しき折、皆さま、くれぐれもご自愛ください。
そしてお盆商戦の千客万来、ご祈念いたします。

なお緊急のご連絡は、代表電子メールinfo@shoninsha.co.jp、
あるいはスタッフ各自の携帯電話でお受けいたします。

もちろん、商人舎ホームページ、
および結城義晴のブログ[毎日更新宣言]は、
年中無休でお届けいたします。
*********************

台風4号が北上している。
このお盆休みは、
日本列島台風一過になるかもしれない。
店舗商業は、書き入れ時の台風。
客足に直撃する。
その心配はつのる。

アメリカ・ユタ州では、
日本人観光客を乗せたバスが横転、
3人が死亡。

かの地のドライバーは、
平気で時速150キロを出す。

道も平坦で、北海道をさらに広くしたようなところを、
走ることも多い。

昨日10日、財務省発表の「国の借金」。
904兆0772億円。
はじめて900兆円を超え、
このままでは2011年度中に1000兆円に達する。

日経新聞が総合欄で報道している。

これが企業の売上高ならばいいのだが、
企業でいえば「借入金」。
この904兆円は、名目国内総生産の1.9倍。
現時点での日本国人口1人当たりで換算すると、
約710万円の借金。

これも日経の記事からの数字引用だが、
IMF調査では、国別債務残高と国内総生産を比較すると、
日本は2009年度末に218%の異常値となる。
財政危機でEU経済の足を引っ張っているギリシャが115%。
アメリカ83%、ドイツ73%、イギリス68%。

国の借金が増えるのは、
国の収入が減るのに、
国の支出予算が増え、
それを国債という借金で賄うため。

2010年度の一般会計予算は、
92兆3000億円の歳出、つまり支出。
これに対して税金による国に収入は37兆4000億円。
その差、54兆9000億円。
これを44兆3000億円の国債を中心に補う。

国の収入を国の借金が、予算段階で上回った。
これは敗戦後の混乱期以来。

日本経済の根本的な立て直しが求められている。

これも「現状を否定せよ」でなければ、
解決できない。

商人舎8月の標語。
「現状否定」は政府はもとより、
国民一人ひとりの意思決定レベルにまで求められよう。

そのひとつが消費税の引き上げということになろうか。

その意味では、口だけ出して、
世論を誘導している観のあるマスコミにも、
「現状否定」の矛先はつきつけられるに違いない。
マスコミほど「現状否定」できない存在もないが。

もちろんすべての設計は、
その責を担う菅直人内閣にある。

だからといって、
リーダーの首を挿げ替えれば、
この難問解決がなるとも思えない。

課題ははっきりしている。
いかにそれを解決するか。

ヒントは「動的平衡」にある。

今日から始まった朝日新聞「夏の基礎講座」。
1時間目「生命」の講座で、
分子生物学者の福岡伸一さんが語っている。
その著『生物と微生物のあいだ』は、
まず、読んでほしい。
それから『動的平衡』も。

「何が自分の身に応じた『分際』なのか」

「この『分際』というのが、
生物学では重要なキーワードになるのです。
英語でニッチ」

「人間以外のすべての生物は自分のニッチを守っていて、
限られた資源や環境の中で、
ほかの種と闘いを起こさないようにすみ分けているのです」

「60兆の細胞から成り立っている人間の体は、
せせらぎによってできたよどみのようなもの。
水は絶え間なく流れ込み、
いったんよどみを形成し、また流れ出る」

鴨長明の『方丈記』。
「行く川の流れは絶えずして、
しかももとの水にあらず」

これが「動的平衡」の文学的表現。

「動的平衡」とは、
「生命とは分子を入れ替えながら、
その同一性を保っているものである」

という考え方。

たとえると、
生命は店舗。
分子は商品。

「店舗は商品を入れ替えながら、
その同一性を保っている」

福岡さんは強調する。
「脳が人間の体や心をすべて支配しているというのは、
生命感の大きな錯誤だと言いたい」

「ニッチ」と「動的平衡」。
「現代化」におけるキーワード。

この国のかたちも、
企業や店の在り方も、
私たち自身の生き方も、
「分際」と「行く川の流れは絶えずして云々」に、
収斂してくる。

さて昨日は、荒井伸也先生とご一緒。
㈱ショッピングセンター丸正総本店社長の飯塚司郎社長、
同専務の飯塚正彦さんと研修会。
飯塚専務はコーネル・ジャパン「伝説の第一期生」。

30年来の付き合いの飯塚司郎さんから、
「ひたむきさ」を学んだ。

そして夕方には、商人舎オフィスを、
隣組の㈱成城石井社長・大久保恒夫さんが訪ねてくれた。
大久保さんも、コーネル・ジャパン第一期生にして、
第二期には、講師陣の一翼を担ってもらった。
dscn1921-3.jpg

9月1日から同社相談役に退く。
後任は、コーネル・ジャパン「奇跡の第二期生」の原昭彦さん。

大久保さんは、その後、
日本商業の地位向上に貢献するために、
新しい自分の役割を求める。

しかし来年度も、
コーネル・ジャパンのファカルティに加わっていただくことを、
お約束願った。

心から感謝。

「経営者の役目の一つは、
確実な後継者育成。
成城石井ではそれができました。
原さんはこれまでも営業の責任を担ってくれて、
私も完全に任せていました。
全く心配はない」

「原さんはまさにミスター成城石井。
大丈夫です」

力強く原さんを後押しした。
成城石井という会社の「流れは絶えず」である。

dscn1922-3.jpg

その後、互いに、自著にサインし合って交換。

「行く川の流れは絶えずして、
しかももとの水にあらず」

この言葉を、強く感じる一日だった。

国も、会社も、店も、人も。

<結城義晴>


3 件のコメント

  • いつもありがとうございます。 大久保社長の退任記事を少し前に知り 気になっていました。 二人のビッグセミナー以来 ファンになって 結城社長とのオーデオセミナーも繰り返し聴いています。 お元気そうなお姿をブログで拝見しうれしくなりました。  今後のお二人のご活躍が私の力にもなりますので ご指導宜しくおねがいします。

  • akira kawaziriさま、ありがとうございます。
    オーディオセミナーも繰り返し聴いていただくなんて、
    凄く嬉しいです。
    大久保さんは、まだまだやる気まんまんです。
    次のステップが本当に楽しみです。
    もちろん私も、元気いっぱい。
    大久保さんに会うと、
    自分も負けられない、と意欲が湧いてきます。
    それが私のパワーになります。
    kawaziriさんも志しを高くして、
    頑張ってください。
    応援します。

  •  ≪…「生命とは分子を入れ替えながら、
    その同一性を保っているものである」…≫を、数の言葉の自然数は、
    『…「自然数とはカオスを入れ替え(ヒエラルキー構造化し)ながら、
    その同一性を保っているものである≫として観る[童話]の世界へ。

    「みどりのトカゲとあかいながしかく」と有田川町電子書籍 「もろはのつるぎ」 の
    併読で[数の言葉の自然数の創生過程]に浸る・・・

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.