結城義晴のBlog[毎日更新宣言]
すべての知識商人にエブリデー・メッセージを発信します。

2020年05月25日(月曜日)

緊急事態宣言後の凡事徹底・有事活躍と「未来はわからない」

Everybody! Good Monday!
[2020vol㉑]

2020年第22週。
とうとう5月最終週。
IMG_68320

新田間川の並木も緑が深まる。
IMG_68340

本当にいい天気。
IMG_68380

今日、月曜日の5月25日、
緊急事態解除宣言。
49日間続いたことになる。
20200601sei_yoto02
国民全体の成果として、
大いに評価しよう。

しかし憲法上の課題もあるけれど、
国家による宣言の発令として、
強制力もなかったし、
現場での実施はほとんど、
各地方自治体に任されてきた。

今日の国会も相変わらず、
前黒川弘務東京高検検事長の問題。
これは今国会で、
検察庁法改正にこだわった、
政府の責任。

そのうえアベノマスクは、
まだ手元に届かない。
一律10万円の特別定額給付金申請書も、
まだ来ない。

最大200万円の中小企業持続化給付金も、
ほんの一握りの会社にしか、
供与されていない。

それでも、
「センゲ~ン!」
という掛け声は効果を発揮した。
世界最高の国民性がそれに応えた。

だから「全面解除」も、
掛け声程度には効果がある。

問題は国が融通できる資金を、
素早く国民や企業の手に届けることだ。

小売業やサービス業に対して、
私はいつも言い続ける。

小さな喜び、
ささやかな幸せ、
明日への希望。
これを提供しよう。

国民にとってアベノマスクは、
ほんの小さな喜びとなるのかもしれない。
一律10万円の給付金は、
ささやかな幸せにつながるかもしれない。

それらはまだ、
全国民にもたらされてはいない。

それ以上に大事なのは、
明日への希望だ。

国民の希望は安倍晋三首相の、
活舌や語り方の印象に影響される。

だから心からの語りでなければいけない。
自分を大きく見せようという虚栄や、
言い訳の羅列ではいけない。
誰かが書いたとはっきりわかる原稿を、
大仰に読むだけではいけない。

基本的な信頼感の問題だ。
残念ながら私にはそれが感じられない。

モリカケ・桜問題や黒川問題で、
言ってることとやってることの差異が、
露わになっている。

ならば小さな喜びやささやかな幸せは、
せめても民間で提供したい。
小売業、サービス業が支えたい。

そして明日への希望は、
私たち一人ひとりが、
自分で見つけ出し、
生き抜いていきたい。

さて、
緊急事態全面解除後。

今週から、あるいは6月から、
少しずつ日常に戻る。

しかし、少しずつ少しずつ。

まだまだCOVID-19の感染リスクが、
消えてなくなるわけではない。

つまりまだ、
「ポスト・コロナ」のときではない。

したがって、
店でも現場でも、
マスク、手洗い、消毒、
フィジカルディスタンシング。

商売の基本は、
クレンリネスの貫徹だ。

凡事徹底・有事活躍。
今はまだ有事である。
どんな業態、どんな企業も、
コロナ対策で有事活躍。
そのために凡事徹底。

月刊商人舎最新の5月号。
特集は、
「コロナは時間を早める」
gekkan5gatu

井坂康志さんの原稿。
ドラッカー学会事務局長。
「今、ドラッカーならどう言うか?」
Drucker57899999

「危機の時代になったからといって、
無思慮で場当たり的な行動は避けるべき」

その通り。

「むしろ大きな声で、
“未来はこうなる。
だから俺についてこい”と、
触れ回っている人たちに、
ついていってはいけません」

「声の大きいだけの人についていくと、
ろくなことがない」

井坂さんは、
ナチズムやスターリニズムの例を挙げる。
index2
そして「20世紀最大の教訓」と忠告する。
現時点で言えば、誰なのだろう。

そして提言する。
「できないことをしようとしないでください」

「反対に今までうまくできたことを、
もっともっとうまくできるようにするには
どうしたらよいかを考えてください」

クレンリネスや、
マスク、手洗い、消毒の徹底は、
できること、やるべきことだ。

上手くできることを、
もっともっと上手く、やる。
そのために自分で考える。

商人舎流通スーパーニュース。
[海外]をクリックすると、
第1四半期決算がずらり。

ウォルマートnews|
総収入8.7%増・純利益3.9%増/EC74%増
ターゲットnews|
総収入11.3%増・営業利益58.7%減/on-line141%増

アマゾンnews|
コロナ禍で売上高26.4%増755億ドル/営業利益9.8%減

アルバートソンnews|
’19年商625億ドル3.2%増/純利益255.8%増と好調
スプラウツnews|
売上高16億ドル16.5%増・純利益62.8%増の絶好調

CVSヘルスnews|
総収入668億ドル8.3%・純利益40.6%の増収増益

ホームデポnews|
コロナ禍で売上高7.1%増・営業利益8.9%減
ロウズnews|
売上高11%増・営業利益40.5%増/on-line8割増
ベストバイnews|
コロナ禍で売上高6.3%減・営業利益31.4%減

COVID-19パンデミックの影響で、
米国チェーンストアは、
ほとんどすべてが増収を果たす。
その半面、大幅増益と減益が半々。

しかし全社に共通する作戦がある。

それは3つ。
⑴コロナ・ヒーローに報いる投資
⑵on-line販売の充実
⑶この機の経費削減

とくに第3の経費削減を、
トランスフォーメーションとして展開し、
それが第1四半期決算に貢献している。

日本以上に米国は、
まだまだ「未来がわからない」。
それでも成果をあげる。

だからこそ解除宣言のあとの日本で、
できないことをしてはならない。

では、みなさん、今週も、
凡事徹底・有事活躍。
Good Monday!
〈結城義晴〉


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「月刊商人舎」購読者専用サイト

ウレコン

今月の標語
商人舎インフォメーション
商人舎スペシャルメンバー
商人舎発起人
海外視察研修会
  • 2020年の開催研修会
  • USA視察研修会 Basicコース2020年11月5日(木)~11日(水)<5泊7日>開催場所:ラスベカス
月刊商人舎magazine Facebook
ミドルマネジメント研修会
  • 2020年の開催予定
  • 商人舎2020年 ミドルマネジメント研修会2020年9月8日(火)~10日(木)<2泊3日>開催場所:湯河原

ミドルマネジメント研修会、Blog記事を読む

東北関東大震災へのメッセージ

商人舎の新刊
流通RE戦略―EC時代の店舗と売場を科学する

鈴木哲男・著

結城義晴の著書の紹介
新着ブログ
ブログ・スペシャルメニュー
毎日更新宣言カレンダー
指定月の記事を読む
毎日更新宣言カテゴリー
毎日更新宣言最新記事
毎日更新宣言最新コメント
知識商人達の公式ブログ

掲載の記事・写真・動画等の無断転載を禁じます。商人舎サイトについて
Copyright © 2008- Shoninsha Co., Ltd. All rights reserved.